マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

日記・コラム・つぶやき

2017年4月21日 (金)

ずっとそこにあった危機。・・・Twitterもどき(4月21日8時15分)

 名古屋は、きょうは曇りである。昨日は本当に暑かった。

 まだ身体がついていかず、風邪を引いてしまい、今週は体調が悪い。寝込むほどではないが。

 そして、やはり北朝鮮情勢は気になる。

 いくらワイドショーやネットを見ても、庶民に対して重要な情報は開示されないことは十分分かっているのだが、ついつい見てしまう。

 しかし、今まで知らなかった北朝鮮という国が少しは理解できるようになってきた。

 どうして、あんなふうになってしまったのか。どうして、ああも核やミサイルに頼るのか。そして、その資金源はどこから来ているのか、などなど。

               typhoon

 かつて、伊藤博文が岩倉使節団でドイツに行ったとき、ビスマルクと会い、「国家間の関係は万国公法どおりにはいかない。大国は自国に有利な場合には公法を盾に取るが、不利な場合は公法を踏みにじる。」などと言われてショックを受け、帰国後、大日本帝国憲法の制定の際にもそのことを考慮し、富国強兵に励み、やがて日本は日露、日清戦争へと突入していったという歴史を知ると、安部首相も伊藤博文と同様の途をたどりそうで恐ろしい。

 北朝鮮も、韓国も、日本も、大国にはさまれた小国にすぎない。

 いわば大国の利害に翻弄され、同じ苦難の途をたどっている小国同士。北朝鮮と韓国の苦難は、日本の苦難とは比べようもないほど大きいが。

 韓国国民も日本国民も、いわば北朝鮮の人質にとられているようなもの。

 そして、アメリカは、自国民が人質にとられていても容赦なくテロリストを撃ち殺すような国なのだ。

 しかし、北朝鮮も、やみくもに日本を攻撃したいわけではないだろう。

 5月上旬ころまでは、予断を許さない状況が続くのだろうが、もともとずっと存在していた危機が顕在化したにすぎない。そして、仮に今回は運よく武力衝突が避けられたとしても、この危機はずっと続くのである。

 日本は、かつて盧溝橋事件も経験している。戦争は、ささいな、当初は誰も戦争にまで発展するとは思っていなかった事件でも起こるのだ。

 安倍首相をはじめとする日本の政治家の方々は、歴史に学び、その言動に十分気を付けていただきたいと思う。

2017年4月15日 (土)

砲艦外交とミサイル外交と。

 来年は明治維新から150年だそうだ。

 明治維新の引き金ともなったのが、ペリーの黒船来航。

 最近、幕末史を勉強していて、トランプ大統領は、なんとなくペリーを彷彿とさせる、と思っていたのだが、やっぱり似ている。

 北朝鮮へ警戒強める=金主席生誕日前に-政府 (時事通信)

北朝鮮の故金日成主席生誕日を15日に控え、日本政府は北朝鮮の挑発行動に警戒を強めている。米国と北朝鮮の緊張関係が高まる中、新たな核実験や弾道ミサイル発射に踏み出せば、不測の事態に発展しかねない危険がはらむ。

 ペリーは空砲を撃つだけにとどまり、幕府はなんとか外交で乗り切ったわけだが、不平等条約を締結したというそしりを受けることになった。

 一方、薩摩や長州は、攘夷の名のもとに実際に大砲を撃って英国らと戦争をした。

 あれから150年が経過して、今は、北朝鮮がミサイルを撃ち核実験を行い、それを阻止すべくアメリカが原子力空母を近海に集結させるという。

 黒船の時代から技術は飛躍的に進歩したが、それを扱う人間の本性は150年が経過してもさして変わっていないような。

 双方の牽制だけですめばいいのだが。

 ・・・・・ただただ、4月が無事に過ぎることを願う。

2017年4月11日 (火)

春の日は過ぎゆく。・・・浅田真央選手引退。

 浅田真央選手が引退するそうだ。

浅田真央の電撃引退は何が引き金か (THE PAGE)

海外メディアも浅田真央の電撃引退を続々報道「革新者としてリンクを去る」 (THE PAGE)

 ついに、この日が来てしまった。

 昨年末の全日本選手権の後、浅田選手はどうするつもりなのだろうかと思っていたが、やはり引退となってしまったか。

 まだ26歳。先日の世界選手権でのカロリーナ・コストナー選手(30歳)やアシュリー・ワグナー選手(25歳)の活躍を見て、浅田選手も怪我さえ治ればまだまだ世界の一線で活躍できるのではないかと密かに期待していたのであるが・・・。 

 寂しさは残るが、ご本人が決断されたこと。浅田選手のこれからの人生に幸あれと願う。  

                 clover

 眼を閉じれば、浅田選手の少女の頃の姿が瞼に浮かぶ。本当に無邪気でジャンプが楽しくて仕方がないという感じだった。

 (先日の世界選手権で、ボーヤン・ジン選手の高い4Lzや楽しげな演技、屈託ない笑顔を見ていて、3Aを跳べるのが嬉しくてたまらないという感じの浅田選手の昔の姿を思い出してしまった。)

 それから、あっという間に10年もの月日が経過し、その間に浅田選手の両肩には数々の重圧がのしかかり、いつの間にか無邪気な笑顔の見られることが減っていった。

 浅田選手は、フィギュアスケーターとして才能においても人気においても大変恵まれた人であったと思うけれど、若くして数々の苦難や不幸にも見舞われた。

 これからは、プロスケーターとして、その経験を生かした素晴らしい演技をされるのだろうと思う。

 ・・・いつの時代であっても、誰にとっても、春の日は過ぎゆく。                                                               

桜に無情の雨・・・名古屋城の桜。

 名古屋の桜は満開だというのに、ここのところ雨続き。

 私は、雨が降り出す前の先週の木曜日のお昼休みに、名古屋城のお堀端の桜を見に行ってきた。

Img_1752

 悠然と泳ぐ白鳥。

Img_1813

 こちらは、ちょっと珍しいオオバン。

Img_1776

 このオオバン、最初は遠くを泳いでいたのだが、(ひょっとして見物客から餌をもらっているのか)近くに寄ってきた。

 大きな鳥がいるなと、カメラの望遠レンズを向けたら、アオサギだった。
Img_1788

 手前にこんなにカメがいるとは・・・。写真を見て初めて気付いた。

 お堀には、こんな外来種のカメ(たぶんミドリガメ)がたくさん住み着いているらしい。

・・・・・ソメイヨシノはこの雨で多くが散ってしまいそうだが、まだしだれ桜はこれから。今週はしだれ桜を見に行くつもりだ。

 最後に自宅のベランダの桜草。

Img_1824

 今年は、右側の赤だけでなくピンクも植えたのだが、2株だけでこの有様。ちょっとどぎついので、来年は赤だけに戻そうと思う。 

2017年3月12日 (日)

サクラソウ。・・・Twitterもどき(3月12日22時40分)

 桜の花はまだまだ先だけど、ベランダのサクラソウはもう満開。

Img_1746

 昨年秋に小さな苗を植えたのが、ついこの間のような気がするが・・・。

 ・・・ここのところ、仕事やら確定申告やらで、少々疲れ気味だった。週末は久しぶりにしっかり休んでしまった。

 月曜日から頑張ろう。

 

2017年3月 2日 (木)

3月、そして明日は臨時総会なのね。・・・Twitterもどき(3月2日午後6時30分)

 1月も2月も、ほぼブログを休んでしまいました。

 いろいろな種類の書面を作成したり、修正しなければならなかったり、膨大なカルテの診療経過表を作成しなければならなかったり、研修を受けたり、逆に研修用のレジュメを作成しなければならなかったりで、ブログに文字を打ち込むという作業をしたくなくなってしまったためです。

 (これって例の「やりがい搾取」だよな、と思うような仕事もありました。)

 ・・・そして、気がつけば3月。

 確定申告もまだ!

 でも、1月、2月には、結構趣味にも熱中していました。

 一つは、エコ手芸。ユーチューブでたまたま手芸の動画を見ていて作りたくなってしまったもの。         

 ・古いプラスチック製のファイルの表紙を利用した小物入れ

Img_1653

布はダイソー製のポリエステル。濡れや汚れにも強い。                       

Img_1661

 パカパカ開くので、なかなか便利です。薬やイヤホン入れに使用中。

・ ペットボトルを利用した小物入れ

Img_1728

 下はペットボトル、上のフタはスーパーでお肉などが入れられているトレイを利用。

Img_1730

 布や飾り、造花も、殆ど100均のものです。中は、こんな具合。

 こちらも、パカパカとフタが開くので、なかなか便利です。

Img_1732

 合成皮革でも作ってみました。

Img_1733

 こんな物でも作っていると、雑念が湧かず、集中できるので、よい気分転換になります。もっと上手に作れるようになったら、プレゼントに使いたいと思っています。

 もう一つ熱中していたのは、幕末史のお勉強。

 1月に「桜田門外の変」という映画を見てから、今さらながら幕末史に興味が出てきました。

 といっても、薩長側からの視点ではなく、実際に条約交渉にあたった幕府の官吏の視点や欧米諸国が当時の日本をどのように見ていたのか、などという点が関心事です。

 トランプさんが、なぜかペリーに重なる(さすがに砲艦外交もどきはしないでしょうが・・・)。

 幕末の先人達が一つ間違えば、日本は中国のように欧米列強の植民地になっていたかもしれないし、日本のどこかの島が欧米列強に奪われていたかもしれないと思うと、いろいろ失策はあったにせよ、先人達の叡智や努力に脱帽です。

 今度、余裕のあるときにブログ記事にしたいと思っています。

 そういえば、3月3日は、桜田門外の変の日ですね。今年は日弁連の臨時総会の日ですが・・・。私は(委任状は提出しましたが)欠席します。

 幕末の歴史を勉強してみると、思想、信念の対立というのはどんな組織にもあり、その対立を避けるのは困難であること、そしてその対立を自らの目的のために利用しようとする外部勢力があり得ること、を考えさせられます。

 今までの日弁連の主流派の方々には、幕末の先人達のような叡智が欠けていたのではないでしょうか。

 最後に、もう一つ、熱中というか、はまっていたのは、「ネコ」です。

 今、日本は、猫ブームだそうですが、こちらについてはまた別の機会に記事を書きたいと思っています。

 ネコとネコの周辺の人々には、なかなか奥深いものがあります。

2017年1月31日 (火)

アメリカって移民の国なのにね・・・。

 トランプ大統領、就任早々、大変なことになっている。

米大統領令に提訴相次ぐ 司法庁の長官代行解任も (NHKニュース)

米入国禁止、内外で抗議拡大=トランプ氏異例の釈明―「テロとの戦いに悪影響」も (時事通信)

 いくらなんでも、これはやりすぎだろう。

 各方面から激しい反発をくらうことは予想しなかったのだろうか。

「米国は誇りある移民の国だ。抑圧から逃れて来る人々に慈悲を示し続ける」。トランプ大統領は29日に発表した声明で、テロリストの入国阻止が最優先だと持論を繰り返しながらも、「移民の国」の精神を忘れたわけではないと釈明した。

 大体、トランプ氏の先祖だって、移民じゃないの。

 ドナルド・トランプのウィキペディア

 「テロリストの入国阻止」が目的って、何か差し迫ったテロの危険の情報でもあるのだろうか?

               thunder

 私は先日、映画「アバター」をテレビで見て、昔見て衝撃だった映画「ソルジャー・ブルー」を思い出してしまった。アバターのあの目と目の離れた宇宙人はどう見てもインディアンがモデルでしょう。

 アメリカの先住民族はインディアンなのに、アメリカに移住してきた人たちがインディアンにしてきたことは忘れてしまったのか?!

 「米国は誇りある移民の国だ。抑圧から逃れて来る人々に慈悲を示し続ける」って本気で思っているのなら、こんなとんでもない大統領令は出せないと思う。

2017年1月 2日 (月)

初詣で。

 きょうは、本当によい天気だったので、お昼前に毎年恒例の地元の津島神社に初詣でに行ってきた。 

 毎年、一つだけお守りを購入するのだが、今年はこちらを購入。

Img_1620

 尾張津島天王祭が「ユネスコ無形文化遺産登録」されたことにちなんだ巻藁舟をかたどった小さなお守り。

 車のフロントガラスに付けておこう。

 神社に行く道すがら、こんな花が咲いているのを見つけた。

Img_1612

 住宅の脇、道路端に植えられたヒイラギ南天。かなりの古木のようだが、今どきに、こんな立派な花が咲くとは驚きである。

 黄金色の花が縁起よさそうだ。

 初詣での後に、天王川公園を散歩した。

 津島天王祭の朝祭りの場となるお堀。

Img_1617_3

 この堤防を歩いていたら、カワセミが堀の上を飛んでいった。鮮やかなコバルドブルーの背中がはっきり見えたので、カワセミに間違いない。堀の水は淀んでいてきれいとは言えないが、こんなところにもカワセミがいるのに驚き(もっとも、私は堀川でカワセミを見たこともあるが・・・)。

Img_1615_2

 今は枯草ばかりだけれど、春になると美しいところ。暖かくなったらまた散歩に来よう。

               sun

 黄金色の花も見れたし、カワセミも見れたので、今年はいいことがある・・・と願う。

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年。

 平成29年、2017年の年が明けました。

 昨年は、特に良いことがあった年ではなかったけれども、ともかく無事年を越せたことに感謝しています。

                 sun

 庭の千両。

Img_1610

 3,4年前にお千代保稲荷にお詣りに行ったとき、植木屋さんで小さな苗を購入したものが、今年はこんなに立派な実をつけました。

  植木屋のお兄さんが「来年はまだ実をつけませんよ。実がなるには2,3年は必要ですよ。」と正直に説明してくれたのが印象に残っています。

 なにごとも実を結ぶには時間が必要ですね。

             sun

 私は、今年から始まる仕事がいくつかあります。実を結ぶには時間が必要でしょう。

 健康に気をつけ、時間を無駄にせず、頑張りたいと思っています。

 ・・・今年は、いよいよトランプ大統領が就任し、どのような世界情勢となるのか予測もつきません。

 法曹界では、司法改革の失敗が次々と明るみに出てきて動きがありそうです。

 私個人の今年の抱負は、自分にとって必要ではなくなった物、システム等を「断捨離」し、すっきりシンプルな生活を送りたいと思っています。

 今年もよろしくお願い致します。

2016年12月21日 (水)

NHKどうしちゃったの?・・・まさかの真田丸に笑える。

 私はあまり三谷幸喜さん脚本の時代劇が好きではなかったので、「真田丸」は見たり見なかったりだったのだが、最終回は見ていた。

 その「真田丸」の感想を半分くらい書いたところで、法曹界の大ニュースが入ったので、記事の作成を中断していた。

 そんなとき、TBSの「逃げるは恥だが役に立つ」の最終回を見ていたら、突然の「六文銭」の画面に聞き覚えのあるテーマ曲が!?(「真田丸」はドラマよりもこのテーマ曲の方が印象的だったな)

 ・・・おかしすぎるhappy01

 そして、NHK太っ腹! 紅白にも星野源さんがこのドラマのテーマ曲を歌うそうだし。

 みくりとヒラマサの陣取り(というより陣渡しか)合戦の内容にも笑える。確かに、共稼ぎだとこうなるだろうな。

 ・・・私は、最近になって、「秀忠」が「ヒラマサさん」だと気づいたのだが、星野源さん、真田丸ではクライマックスに登場して幸村ファンを敵にまわすとんだ憎まれ役だったけど、逃げ恥では女性に好感度抜群の役回りだったのでは。

 予想どおりの結末だったけど、うまい脚本と配役で、楽しませてもらえたドラマでした。 

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報