マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月23日 (木)

弁護士会の総会の委任状問題(その2)。

 今回の件は、意図的に行われたとは思わないが、会員の意見が分かれることが予想される重要議題について、執行部側の派閥などが白紙委任状を集めまくる、たくさん委任状を集めた側が勝つ、という旧態依然のやり方がこのような問題を起こしたのだと思う。 

懲戒請求に発展した委任状変造問題河野真樹の弁護士観察日記

さらに、八坂弁護士は、これが「ミス」としたとしても、なぜ、こんなことが弁護士会で発生したか、という前記疑問に関わる重大な指摘をしています。それは、すばり「従前から、東京弁護士会においては、日弁連総会などにおける弁護士会長印による受任者の書き換えが行われることが常態となっていた」というものです。その問題の運用を大略次のようなものであるとしています。

 ① 執行部が執行部提案に対する白紙委任状をかき集めるとともに、総会当日に出席する執行部派の会員に、一人50通までというルールの範囲内で適当に委任状の受任者を割り振るという運用を行ってきた。
 ② 委任状の中には、執行部提案に賛成であっても受任者名が明記されているがその受任者が総会に本人出席しない場合、いったん受任者を割り振ったもののその受任者が都合により総会に本人出席できなくなった場合、何らかの事情で受任者が明記された委任状が50通を超えてしまった場合等がある。
 ③ それらの場合に、執行部提案に賛成する委任状を死票としないために、会長印によって、受任者名を総会当日本人出席する執行部提案に賛成する会員名に書き換えていた。

 なるほどね。ただ、「死票」にしないのは、執行部案に賛成の白紙委任状だけなの?

 執行部案に反対の白紙委任状の扱いはどうなっているのかな?

 ・・・とにかく、いろいろな疑義が生じるこういう白紙委任状集めはもうやめてほしい。

 呼びかけ人やら賛同者をずらりと並べた書面を送付して委任状を集める、派閥や仕事上の人間関係などを利用して委任状を集める、という古臭いやり方に、私はもうウンザリだ。

 もう、いいかげん、委任状集めはやめませんか?!

 はやく、書面投票やネット投票を採用して頂きたい。

2017年3月12日 (日)

弁護士会の総会の委任状問題。

 遅ればせながら、今回の臨時総会で露呈した執行部側の委任状の配分方法。

 やっぱりローテクだったということが分かった。

 日弁連の臨時総会で複数の弁護士の委任状が変造されるSchulze BLOG

 私も単位会だけど総会の委任状の配分をしたことがある(執行部提案の議題に反対するときは、反対者側が委任状を配分しなければならない)。

 これが実に面倒くさい作業なのだ!

 (執行部側は弁護士会の事務員を使えばいいが、反対者側は自ら配分しなければならない。)

 複数の議題があるときは、各議題ごとに賛否を特定して受任者欄を白紙のまま配分を委任することも可能だが(ただし、単位会の総会ではそのようなシステムを採用していないところもある)、その場合どのように配分しているのか、かねてより疑問であった。

 議題の賛否の組み合わせは、いく通りもあるだろう。受任者への割り当ては大変なはずだ。しかも、委任状の提出期限は、結構総会の直前なので、割り当て作業は急いでやらねばならない。

 こんな面倒な作業をやっていては、故意ではなくても、ミスは出ると思う。

 早く書面投票やネット投票を採用してもらいたい。

 議論の後に賛否を決めるべきというなら、議論のためだけに集会を開いてネットで公開してもらってもいい。

 会員は皆IDやパスワードをもらって、弁護士会の会員専用HPを見ることができるのだから可能だろう。

 しかし、そもそも総会の前の委任状の枚数で、どうせ結果が出ているのだから、総会の議論の後でないと結果が出せないというわけではないだろう。

 ついでに、重要問題については、会員懇談会などではなく、ネット上でパブリックコメントを求めてほしいわ。

 今は国も自治体もやっていること。

 ・・・弁護士会の会内民主主義って何なんだろうと、弁護士になってからズーッと思っている。

 

サクラソウ。・・・Twitterもどき(3月12日22時40分)

 桜の花はまだまだ先だけど、ベランダのサクラソウはもう満開。

Img_1746

 昨年秋に小さな苗を植えたのが、ついこの間のような気がするが・・・。

 ・・・ここのところ、仕事やら確定申告やらで、少々疲れ気味だった。週末は久しぶりにしっかり休んでしまった。

 月曜日から頑張ろう。

 

2017年3月 3日 (金)

委任状って、こんなに軽いものだったのか・・・。

 私は、時間的にも経済的にも、日弁連の総会に出席するためだけに東京まで行く余裕がないので、いつも委任状を提出している。

 しかし、こんなやり方で受任者を訂正していたとは・・・。

 驚きである。

日弁連臨時総会 前代未聞の委任状が変造される大騒動 #日弁連臨時総会(NAVER まとめ)

 ミスなのかどうかは分からないが、受任者の名前を会長印で訂正しようとすること自体、信じられない。

 3通だけだったというが、3通以外にはないということはどうやって確かめたのだろう。

 ・・・弁護士会の信用にかかわる重大問題だろう。

 総会手続の瑕疵と総会の取消の論点が思い浮かぶが、さすがに日弁連の総会では過去にそんな判例はないだろうなあ。

 ・・・見舞金の方の決議の結果よりも、委任状のことの方がビックリだったわ。

日弁連臨時総会、大騒動らしい。

 臨時総会どうなっているのかな、と思って、検索してみたら、こんなことになっているらしい。

【委任状】20170303 #日弁連臨時総会 激ファイト!見舞金制度!!【変造?!】

 出席されている皆様、本当にお疲れ様です。

 臨時総会、一体何時まで続くのでしょうか?

 

2017年3月 2日 (木)

3月、そして明日は臨時総会なのね。・・・Twitterもどき(3月2日午後6時30分)

 1月も2月も、ほぼブログを休んでしまいました。

 いろいろな種類の書面を作成したり、修正しなければならなかったり、膨大なカルテの診療経過表を作成しなければならなかったり、研修を受けたり、逆に研修用のレジュメを作成しなければならなかったりで、ブログに文字を打ち込むという作業をしたくなくなってしまったためです。

 (これって例の「やりがい搾取」だよな、と思うような仕事もありました。)

 ・・・そして、気がつけば3月。

 確定申告もまだ!

 でも、1月、2月には、結構趣味にも熱中していました。

 一つは、エコ手芸。ユーチューブでたまたま手芸の動画を見ていて作りたくなってしまったもの。         

 ・古いプラスチック製のファイルの表紙を利用した小物入れ

Img_1653

布はダイソー製のポリエステル。濡れや汚れにも強い。                       

Img_1661

 パカパカ開くので、なかなか便利です。薬やイヤホン入れに使用中。

・ ペットボトルを利用した小物入れ

Img_1728

 下はペットボトル、上のフタはスーパーでお肉などが入れられているトレイを利用。

Img_1730

 布や飾り、造花も、殆ど100均のものです。中は、こんな具合。

 こちらも、パカパカとフタが開くので、なかなか便利です。

Img_1732

 合成皮革でも作ってみました。

Img_1733

 こんな物でも作っていると、雑念が湧かず、集中できるので、よい気分転換になります。もっと上手に作れるようになったら、プレゼントに使いたいと思っています。

 もう一つ熱中していたのは、幕末史のお勉強。

 1月に「桜田門外の変」という映画を見てから、今さらながら幕末史に興味が出てきました。

 といっても、薩長側からの視点ではなく、実際に条約交渉にあたった幕府の官吏の視点や欧米諸国が当時の日本をどのように見ていたのか、などという点が関心事です。

 トランプさんが、なぜかペリーに重なる(さすがに砲艦外交もどきはしないでしょうが・・・)。

 幕末の先人達が一つ間違えば、日本は中国のように欧米列強の植民地になっていたかもしれないし、日本のどこかの島が欧米列強に奪われていたかもしれないと思うと、いろいろ失策はあったにせよ、先人達の叡智や努力に脱帽です。

 今度、余裕のあるときにブログ記事にしたいと思っています。

 そういえば、3月3日は、桜田門外の変の日ですね。今年は日弁連の臨時総会の日ですが・・・。私は(委任状は提出しましたが)欠席します。

 幕末の歴史を勉強してみると、思想、信念の対立というのはどんな組織にもあり、その対立を避けるのは困難であること、そしてその対立を自らの目的のために利用しようとする外部勢力があり得ること、を考えさせられます。

 今までの日弁連の主流派の方々には、幕末の先人達のような叡智が欠けていたのではないでしょうか。

 最後に、もう一つ、熱中というか、はまっていたのは、「ネコ」です。

 今、日本は、猫ブームだそうですが、こちらについてはまた別の機会に記事を書きたいと思っています。

 ネコとネコの周辺の人々には、なかなか奥深いものがあります。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報