マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« ある日の私と先輩弁護士の会話。 | トップページ | アメリカって移民の国なのにね・・・。 »

2017年1月 6日 (金)

法曹志望者の激減・・・やっぱりそうなったのね。

 私の随分過去の記事へのアクセスが多いと思ったら・・・。

 こちらのせいだったのね。

弁護士の就職難をものすごくうれしそうに語るロー教授Schulze BLOG

「最後の貸与制世代の誇り」Schulze BLOG

 それにしても、「貸与制世代の誇り」ってすごい言葉。確かに「知ったことか」と肩を並べるな。

 法科大学院の先生方(一部と思いたいですが)は、自分たちの教え子が貸与制で経済的に困窮することになっても、そんなに法科大学院に対する補助金を確保したいのでしょうか?!

 現在の法曹志望者の激減は、法科大学院制度、司法修習の貸与制、そして司法試験合格者数の激増による弁護士の経済的・社会的地位の低下によってもたらされたものだろうが、私の過去記事のとおり法科大学院側の弁護士に対する(事実上の)ネガティヴキャンペーンの影響力も結構大きいと思う。

 

« ある日の私と先輩弁護士の会話。 | トップページ | アメリカって移民の国なのにね・・・。 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/64729751

この記事へのトラックバック一覧です: 法曹志望者の激減・・・やっぱりそうなったのね。:

« ある日の私と先輩弁護士の会話。 | トップページ | アメリカって移民の国なのにね・・・。 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報