マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« おかしいだろ、これ! | トップページ | サツマイモの収穫。 »

2015年9月23日 (水)

魚の権力闘争(その2)

い 水槽内には3匹のラミレジィ(オス2匹、メス1匹)とレッドファントムテトラ(ブリードもの)、それにカージナルテトラがいるのだが、しばらく、このラミレジィオスNO1の天下となっていた。

P1040479

 NO1は傲慢この上なく、NO2のオスとメスを追いかけ回し、つつき殺しかねない状態で、一時は隔離しなくてはならないかと思ったくらい。NO2のオスとメスはヒレをたたみ、体色も黒ずんでしまい、NO1と同じ種類の魚とは思えないほど気の毒な姿になってしまった。

 NO1は、普段は他の種類の魚は攻撃しないのだが、ある夜、水槽の隅(どうやら巣をつくりたいと思っているらしい場所)で、小さなカージナルテトラを執拗に追いまわしているのを目撃した。その様子には「ご乱心」という言葉がピッタリ。

 そのときのNO1の顔は真っ青(もともと青いがさらに濃いブルーに)で、眼は血走り(もともと赤いがさらに赤く)、人相(でなく魚相か)が非常に悪くなっており、頭をたたいてやりたい位だった。 

 翌朝、水槽の電気をつけたら、カージナルテトラがごそっと減っている。3匹の死体が見つかり、いずれもつつかれた痕跡が。しかも、眼球がなくなっているのもいた。

 ・・・犯人(犯魚)は明らかだった。

 被害を受けるのは、いつも弱い小さな魚たちだ。

 これ以上の被害が出るなら、もう隔離しかないな、と思っていたら、しばらくはNO1は他の種類の魚をつつかなくなり、メスもあまり執拗につつかなくなった。

 メスの方も、追いかけられながらも、自分からNO1のオスに近寄っていくので、アレレと思っていたら、翌朝水槽の電気をつけると、すっかり仲良しに。

P1040502

 どうやらメスが成熟してきたので、NO1のオスもメスを気に入ってペアになったようだ(左がオス、右がメス)。

 産卵用に平らな石を置いてやったのだが、さてどうなることか・・・。

            fish

 かわいそうなのはNO2のオスで、このペアの2匹に猛烈に攻撃されている。特にメスの方が強くなり、NO2と激しい闘争を繰り返している。

 しかし、なぜかNO2のオスも元気を取り戻したようで、NO1のオスともメスとも、ゴツンと音がしそうな勢いでぶつかり合っている。

 本当はNO2を別の水槽に移した方がいいのだろうが、なかなか出来ずにいる。

 3匹ともしっかりエサは食べているので、しばらく様子を見てみよう。

            fish

 シクリッド種の魚はやっぱり混泳には向かないようだ。

 でも、NO1のオスのような人間はいそうだし、こんな三角関係ありそうだな。

 

« おかしいだろ、これ! | トップページ | サツマイモの収穫。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/62340480

この記事へのトラックバック一覧です: 魚の権力闘争(その2):

« おかしいだろ、これ! | トップページ | サツマイモの収穫。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報