マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

マイナスのエネルギー・・・Twitterもどき(7月31日午前3時)

 毎日、安保法制についての記事を書こうと思ったのだけれど・・・。

 暑い上に(私は暑さにめっぽう弱い)、落ち込んでいる方々を元気づけようといろいろ言ってみるのだけれど効果がなく、その後に自分自身がどっと疲れてしまい、落ち込むことの繰り返し。

 もう、何も言わないでおこうか、と思ってしまう。その方が自分は楽なのだし。

 マイナスのエネルギー、おそるべし。

             sun

 戸外も暑いけれど、国会審議も暑い。    

 しかし、国会審議の録画を見ていると、暗鬱な気持ちになる。

 安倍首相らのグタグタ答弁には、もううんざり。質問に対して、まともに回答せず、のらりくらりと別の話にもっていく。質問者が、イエスかノーか、手短に答えてほしい、と何度も言っているのに。

 まともに回答するつもりがないのか、それとも回答できないのか。

【安保法制公聴会】
木村草太・首都大学東京准教授「憲法無視の政策論は国民無視の政策論」
(産経ニュース)

そうすると、昭和47年見解と矛盾しない形で存立危機事態を認定できるのは、日本自身も武力攻撃を受けている場合に限られるでしょう。しかし、現在の政府答弁はわが国の存立という概念について、ほとんど明確な定義を与えていません。また、存立危機事態は日本への武力攻撃がない事態では認定ができないという従来の説明を避け、石油の値段が上がったり、日米同盟が揺らいだりする場合には、日本が武力攻撃を受けていなくても存立危機事態を認定できるかのように答弁することもあります。

 わが国の存立という言葉を従来の政府見解から離れて解釈するのであれば、存立危機事態条項は日本への武力攻撃への着手のない段階での武力行使を根拠付けるもので、明確に憲法違反です。

 以上の見解は著名な憲法学者はもちろん、歴代内閣法制局長官ら憲法解釈の専門的知識を持った法律家の大半が一致する見解であり、裁判所が同様の見解を取る可能性も高いといえます。

また、そもそも現在の政府答弁では、わが国の存立という言葉があまりにも曖昧模糊(もこ)としております。解釈指針を伴わない法文は、いかなる場合に武力行使を行えるかの基準を曖昧にするもので、憲法9条違反である以前にそもそも曖昧、不明確ゆえに違憲と評価すべきでしょう。さらに内容が不明確だということは、そもそも今回の法案で可能な武力行使の範囲に過不足がないかを政策的に判定することができないということを意味します。

 この木村准教授の意見表明の内容につきる。

 憲法9条の解釈にいくら幅があるからといって、今回の安保法制を合憲とするのはいくらなんでも無理。

 憲法9条をゴムに例えると、50センチの長さしか伸びないゴムを、無理やり1メートルも伸ばそうというのが政府。

 ところが、存立危機事態条項は、1メートルでも2メートルでも伸びてしまうゴム。

 自民党議員も、公明党議員も、政治家としての良心があるなら、こんな不毛な議論に早く決着をつけて、安保法制を早く廃案にしてもらいたい。

2015年7月28日 (火)

7月28日参議院の平和安全法制に関する特別委員会

 全く答弁になっていない。

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

 もし、裁判の尋問で、証人がこんな証言を繰り返していたら、間違いなく裁判官が注意します。それどころか、裁判長が怒り出します!

 ただ、民主党の福山哲郎議員(3:15頃から)も、安保法制の集団的自衛権の行使について「これは戦争じゃないですか?」と質問するなら、その前に「戦争とは何か」の定義をしておかないと、と思いました。

 例のフジテレビでの安倍首相の火事の例え話についても、小川敏夫議員(4:33頃から)から厳しい追及がなされています。 まあ、これは首相も十分予想していたことでしょうが。

 それにしても、この質疑応答を見ていると、安倍首相にまともな回答を期待しても無駄、この人とは論理的な会話は無理、と感じました。

 こういう人が一国の総理だなんて、全くたまらんわ。

 日本人として、情けない限りweep

平和安全特別委員会公聴会 (7月13日)

 これから毎日、安保法制関係の記事を書くことにした。少しずつしか書けませんが。

 これはエライことになった、というのは、法学を学んだ者、過去の戦争に至るまでの歴史を少しでも知る者であれば、当然感じることである。

 仕事の合間に、衆議院の国会中継を見ている。インターネットで見れるようになっているのは嬉しい。

 昨日は、こちらの一部を見た。

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=45124&media_type=wb

 私は、テレビをあまり見ないので、木村草太さんという憲法学者を初めて知りました。

 論旨明快、大変頭のよい方だということがよく分かった。早口だし、憲法を学んだことのない人にはなかなか分かりにくい内容だと思うが、これは公聴会に出席した人たちにその場で分かってもらうという目的での意見表明ではないでしょう。

 来たるべく憲法訴訟に備えた憲法学者の意見表明だと聞けば納得である。

 憲法学者としての矜持を感じました。

 その後の与党側推薦の村田晃継教授(同志社大学法学部教授)の意見表明と、ぜひ併せて聞いて頂きたい。

 私には、村田教授の意見表明が、論理的なものとは到底思えなかった(感情に訴えようとしていたことはよく分かったけど)。 

 憲法も法律も、国際的政治状況に合わせて政権によって自由に解釈・変容させてしまっていいんですか?日本って、立憲民主主義国家じゃなかったんですか?法的安定性は無視ですか?

 このお二人の様子は互いの意見表明の間、ビデオにしっかり映っているのだが、その様子も必見である。

 なお、村田教授は、同志社大学の学長だということだが、この意見表明の後、同志社大学の教授らが批判声明を出している。

安保関連法案:公聴会で肯定発言の同志社大学長に批判声明 (毎日新聞)

 私も、この村田教授は、その発言内容といい、その態度といい、本当に学者なのかと思った。

 同志社大学の教授らの批判には納得である。

2015年7月26日 (日)

危険極まりない安保法案

 PKO法の改正も危ないなあ・・・。集団的自衛権も危ないが、こっちの方がもっと危ない気がする。

武器使用基準緩和へ=PKO5原則見直し-政府、自衛隊派遣で骨格(時事ドットコム)

自己防護に限定した武器使用基準を定めた国連平和維持活動(PKO)の参加5原則を見直し、離れた場所にいるNGO関係者らを警護する「駆け付け警護」や治安維持活動の新たな任務に対応できるよう緩和する。

 この朝日の記事のドイツ兵の悲劇は他人事ではない。

独軍と同じ道、野党懸念 憲法解釈変えアフガン派兵、55人犠牲 PKO法改正案 (朝日新聞)

ドイツは治安が比較的安定しているとされたアフガン北部を担当したが、次第に現地の情勢は悪化。戦闘に巻き込まれる事例も生じ、ドイツ軍によると02年からISAFの任務が終了する昨年までに、帰還後の心的外傷後ストレス障害による自殺者などを含めて兵士55人が死亡し、このうち6割強の35人は自爆テロや銃撃など戦闘による犠牲者だったという。

 この点については国会で志位委員長が鋭い質問をしている。

 https://www.youtube.com/watch?v=x8wM9L2lUp0

 安倍首相の答弁は実に歯切れが悪い。

 PKO法の5原則を充たしているかどうかの判断は難しい上に、ドイツの場合と同様、自衛隊が行ってみたら現地の状況は違っていた、ということもあるだろう。

 しかも、安倍首相はISISの邦人人質事件の際に、自衛隊を派遣できるようにしたい、とまで発言した人である。

 安保法制に賛成している方々は、こういう危険を自らが背負う(ご自身の大事な人たちがこういう目にあう)ことも覚悟の上なのだろうか。

 死者が出た場合の責任は、誰が取るのか?!

           libra

 安保法制の集団的自衛権が違憲か否かについては、憲法審査会の参考人として呼ばれた憲法学者3人がいずれも違憲であると意見を述べている。

 自民党推薦の参考人として呼ばれた憲法学者長谷川恭男教授でさえも違憲と意見を述べたのには驚き。

 以下、産経新聞。

違憲指摘の早大長谷部教授が会見「憲法学者95%は同意見」 安保法案の撤回求める

自民・船田氏、憲法審参考人は「人選ミス」

公明・井上幹事長が“人選ミス”に苦言 憲法審査会での全参考人が「違憲」

 公明党からは、公明党は推薦していない、と見限られているし。

 このときの憲法学者の発言は後々にもしっかり記録に残るから、安保法制が成立した場合、続々と起こされるであろう憲法訴訟では重要な証拠となる。

 しかも、名だたる憲法学者が「違憲、違憲」とこれだけ騒いでいるのだから(そうそう、佐藤幸冶教授もさすがに今回は与党案に反対の立場のようです)、憲法訴訟で憲法学者から違憲とする意見書を集めるのに困ることはないだろう。

 国民もアンケート結果で反対者の方がはるかに多く、老若男女が反対のデモに参加している。

 それでも安倍政権が強行に及ぼうとするのはなぜなのだろう。そこまで日本に危険が迫っているという説明もないし。

 結局は、アメリカの議会であんな大見得を切った以上、ここで成立させておかないとアメリカの機嫌を損ねるとの不安からではないのか。

・・・アメリカとの関係は重要だから、安倍首相には「あの議会での発言は国民の意向に反していた、憲法にも反するので安保法制の成立は無理、私の勇み足でした。」と正直に謝ってもらいたい。そして、潔く責任を取って辞職してほしい。

 それが、日本国と日本国民のためである。

独裁者と強行採決と。・・・Twitterもどき(7月26日12時15分)

 今年の夏は暑そうだ。早くも夏バテ気味の私wobbly

 おまけに、ちょっと気を抜いていたら、仕事で書かなければならない書面が一杯。

 腱鞘炎の方は幸いお医者さんからもらった薬が効いて、仕事に差し障りがないほどには回復したのだが・・・。

 ブログも書きたいことが山ほどあるのだが、お医者さんには「よくなったからといって、指を使いすぎないように」とも言われているので、セーブさせて頂いている。

               sun

 今年の夏は、戦後70年ということで、ちょっと前に書いていた「永遠の0」シリーズの続編を書きたかったのだけれど・・・。

 しかし、それどころではない。今、日本はエライことになってしまっているのに、改めて愕然とする。 

 安保法案の強行採決の場面を見ていると、(事の重大性は比べものにならないだろうが)司法試験合格者数3000人を決めた日弁連の総会を思い出した。

 あの総会では、故中坊公平氏が日弁連会員の事前の了解を得ることなく司法審で3000人の約束をしてしまい、その後の日弁連総会で多くの反対意見が出たにもかかわらず質疑応答を打ち切って派閥の力を使い強行採決してしまったのだった。

 ・・・そして、それがいかに無茶苦茶なことだったかは、このブログに繰り返し書いてきたとおりである。

 さすがに、政府も3000人は無理と認め、今年は1500人に訂正されたのだが。もう、時遅しだ。

 今回の安保法案の強行採決も、安倍首相が、事前に、アメリカの議会で今夏までに安保法案を成立させる、と大見得を切っている。

 安保法制「夏までに成就」 安倍総理、米議会で演説 (テレ朝ニュース)

 この英語での演説中の安倍総理のしたり顔に唖然angry

 国民に対する十分な説明もないまま、こんな約束をしてしまっている。

 かつての中坊氏と同じだと思った。

 中坊氏のようなカリスマ性は感じなかったので、安倍首相がここまで危険な人物だとは思っていなかった。あのイスラム国の人質事件で、不安は感じていたのだが。

 アメリカの議会でこんな大見得を切っている以上、そりゃ強行採決もせざるを得なかったのだろう。

 日弁連の総会でも、中坊氏が司法審で約束してしまっていたので(議事録を見ると中坊氏が率先して大見得を切ったのがよく分かる)、中坊氏を担ぎあげた方々が総会決議の成立に必死だったそうだ。

 もっとも今回問題となっている安保法制の集団的自衛権は、国際法上の集団的自衛権とは異なり、個別的自衛権とどう違うのかよく分からない代物だ。

 だから、変なたとえ話が次々と出てきて、国民にますます分かりにくいものになっている。

 それでも、安倍首相はアメリカの議会で大見得を切った以上、とにかく「集団的自衛権」の名のもとに安保法制を成立させたいのだろう。

 国際法上の集団的自衛権とは違うといっても、今の日本は一党独裁状態なのだから、こんな解釈でどうとでもなりそうな安保法制を成立させてしまうのは大変危険である。

 これから参議院で議論が始まるが、野党の議員の皆様には頑張ってほしい。そして、自民党の議員も、心あれば、良識の府でこんな議案を通過させてしまっていいのか、 考えて頂きたいと思います。

 そして、国民も、一人一人が声を上げていくことも大切だろう。

2015年7月24日 (金)

女子高生をバカにすんなよ!

 安保法制の国会中継も見る暇がなかったが、このユーチューブならいつでも見られます。

 あかりちゃんが怒るのも当然でしょうpout

 元動画の方も見たが、今どきの女子高生は、こんな従順ではないでしょうよ。なんでも言いくるめられると思ったら大間違い!

 元動画→教えて!ヒゲの隊長

 パロディ動画→【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた

ヒゲの隊長パロディー動画で安保法批判 本家上回る再生 (朝日新聞デジタル)

 自民党も説明責任を果たすつもりなら、このパロディ動画のあかりちゃんの批判に対してきちんと反論すべきだろう(ヒゲの隊長の動画の第2段があるのかしら)。

 そして、強行採決なんてせずに、少なくともかつての小泉首相が郵政民営化のときにやったように解散総選挙をして国民の真意を問うべきでしょう。

 自民党の候補者に票を投じた方々だって、皆が皆、こんな法案を承認するつもりだったわけではないでしょうから。

 ・・・それにしても、このパロディ動画、よく出来ているし、面白い。

 ネット社会になって政権に対するこういう批判の仕方も生まれたことに、ちょっと感激。

 江戸時代、辻に掲げられた川柳みたい。

 

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報