マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

法科大学院は最終的には何校残るのか。(追記あり)

24法科大学院への派遣停止 15年度から裁判官、検察官教員 (47ニュース)

 最高裁と法務省によると、24校のうち17校は既に新規募集をやめているか、停止を予定している。他の7校は北海学園大(北海道)、専修大(東京)、金沢大(石川)、中京大、南山大(いずれも愛知)、近畿大(大阪)、福岡大(福岡)。

 この7校も風前の灯ということなのだろうか。

 補助金のカット、教員派遣の停止と、次々と繰り出される法科大学院に対する事実上の撤退勧告。

 私は別に法科大学院の味方をするわけではないが、なんだか気の毒である。設立の際には簡単に認可しておいて、これはないだろうと思わないでもない。

 むしろ、抜本的に「制度」を見直した方が誠実なのではないだろうか。

(追記)

 今、これが公表されたということは、2015年度の入学生も今になってはじめて知ったということか。それは、入学生にとって、あまりに酷ではないのか。

(追記2)

 これで、「適正配置」という大義名分も完全に崩壊する。 

法科大学院制度は露骨に淘汰される 日弁連執行部にとっても適正配置はあり得ない (弁護士猪野亨のブログ)

 ますます法科大学院制度を維持しなければならない必要性が乏しくなってきた。

「成仏」か「ハッピーリタイア」か。・・・Twitterもどき(3月29日12時15分)

 医療過誤事件の膨大な記録を読んでいるところ。きょうも半分は仕事。

 「成仏かハッピーリタイアか、どちらか選べって?そりゃ、ハッピーリタイアに決まってるじゃないの。某先生たちみたいに弁護士報酬基準をうんと上げればハッピーリタイアできるでしょ。依頼者には弁護士の報酬の相場なんて分かっちゃいないもの。弁護士の良心なんて言ってたら、成仏しちゃうわよ。」

 ・・・ちょっと、司法改革娘bot風に書いてみました。

              libra

 ところで、司法改革娘botさんは、司法改革の歴史に相当詳しい。

 「成仏」が論文のデータベースに掲載されていることを初めて知りました。

 https://twitter.com/bot97589380/status/461142878769537027

 https://twitter.com/bot97589380/status/459288912456720384

 司法改革娘botさん、今度は「ハッピーリタイア」についてつぶやいて下さいませんか。

 ちなみに、「ハッピーリタイア」の元記事はこちら→

 「交通事故減少」「若者貧乏化」が弁護士を干上がらせる? 弁護士懲戒「過去最悪」の背景(2015.3.19 12:00 産経ニュース)

 Schulze BLOGさんが今年の司法試験界流行語大賞候補に掲げています(これは有力候補だな)。

 ちなみに「成仏」は2006年の流行語大賞だったそうです。

2006年成仏理論(「問題の捉え方がそもそも間違っている。食べていけるかどうかを法律家が考えるというのが間違っているのである。」「世の中の人々のお役に立つ仕事をしている限り、世の中の人々の方が自分達を飢えさせることをしない、と。」「飢え死にさえしなければ、人間、まずはそれでよいのではないか。その上に、人々から感謝されることがあるのであれば、人間、喜んで成仏できるというものであろう。」)

・・・さ、私も、「成仏」しないよう頑張ろう。

 ところで、法科大学院は、補助金をカットされて「飢え死」直前で次々と撤退してしまっていますが、高橋先生の「成仏」理論によれば、「世の中の人々のお役に立っている」はずの法科大学院がどうしてそんなことになってしまっているのでしょうか。

 簡単に撤退を決めずに、もっと「成仏」めざして世の中のために頑張って頂かなきゃいかんのでは?

2015年3月28日 (土)

司法改革娘botが面白い。

https://twitter.com/bot97589380

 辛辣ですね。

 でも、言っていることはホントのことだと思います。

 どなたか知らないけれど、グッドアイデア。

2015年3月27日 (金)

弁護士報酬の衝撃(その2)・・・Twitterもどき(3月27日午前9時15分)

 かなり難しい内容の書面も半分くらい書いた。あとひと頑張り。

 医療被害者(産科事故等により高額の損害が発生する場合を含む)から賠償金の25%(つまり4分の1)の弁護士報酬をもらうことに対して、何の疑問も持たない若い弁護士が多いことにも、私は衝撃を受けた。

 かつて、弁護士会が報酬基準を決めていたとき、その基準でさえ高いということで、一部の弁護士を除いて、多くの弁護士がその基準以下で報酬をもらっていた。

 その後、新自由主義に基づく司法改革の一環として、報酬基準は撤廃され、弁護士が自由に報酬を決めてもいいことになった。

 しかし、自分の報酬を自分で決めるというのは、なかなか難しいものだ。

 そこで、多くの弁護士が、旧基準をベースに自分なりに修正を加えたものを使っているとばかり、私は思っていた。私が一緒に仕事をしてきた先輩弁護士も皆そうだったから。

 でも、現実にはそうでなかったことを最近知った。

 相談窓口は同じでも、相談者がどの弁護士にあたるかによって、請求される弁護士報酬も変わってくるのである(高額賠償の場合、1000万円以上違うこともある)。

 もちろん、弁護士によって経験や能力が違うのだから、「自分はこれだけもらっても当然、」と考える弁護士もいるだろう。

 しかし、多くの場合、事件の結果は弁護士の経験や能力だけに左右されるものではない。それ以外の要因に左右されることも多い。

・・・私は、他の弁護士からいろいろ話を聞いて、正直なところ「自分の報酬低すぎ!」と思ってしまった。

 しかし、医療被害者の窮状を目の当たりにすると、そんなに高額な報酬基準を請求する気にはなれないのである。

 ただ、他の弁護士との関係もあり、共同受任事件については報酬基準をもう一度考え直すことにした。

2015年3月26日 (木)

弁護士報酬の衝撃・・・Twitterもどき(3月26日午後5時10分)

 提出期限の迫った難しい書面を作成中。呻吟中。

 先日、医療過誤事件で弁護士報酬を25%(着手金、報酬金含め。経済的利益の額にかかわらず。)もらっている弁護士がいることを知った。

 ・・・私には衝撃だった。

 報酬自由化というのは、こういうことだ。

 これが高いと思うか、低いと思うかは、人それぞれなんだろう。

2015年3月22日 (日)

札幌の時計台と旧北海道庁

 先日、札幌へ出張した際、帰りの飛行機の時間まで、札幌市内を散策した。

 場外市場に行った後、やっぱり行っておかねばと向かったのがここ。 札幌は初めてだったので。

P1040071

 昔は、電線が邪魔していたらしいが、今はスッキリしている。

P1040072

 でも、札幌市内のこういうビル群のただ中にある。そのためか、ネット上には「がっかりスポット」という評も。

 時計台の建物内も見学料200円を払えば見ることができる。私も見学したが、結構中は広くて2階はコンサートホールになっている。展示も興味深いものがあり、それほど「がっかり」ということはなかった。時計台はやっぱり絵になるしね。

                 snow

 次に歩いて向かったのが、この旧北海道庁。やっぱり、この建物は見ておきたい。

P1040118

P1040096

 名古屋市の市政資料館にちょっと似ているが、レンガの色がもっと赤い。

 手前に2つの池があり、カモが泳いでいた。こんな大都市の真ん中で優雅なことだ。

P1040097

 これが入口。レンガの色がとても美しい。

P1040099_3

 中は無料で見学できる。北海道の開拓の歴史や北方領土問題をテーマにした展示物がいろいろ。売店もある。

 建物内には立派な木材が使われていたが、名古屋市市政資料館や名古屋市役所のような大理石やステンドグラス等の派手な物は使われておらず、質実剛健という感じ。

P1040116_3

 入口から見た雪の札幌市内。

P1040125

 北海道庁の前には立派な銀杏並木があるのだが、残念なことに北海道庁の旧庁の後ろに新庁等が建っていて、景観としては残念なことに。後ろのビルがなかったら、素晴らしい景観だったろう。新道庁の建設場所としてやむをえなかったのだろうが。

 名古屋市の景観審議会委員になってから都市の景観を考えるようになったのだが、この旧北海道庁は素晴らしい建物だけにこの景観はとても残念に感じた。

 大都市の真ん中にある歴史的建造物という点では、時計台もこの旧庁も同じ。

 歴史的建造物の素晴らしい景観を保つことの難しさを、この時計台と旧道庁を見て実感した。

        (つづく)

2015年3月19日 (木)

自民党議連の「予備試験受験資格制限に強く反対する決議」

河井克行議員のあらいぐまのつぶやき  より

司法試験予備試験の廃止をたくらむ勢力とのたたかい

しかるに、一部の法科大学院関係者らから司法試験予備試験の受験資格を制限するべきだとの見当違いの意見が出されていることは、問題の本質的な解決から目を背け、社会と「法曹の卵たち」の信認を失った法科大学院制度を無理矢理存続させることを狙った「無駄な抵抗」と断じざるを得ない。

                        (決議抜粋)

 法曹養成制度は法科大学院のためにあるわけではないのです。

 今や、法曹志望者全体のみならず、予備試験受験生まで減少しつつあるという危機的状況です。

 一刻も早く、政治家の力で、この国の法曹養成制度をまともなものにして頂きたいと思います。

2015年3月18日 (水)

最近の日本の政治家はどうしてこういう言葉に平気なのだろう。

 配慮なさすぎだと思う。

 安倍首相の「列強」といい、 三原じゅん子議員の「八紘一宇」といい・・・。

 その言葉がどのように使われてきたかという歴史を知らないというだけではすまない問題だ。

 一方、こういう記事もある。

 「国のため戦う」日本最低(共同通信)

 国民の意識がこうなっていることに対するあせりや反動なのか?

           cloud

 落合洋司弁護士のブログで、メルケル首相のことを知った。

 この現代ビジネスの記事も興味深い。

 安倍首相に重い宿題を残したメルケル首相、際立った日本対応の仕掛け人  

 最近「自虐史観」という言葉が大流行のようだ。

 8月15日の安倍首相の「戦後70年談話」、大丈夫なんでしょうか。不安でたまらない。

 戦後70年という節目に、どうして日本の首相がこういう人になってしまったのか。

 8月までにメルケル首相みたいな人と交替してもらえないものか。

 ・・・・・「永遠の0」シリーズの続き(構想はできている)を書きたいのだが、当分の間仕事の書面の作成に四苦八苦なので、しばらく先になりそうです。 

2015年3月17日 (火)

添削・校閲システムに疲れる。・・・Twitterもどき(3月17日午後7時20分)

 共同受任の医療過誤訴訟で、かなり難しい書面を3通ほど並行して書いている。

 相代理人と、一太郎では添削、ワードでは校閲を使って、互いに文章を直し合っているのであるが、それぞれのソフトで表示や使い方が少しずつ違うし、赤やら青やら緑やら紫やらの色が飛び交って、眼がチカチカする。

 特に、一太郎の添削は、なんとかならないものか!

 しかし、削除しても元に戻す必要があったり、削除したり加筆した箇所を互いに明示するためには、この添削、校閲はなかなか有用なシステムである。

 ・・・だけど、やっぱり、疲れる!

2015年3月15日 (日)

熊本大法科大学院の募集停止についての学長談話。

 また一つ、法科大学院が消える。もはや、たいしてニュースにもならないが。

 でも、この学長の談話は、もうちょっと注目されてもいいかも。

 熊大法科大学院の募集停止 16年度から (熊本日日新聞)

熊本大法科大学院は04年度、定員30人で開設。志願者数は初年度の228人から毎年減り、15年度は33人。昨年の司法試験合格者は3人にとどまり、合格率は全国平均の21・2%を大きく下回った。谷口学長は「全国的に志願者が大幅に減っている。卒業しても法曹界の需要がないという問題もあるようだ」と話した。

  ・・・「卒業しても法曹界の需要がないという問題もあるようだ
 

 私は、なんだか、人ごとのようにおっしゃるなあ、と思った。

 自分たちの教え子の将来のことではないか。

 弁護士の就職難について異論を唱えている方々がおられるようだが、仕事仲間の弁護士から聞いたところによると、最近はいったん就職しても直ぐに辞めてしまうケースが増えているということだ。それは、もともとそれほどイソ弁を欲しいと思っていない法律事務所にも無理に求人を頼み込んでいるため、実際に就職してもミスマッチが生じ、いろいろな事情で早期退職となってしまうのだそうだ。

 弁護士会も、就職後どうなっているのかまでは調査していないので、とにかく就職し弁護士登録されていればOKでカウントしているから、実際の就職難は数字に表れているよりももっと厳しいものだと思う。

 本当は1年以内の退職者数なども調査すべきなのだろうが。

弁護士の就職難って「都市伝説」?! (武本夕香子弁護士のブログ)

 また、弁護士登録者の中には、就職先がなく、ノキ弁、即独で登録している方も多く含まれますし、一旦事務所に入ってもすぐに登録換えをしたり、独立する等々ミスマッチな就職も多いです。更には、弁護士にとって一人前の弁護士になるのに必要不可欠なOJT(オン・ザ・ジョブトレーニング)を期待できない事務所への登録等も非常に多いのが現状です。具体的な話は言えませんが、本当に悲惨な実態は枚挙に暇がありません。

 「具体的な話は言えませんが」って本当で、私も少しは知っているが、内情は言えないもの。これから就職先を探そうという司法修習生は、内輪の飲み会などで、コソッと情報を仕入れるしかないでしょう。

 私も、とある弁護士の集まりに参加した修習生が、内輪の情報を得て、アブナイ事務所に行かずにすんだところを実際に目撃したことがある。

 「司法試験合格者数を増やすべき」「弁護士の就職難はまやかし」と言われる方がまずもって弁護士を雇用して戴きたいものです。それが責任ある態度と言うものではないでしょうか。

 これも、ずーっと言われてきたことなのよね。

 この方々は、そこまで法曹需要がある、あると言われるなら、どうして高給で弁護士をもっと雇用なさらないのでしょう。雇用されたら、本当に就職難がなくなって、「そうか、やっぱり法曹需要はあるんだ」ということになり、おっしゃっていることに説得力が増すでしょうに。

 いつになったら、この方々は、言うだけでなくって、「責任ある」態度を取って下さるんでしょうか。  

2015年3月 8日 (日)

札幌・場外市場へ行ってみた。

 飛行機の時間まで、どうしようかと思い、インターネットで調べて、中央卸売市場に隣接するここに行ってみた。

 JR札幌駅から一駅だし、朝食兼昼食も食べたいと思ったので。

 桑園駅から徒歩9分というので歩いてみたのだが、結構な距離だった。地図を見ても分かりにくかったので、途中で歩いている人に聞いても知っている人がいない。地元の人はあまり行かないのかもしれない。

 雪もパラパラ降ってくるし、舗道に雪が積もって歩きにくいし、途中で帰ろうかと思ったくらい。車で行けば近いのかもしれないが。

 でも、なんとか到着。

P1040052

P1040065_2

 こういうお店が道路脇にたくさん並んでいるのだが、そんなに長い距離ではない。

 さすがに、カニが一杯。

P1040057_3

P1040058

P1040061_4

 生きているものも一杯いて、新鮮なのは間違いないだろうが、やはりお高い!

・・・弁護士で、こんな大物のカニを気楽に買える人って、K弁護士(どなたかはご想像にお任せします)みたいな人だけじゃないのかと、なぜかK弁護士の顔が浮かぶ。

P1040060_3

 サケやホッケの開きも一杯売っていた。

・・・でも、やっぱり高いし、発砲スチロールに入れて送ってもらうと1000円以上かかるしで、私は買わなかった。

 歩いている観光客も、加工食品や土産物などを買っている人はいても、カニやホッケなどの大物を買っている人は見かけなかった。呼び込みのお兄さんたちの声がむなしく響いている感じ。

 どこかで食事をしようと思ったのだが、なかなか女性には入りにくい雰囲気。

 ただお土産を買ったお店の店員さんが感じのよい女性だったので、そこの2階で食事をすることに。

P1040066

 これで、1980円というのはお安いと思う。

 でも、ウニの量が写真とはちょっと違っていたcoldsweats01

 すずこにきちんと味付けがされていて、ウニの甘みとあいまって美味でした。

         (つづく)

ぬか漬け。

 昨日夕方帰宅して、真っ先に食べたのがこれ。

P1040142

 外食が増えると、どうしても野菜や果物が欲しくなる。

 ぬか漬けは、1ケ月ほど前に、ネット通販で35年物という「ぬか床」を購入し、自己流にだし昆布や干し椎茸を加えたりして、漬けている。

 旅行前に漬けておいたキュウリ、ニンジン、大根がちょうどよい具合に漬かっていた。

                 sun

 ぬか漬けは、おふくろの味というけれど、私の場合は全然違っている(母も冷蔵庫で漬けているけどちょっと酸っぱすぎて好みの味ではない)。

 昔、夏休みに長野の白馬を旅行していて、道に迷ってしまい、近くの喫茶店に入って道を聞いた。

 そのときに、その喫茶店の店主の方が出してくれたのが「ぬか漬け」。

 それがまた、大変おいしかった。

 なぜ、喫茶店でぬか漬けなのかと思ったのだが、今までのぬか漬けに対する既成概念を打ち砕くようなおいしさだった。

 すっぱくもなく、しょっぱくもなく、なんだか洋食にも合う感じ。

 その喫茶店に集うお客さんたちは、この漬け物が目当てらしく、皆さんおいしい、おいしいと言って食べていた。

・・・・・その漬け物を目指して、試行錯誤中。

 確かに通販のぬか床は、さすがのお味だけど、まだあのときのぬか漬けの味には達していない。

 ぬか漬けは、最近、植物性乳酸菌の宝庫として見直されている。

 でも、おいしくなければ続かないので、日々、研究中。   

2015年3月 7日 (土)

新千歳空港ナウ。・・・Twitterもどき(3月7日13時55分)

 札幌市内の散策はそこそこにして、新千歳空港へ。

 やっぱり北海道は、レンタカーでも借りてまわった方がいいな。

 相当歩いた(写真はまたUPします)。

 新鮮な海産物をたくさんいただいたものの、野菜や果物がほしくなった。早く帰って、手作りのぬか漬けが食べたい!(最近、私はぬか漬けに凝っているのです)。

 ・・・・・帰ったら、また書面書きが待っているsad

 飛行機の中ではしっかり寝ておくつもり。

きょうは札幌は雪。・・・Twitterもどき(7時25分)

 朝起きたら、雪だった。

 名古屋は暖かくなってきているというのに、やっぱり北海道だ。

 昨日乗車したタクシーの運転手さんの話では、今年の札幌は雪が少ないそうだ。1月中旬で大雪は終わり、今は時折降るだけということである。

 それでも、気温が低いせいか、道路脇には山のように雪が積まれたままになっている。

 ・・・きょうは、土曜日なので、飛行機の時間まで少し散策しようと思っていたのだが、荷物もあるし、この雪なので、どうしようかなあ、と思う。

2015年3月 6日 (金)

この方の言うとおりだと思う。

 時代の正体<71>「イスラム国」は問う(6)「日本のメディアは最悪」-邦人人質事件から/米NY・タイムズ マーティン・ファクラーさん (神奈川新聞)

 アメリカ人ジャーナリストの方が日本の現状が見えているのかも。

 でも、神奈川新聞は頑張っているなあ。ちょっと感動した。

 ・・・ニューヨークタイムズの風刺画って、これのことですね。

http://www.nytimes.com/2015/02/09/opinion/could-isis-push-japan-to-depart-from-pacifism.html

中部国際空港ナウ・・・Twitterもどき(3月6日12時45分)

 きょうは、札幌へ出張。

 中部国際空港内のパソコンを使用中。

 きょうはあいにく天気が悪く、せっかく窓側の席を予約したのだが、富士山は見えないだろう。

 それにしても、飛行機に乗るのって、楽になったものだと思う。スキップだと、搭乗手続も簡単だし。

 地方に出張して電車の乗り換えにあたふたするよりも、サクッと飛行機に乗って遠出してしまう方が楽かも。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年5月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報