マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 「飛んで火に入る夏の虫」だった首相。 | トップページ | これからはテロ対策のためのコストが嵩むことだろう。(追記あり) »

2015年2月 1日 (日)

最悪の結末。

 詳細はまだ不明だが、とうとうこういう事態になってしまった。

 イスラム国武装勢力、後藤さん殺害の卑劣<動画>日本に「宣戦」するメッセージ (東洋経済オンライン)

 安倍首相は、あいかわらず「テロと断固闘う」と気炎を上げているが、テロと闘う方法にはアメリカやイギリスと同列の方法以外にもあるだろう。

 アメリカの正義=日本の正義とは限らない。

 私は、この元イラン大使がおっしゃることがもっともだと思う。

 安倍外交が「イスラム国」のテロを誘発した 孫崎享・元駐イラン大使に聞く(東洋経済オンライン)

 日本国民は、日本がアメリカとイギリスと同じ闘い方を選択することに納得しているとは思えない。

 そもそも日本はアメリカやイギリスのようなテロ対策など全くやっていない。

 日本国内も、生活保護受給者が激増している状況だし、原発問題や予想される大地震対策などで手一杯だろう。

 マスコミは、詳細が判明した後、安倍首相の責任もきっちり追求して、日本国民に選択のための情報をしっかり提供してもらいたい。 

« 「飛んで火に入る夏の虫」だった首相。 | トップページ | これからはテロ対策のためのコストが嵩むことだろう。(追記あり) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/61067538

この記事へのトラックバック一覧です: 最悪の結末。:

« 「飛んで火に入る夏の虫」だった首相。 | トップページ | これからはテロ対策のためのコストが嵩むことだろう。(追記あり) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報