マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 最悪の結末。 | トップページ | 「ぷえるとりこ日記」(有吉佐和子著)を思い出す。 »

2015年2月 3日 (火)

これからはテロ対策のためのコストが嵩むことだろう。(追記あり)

テロ標的で空港に緊張感 (共同通信)

首相、テロ対策強化へ決意示す (共同通信)

 今、例の首相の演説について、このような議論になっているようだ。

「安倍首相のせいで日本人がテロの標的に」 ジャーナリストの指摘に疑問、反論が噴出

(JーCASTニュース)

 首相の責任を強く追求する記事はこちらなど。

首相のうっかり発言が致命傷に 安倍外交慢心と誤算 (週刊朝日記事)

接触も交渉も「なかった」…安倍政権が踏み入れた泥沼報復戦 (日刊ゲンダイ)

 対して、首相の演説内容には問題はなかったとする方のブログ記事はこちら。

「イスラーム国」は日本の支援が「非軍事的」であることを明確に認識している中東・イスラーム学の風姿花伝

 日本語の強すぎる「戦う」という首相の表現を、外務省が英語の翻訳で和らげたというのは、なるほどと思った。そういう配慮をしてくれる外務省の人がいてよかった。

 しかし・・・である。

 安倍首相が集団的自衛権行使を閣議決定していることだって、イスラム国は十分知っているだろう。そして、アメリカの要請で、自衛隊がシリアにやって来るかもしれないことも予想しているだろう。

 この演説の後、首相は、しきりに人道支援を強調していた。しかし、あのような場でのあの演説のあとでは、本当にそれだけかと疑いを持つ人たちも多いことだろう。「非軍事的」といっても、有志連合の軍隊への「後方支援」も含まれると受け取られるかもしれない。

 イスラム国の中心メンバーたちは今の日本が軍事的支援などできないことは十分承知のことだろうが、イスラム国に参加したりシンパシーを感じている人たちがどう思うかは別。

 英語のニュアンスを理解できるほどの教育を受けていない人、そもそもアラビア語だって読み書きできない人が多いだろう。

 イスラエルと日本の国旗がずらりと並んだ前に、両国の首相が立って「イスラム国」と闘う決意を述べるなんて画像を見せられたら、彼らはどう思うのか。

 イスラム国というテロリスト集団が実際にどう思うかではなく、狡猾な彼らにどう利用されるリスクがあるかを考えるべきだった。 

 日曜日のNHKスペシャル(元イスラム国兵士らや被害にあったシリアの人たちのインタビューで「イスラム国」の実態にせまる力作だった)を見たが、イスラム国はシリアの少年たちをさらうだけでなく、世界各地で戦闘員をリクルートしているらしい。

 そのリクルートのやり方は、まるで日本のオウム真理教を思い出させるものだった。

 そして、さらってきた少年たちやリクルートしてきた各国の人々を、徹底した洗脳教育と戦闘訓練によって、優秀なテロリストとして育て上げるのだそうだ。

 中東を歴訪するなら、有志連合の首相との対談や演説の映像ではなく、首相自ら難民キャンプや学校に脚を運び、子どもたちに医薬品や食料品や文具等を手渡す映像でも流した方がよかったと思う。

 安倍首相はイスラム諸国の人々ではなくアメリカの方にばかり眼を向けていたから、こんなことになったのではないか。

                    thunder

 これからは、日本はテロ対策のために多くの国費を費やさなければならなくなったし、国民も海外だろうと国内だろうとテロの標的となる可能性があるという覚悟を持たなければならなくなった。

 NHKスペシャルによれば、ISISは世界各地に組織や支援者を作っているようだ。

 安倍首相は、何の反省もなく、「イスラム国に罪を償わせる」(一体どうやって?!)「邦人救出のために自衛隊を派遣することも認められるべき」(アメリカの特殊部隊にもできないことが日本の自衛隊にできるの?!)などと豪語しており、後藤さんの殺害を好機にイスラム国に対する日本国民の怒りを煽っているかのようだ。

 しかし、後藤さんも、そんなこと望んでいないだろう。

 極悪非道なテロリスト集団が許せないのは当然のことであるが、どうしてそのようなテロリスト集団が生まれたか、日本としては彼らにどう対応していけばいいのか、を深く考察することもなく、ただ感情的に怒りを煽るような発言はいかがなものか。

 日本国民も中東問題やアメリカとのスタンスの取り方について日本の選択を考えるべきときだと思うが、今回の首相の軽率な言動は許されるべきではないし、このような軽はずみで好戦的な人が将来も首相として外交交渉を担っていくことを認めるにはあまりに恐ろしい世界情勢だと思う。

                    typhoon

 この対談記事はちょっと古いものだが、今まさにこの最悪のシナリオに向かっているようで怖ろしい。

 イスラム国での戦争でアメリカのポチ日本が敵視されテロの対象となる最悪のシナリオ

 (週プレニュース)

 海外に行くにせよ、日本国内の人の集まる場所に行くにせよ、これからは不安がつきまとう。

 安倍首相をはじめとする要人の警護はこれからは更に厳重になされるだろうが、一般庶民の日本人には(国は身代金の支払いを断固拒否するのだし)命の保証は何もないと思っておいた方がいいだろう。

 これからは、テロ対策のための負担が、企業にも国民にもずしりと重くのしかかってくるのである。

(追記)

 安倍首相は対テロ発言を慎重に! (ダイヤモンドオンライン)

 この田中秀征氏の記事に同感!

 首相である以上、このような配慮は当然だろう。

田原総一朗「イスラム国に『絶好の機会』を与えてしまった安倍外交」 (週刊朝日記事)

 ようやく田原氏もこういう記事を。

 ・・・あのイスラエル国旗と日本国旗を前にした会見に反応しないジャーナリストはないだろう、と思う。

 外務省の人たちも、せめて場所を変えて安倍首相に発言させるとか、もうちょっと考えなかったのかと思う。いくらなんでも、配慮なさすぎだろう。

« 最悪の結末。 | トップページ | 「ぷえるとりこ日記」(有吉佐和子著)を思い出す。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

安倍外交の失敗は、欧米でも指摘されています。
https://newspicks.com/news/817239/body/

アメリカでさえ次のとおりです。

<アメリカは、人質情報を知りながら中東訪問したことを疑問視>
 アメリカは、テロリストと交渉しない姿勢を明確にしている。WSJ、NYT、Quartzなどアメリカのメディアは、日本国民の間で、安倍政権に欧米のようなアクティブな外交を期待する機運が高まっていると報じた。
 その他、英国のメディアと同様、なぜISILとの交渉に長けたトルコに人質解放の仲介を願い出なかったのかと報じた。
 大手メディアのIACが運営しているThe Daily Beastは、日本人の拘束情報をいち早くキャッチした日本の週刊誌「週刊ポスト」に対して、外務省が「先んじて報道することは人質2人の命に関わる」として ストップの指示を出したことを報じた。そして、「週刊ポスト」がその指示に従ったにもかかわらず、安倍総理は中東を訪問するなど、人質の保護に気を配らなかったと、糾弾した。
 また、ISILが後藤さんら2人の日本人人質を拘束していることを知りつつ、当初の予定通り訪問を断行したことにより、日本政府はISILのブラックリスト入りし、人質2人が開放されるチャンスは実質ゼロとなったと報じた。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/61073617

この記事へのトラックバック一覧です: これからはテロ対策のためのコストが嵩むことだろう。(追記あり):

« 最悪の結末。 | トップページ | 「ぷえるとりこ日記」(有吉佐和子著)を思い出す。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報