マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 買い出し。・・・Twitterもどき(1月4日午後1時30分) | トップページ | オリエント急行殺人事件が忠臣蔵になっていたの巻。 »

2015年1月12日 (月)

三谷幸喜版オリエント急行殺人事件を見る。・・・Twitterもどき(1月12日午後5時15分)

 私は、この連休中も、もっぱら仕事の書面書きである(書面が溜まっているので、連休があってよかった)。

 でも、昨晩の和製というか三谷幸喜版ドラマ「オリエント急行殺人事件」は録画して見た。

 これは原作(というより、シドニー・ルメット監督版の映画)にほぼ忠実で、きょうは犯人側の視点から見たオリジナル版を放映するらしい。

 シドニー・ルメット監督の映画では、欧米の名優たちを贅沢にキャスティングして話題を呼んだが、三谷版も有名日本人俳優をキャスティングして豪華である。

・・・俳優のギャラだけでなく、車内のセットなどにも相当お金をかけているな。

 三谷氏も、原作にできるだけ忠実に脚本を書いているみたいだし、(役名から予想されたほど)パロディにはなっていなかった。

 でも、野村萬斎さんのあのしゃべり方はどうなの?あごを引いて片方の肩を落としたところなんかは、映画版のポワロ役アルバート・フィニー氏の演技を意識しているのはよく分かったけど。野村さんの発案なのか、こういう演出なのか・・・。

 もっと自然にしゃべった方がよかったのでは?他の俳優さんたちは抑えた演技をされていたのだし(車掌の西田敏行さんですら・・・)、一人だけ違和感ありすぎ!

 それに、私は羽鳥夫人(原作ではハッバード夫人)の富司純子さんも、ちょっと残念だった。

 映画では、ローレン・バコールさんが演じていたが、その下世話感は半端じゃなく、そこも見所となっていた。

 富司さんでは、上品さが勝ちすぎて、ハッバード夫人の下品さが生きていない感じがした(下品な部分は、いかにも演技という感じで、無理しているなぁと思ってしまった)。

 羽鳥夫人は、大変難しい役だけど、他にもっと適役の方がおられたのではないか。

 和製なら、ハッバード夫人(原作ではアメリカ人とされている)は、思い切って騒々しい大阪のおばちゃんという感じにしてもらいたかったなぁ。

 三谷氏は、あの「12人の優しい日本人」の脚本家でもあるので、陪審制には関心があるのだろう。日本の裁判員制度については、どう思っているのかしらね。

 ・・・きょうのオリジナルの方が面白いかもしれない。私は、録画で見るつもりだけど。

« 買い出し。・・・Twitterもどき(1月4日午後1時30分) | トップページ | オリエント急行殺人事件が忠臣蔵になっていたの巻。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/60963390

この記事へのトラックバック一覧です: 三谷幸喜版オリエント急行殺人事件を見る。・・・Twitterもどき(1月12日午後5時15分):

« 買い出し。・・・Twitterもどき(1月4日午後1時30分) | トップページ | オリエント急行殺人事件が忠臣蔵になっていたの巻。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報