マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« ニンジンジュース・・・Twitterもどき(1月21日午後10時30分) | トップページ | 「飛んで火に入る夏の虫」だった首相。 »

2015年1月21日 (水)

怖ろしき集団的自衛権。

「イスラム国」か、日本人2人の殺害を警告(TBS)

2邦人の解放呼び掛け=「テロに屈せず」と安倍首相-「イスラム国」人質事件 (時事通信)

イスラム国は、「対岸の火」ではなくなった 東洋経済オンライン

 怖ろしいことである。

 この記事を読むと、もっと怖ろしい。

 注目は欧州のテロ、ロシア、イスラム国
日本は戦後70年の平和の大記録途絶える?
――軍事ジャーナリスト・田岡俊次氏
(ダイヤモンド・オンライン)

「イスラム国」に国土の一部を占拠されているイラク、シリアは日本にとり「わが国の存立」に関わるわけでもないから、「集団的自衛権」の行使として自衛隊を出すのは無理だが、「後方支援」として大型輸送ヘリや、中型輸送機、車輌部隊などを出すよう求められる可能性は十分ある。

 直接の戦闘を目的としなくても、輸送ヘリなどが対空火器の射撃を受けたり、補給用トラックの車列が襲われて自衛戦闘をするとか、自爆テロで補給基地が爆破される、などの状況は想定しておく必要がある。他国の部隊が襲われた際にそれを助けに行くことも、今の日本の議会は多分容認するだろう。戦後70年、一弾も戦闘で発射しなかった日本の平和の大記録は今年で終わるかもしれない。

 日本人には戦争に参加しているという意識がなくても、他の国の人からは参加しているとみられても仕方がないのだ。

 ことは自衛隊だけの問題にとどまらず、日本も戦争に参加している、日本人は敵国人だとみなす人々が、民間人にも危害を加えるかもしれない。

 集団的自衛権を認める方々というのは、田岡氏の言われるように、「戦後70年」という「日本の平和の大記録」を破る覚悟があるのだろうか。

 私にはそんな覚悟はない。

« ニンジンジュース・・・Twitterもどき(1月21日午後10時30分) | トップページ | 「飛んで火に入る夏の虫」だった首相。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

安倍総理と、取り巻きの自民党幹部や官庁の官僚たちだって覚悟はないと思いますよ。
安倍総理は、日本をどういう国にしたいのか?が見えてきません。
たとえば彼は、賃上げを財界にお願いする一方で、企業が一部残業代支払い義務を免れるのを合法化したり、
労働者派遣法など労働法規制緩和を進めている。これは労働者の賃金を全般的に下げる圧力になるはずです。
一方で賃上げを言いながら、実際にやっていることは違う。矛盾しています。
集団的自衛権も、結局、日本の軍事産業利権。これを育て大きくしたいとの思惑から言い出したのが大きいのではないか?
つまり、国家観や安全保障などではなくて、もっぱら経済的な動機です。私個人はそう疑っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/61010989

この記事へのトラックバック一覧です: 怖ろしき集団的自衛権。:

« ニンジンジュース・・・Twitterもどき(1月21日午後10時30分) | トップページ | 「飛んで火に入る夏の虫」だった首相。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報