マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 怖ろしき集団的自衛権。 | トップページ | 最悪の結末。 »

2015年1月29日 (木)

「飛んで火に入る夏の虫」だった首相。

 人質事件のニュースを毎日固唾をのんで見守っている。ご家族にとっては、今晩もまた長い夜になるのだろう。

 イスラム国は最初から本当に狡猾だった。

 イスラム国の人質ビジネス 年間50億円の“冷血” (週刊朝日)

 イスラム国 残虐な処刑法と洗練されたメディア戦略 (アエラ)

 それに対して、我が国の首相ときたら・・・。

 安倍外交が「イスラム国」のテロを誘発した (東洋経済オンライン)

 日本人拘束 安倍首相のバラマキ中東歴訪が招いた最悪事態(日刊ゲンダイ)

 首相のうっかり発言が致命傷に 安倍外交慢心と誤算 (週刊朝日)

・・・私も、この首相の演説をニュースで知ったとき、最初に浮かんだのが「飛んで火に入る夏の虫」という言葉だった。

 想像力なさすぎ!配慮なさすぎ!

 日本は、まだ、イスラム国などと対峙できるような状況にはない。

 それなのに、集団自衛権など認めてしまったら、一体どうなることか・・・。

 アメリカやイギリスのように、断固テロと闘う!と気勢を上げるのはカッコいいかもしれないが、これから中近東方面(中近東方面に限らずかも)に海外出張や旅行に行く民間人のことも考えるべきだろう。

 あのような場であのような演説をするのなら、もう一度選挙でもやって日本国民の了解を得てからにしてもらいたかった。

 このような首相のもとでは、日本国民はこれからどんな災厄に巻き込まれるか分かったものではない。

 今はまず人質の解放に向けて尽力して頂くしかないが、いずれこの責任はきっちり取ってもらいたい。

 一刻も早く、後藤さんが解放されることを願います。

« 怖ろしき集団的自衛権。 | トップページ | 最悪の結末。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/61047755

この記事へのトラックバック一覧です: 「飛んで火に入る夏の虫」だった首相。:

« 怖ろしき集団的自衛権。 | トップページ | 最悪の結末。 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報