マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 「尾張名古屋は城でもつ」というけれど。 | トップページ | 日経記者を見直した!? »

2014年6月15日 (日)

雑草魂。・・・Twitterもどき(6月15日午後2時30分)

 6月もはや半ば。

 先週は、法曹養成制度の関係で、色々な動きがあったようだ。

 司法予備試験の受験制限「困難」 政府見解、法曹志望者減を懸念(47ニュース)

 予備試験制度見直しを 法科大学院が提言 (NHKニュース)

 こういうニュースを読むと、私はなんだかユウウツになってしまう。

 政治家の皆様、早くなんとかして下さらないか。

 これでは、これから法曹を目指す人たちにあまりに気の毒すぎる。それに、これでは、志のある優秀な人たちがますます法曹界から離れていってしまうだろう。

 なんといっても、今の制度は法曹志望者のみならず国民にとっても不合理すぎる。

 大体、難関の予備試験を受け、更に難関の司法試験を二重に受けなければならないというのは、並はずれた体力や気力がいることなのに、あえてその途を選んだ人たちに、「予備試験受験資格の制限」や「予備試験の更なる難関化」という負担を更に課す必要があるのだろうか。

 少なくとも、予備試験受験資格に「資力要件」を加えることはおかしい。法学部生だろうと法科大学院生だろうと、親には資力はあっても、ご本人には資力がないことが殆どだろう。法学部生や法科大学院生が「早く司法試験に合格して法曹になりたい。法科大学院の高い学費を親に払ってもらうのは辛い。」と思って、予備試験合格をめざすことをどうして「抜け道」などと咎めることができるのか。

 予備試験合格ルートで法曹になった方々が、法科大学院卒業ルートで法曹になった方々よりも能力や識見において劣るというのなら別だが。しかし、実際には、法科大学院の教授をされているような方々の所属する法律事務所だって、就職希望者が殺到するような大事務所だって、こぞって予備試験合格ルートの司法修習生を優先的に採用しているではないか。それは、予備試験合格者の方が、法科大学院卒業者よりも、優秀であるという判断があるからだろう。それがまた予備試験の人気を呼んでいる。

 法曹養成制度に携わっている方々は、予備試験を合格して法曹を目指そうという人たちを後押しこそすれ、その足を引っ張ろうというのはおかしいと思う。

 かつて法科大学院協会は、司法修習生の給費制維持に反対した。私は、これには驚いた。自分たちの教え子が給費を受けられなくなってもかまわない、という立場を取られるとは思ってもみなかった。

 そして、今度は、予備試験の制限の陳情である。

 この方々は、本当に法曹志望者のことを考えているのだろうか。

            clover

 1ケ月前に植えたサツマイモの苗がこんなに大きくなっていた。これなら立派な「緑のカーテン」になりそうだ。

P1030844

 サツマイモは、「苗」を植えるといっても、根の出ていない茎を土に植えるだけなのです。つまり、挿し木のようなもの。

 こんなんで、根が出るのだろうか・・・と思っていたのですが、ちゃんと発根してぐんぐん伸びてきました。しかも、肥料は殆ど不要。

 (ただ、ゴーヤなどのように支柱にからみつかないので、支柱に縛らなくてはならないのは面倒。)

 まるで雑草のようなたくましさ。普通の土に挿しただけで成長するなんて、雑草以上かも。

 ・・・・・予備試験合格ルートで法曹をめざす受験生の皆さんは、上記の法科大学院側の圧力に負けることなく、このサツマイモのようなたくましさで、成長していって頂きたいと思いました。

« 「尾張名古屋は城でもつ」というけれど。 | トップページ | 日経記者を見直した!? »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

さすがに河井議員もお怒りのようです。

http://ameblo.jp/katsuyuki-kawai/entry-11879602230.html

制度の見直しも必要だか、現弁護士の横領事件もあとをたたないのだから、弁護士会のありかたを考えるべきだ。

 今回の先生の記事内容といいますか、おっしゃっていることは、まさに正論、これこそ誰にも通用するまっとうなご意見だと思うんです。
 法科大学院推進派や日弁連は、先生のような志願者側のビジョン,広くは法曹界、国民側の利益を考えるという発想が欠如しているんですね。利害ばかりでバランス感覚を失しているというか。
 でも、表だって異を唱える先生が少ないので(活動されている先生は尊敬しています。)、多くの人は権威、多数派にながれるというか、そちらが正しいような錯覚を起こしがちです。実質的には多数派ではないんですが。少数権威派というか。。
見えない思想統制をされているようなそんな気がするのは私だけでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/59819400

この記事へのトラックバック一覧です: 雑草魂。・・・Twitterもどき(6月15日午後2時30分):

« 「尾張名古屋は城でもつ」というけれど。 | トップページ | 日経記者を見直した!? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報