マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

やっぱりなあ。・・・飯塚事件の再審請求棄却決定。

 こちらの記事が、決定骨子を伝えている。

飯塚事件の再審請求棄却 福岡地裁 弁護側、即時抗告へ (朝日新聞)

2014年3月31日11時31分

 この飯塚事件では、既に死刑が執行されている。もし、この事件で再審開始決定が出ていたら、袴田事件以上に大騒ぎになっていただろう。 

 決定骨子には、

◆被害女児などに付着していた血液の血液型鑑定について、弁護団の鑑定書は再鑑定や実験結果に依拠しておらず、採用できない。

 とあるが、弁護団は再鑑定しようにも、試料が残っていないので、再鑑定ができないのになあ・・・。

 他の状況証拠だって、それほどの決定打ではなかろうに。

 こういう事件で、どうして死刑執行を急いだのか。それこそが、一番の問題である。

飯塚事件の再審請求は棄却。

飯塚事件の再審請求を棄却=08年に死刑執行、2女児殺害-福岡地裁

2014年3月31日(月)10時21分配信 時事通信

しかし、再審請求審では、鑑定で犯人の血液などが使い切られ、弁護団は再鑑定できなかった。 

 袴田事件とは明暗を分ける結果となった。 

  ・取り調べの全面可視化

  ・検察側の証拠の全面開示

 そして、

  ・DNA鑑定等の追試のために試料を残す

ということは、絶対必要なことだし、世界の先進国の刑事司法において当然に要求されていることだと思う。

 足利事件にしろ、東電OL殺人事件にせよ、袴田事件にせよ、DNA鑑定の技術の進歩だけがえん罪の決め手となるわけではない。

2014年3月27日 (木)

袴田さん釈放 !

袴田さん釈放、拘置所出る(共同通信)

 早い!

 ・・・こういう裁判官もいるんだなあ。

袴田事件の再審開始決定!

袴田事件の再審開始決定、釈放へ 証拠「捏造の疑い」 (朝日新聞デジタル)

       2014年3月27日10時55分 

村山裁判長は「捜査機関が重要な証拠を捏造(ねつぞう)した疑いがあり、犯人と認めるには合理的疑いが残る」と判断。「拘置の続行は耐え難いほど正義に反する」と刑の執行停止(釈放)も決めた。

 よくここまで判断したものだ。裁判官の英断だ。

 熊本典道元裁判官の心中はいかばかりか・・・。

河井克行議員の法務委員会での質疑・・・参考人佐藤幸治教授、青山善充教授

ユーチューブの平成24年3月23日【法曹人口】衆議院法務委員会 河井克行議員の質疑

http://www.youtube.com/watch?v=2zku99scsuQ

 河井議員、頑張っておられるなあ。現状をよくご存じのようだ。

 これに対して、佐藤教授は「2割司法」とか「企業内弁護士の増加」とか、情報が古すぎる!

 たとえば、愛知県弁護士会の法律相談センターの相談件数は(宣伝費を増やしているのに)激減していること、先日の67期司法修習生を対象とする就職説明会には全国各地から104名の修習生の参加があったのに対し、採用側としては21の採用希望事務所と2つの採用希望企業しか参加がなかったということをご存じか。

 ・・・時間がなかったので仕方がないが、佐藤教授と青山教授の発言には、河井議員のみならず、反対尋問をしたいと思った弁護士は大勢いることだろう。

2014年3月26日 (水)

自民党のHP等で分かること。

自民党HPの会議情報の3月28日欄にこのような記載がある。

◆政調、司法制度調査会・法曹養成制度小委員会合同会議
  14時(約1時間) 704
  議題:法曹人口・司法試験合格者数に関する緊急提言(案)について 

 やはり緊急提言をまとめる予定のようだ。

 この小委員会の座長は古川俊治議員のようだ。

 古川議員のフェイスブック→https://ja-jp.facebook.com/furukawatoshiharu

 昨年12月4日に

本小委員会では、
・法曹人口の在り方
・法科大学院の再編・統合
・予備試験制度の在り方
・司法修習生の経済的負担を軽減する方策
について検討を進め、来春を目途に提言を纏める予定です。 

 との記載がある。

  ところで、古川議員と司法制度調査会の現会長の丸山和也議員は、かつて当時の法務大臣鳩山邦夫氏(現在は司法制度調査会顧問)宛てにこのような意見書を提出していた。

 http://www.moj.go.jp/content/000036351.pdf

 そして、古川議員は、かつてそのブログでこのようなことを書かれていた。

 私の過去のブログ記事→古川俊治参議院議員のブログでも。  参照

 しかし、司法制度調査会の現会長の丸山和也議員は、上記意見書の提出後、なぜかこのような見解に変わったようだ。上記意見書の内容とは、随分意見が異なるようだが。

http://www.bengo4.com/feature/spinterview/maruyama02

http://www.bengo4.com/topics/177/

 (いずれも弁護士ドットコムのHPより)

 さて、3月28日にはどのような緊急提言がまとまるのだろうか?(本当にまとまるのか?)

 でも、私は、日弁連執行部よりも政治家の皆さんに期待しています!

2014年3月23日 (日)

自民党司法制度調査会の法曹人口についての提言はどうなるのだろうか。

 もうすぐ3月も終わる。

 河井克行議員のブログ「あらいぐまのつぶやき」によれば、

 自民党司法制度調査会は三月中に法曹人口についての提言を取りまとめることになりました。

 待ったなし法曹養成・法曹人口の抜本改革~①合格者数は当面年間五百人以下に~ より

 ということだ。

 自民党の司法制度調査会のメンバーは、こちらで見ることができる。

 https://www.jimin.jp/member/officer/pdf/chosakai20140315.pdf

  意見が割れそう・・・。

  果たして、本当に3月中に提言は発表されるのだろうか。注目である。

2014年3月22日 (土)

お彼岸・・・Twitterもどき(3月22日午後10時10分)

 お彼岸ということで、昨日は覚王山の日泰寺に参拝に行った。

 P1030509

 境内の白梅が満開だった。境内には、八百屋さん、植木屋さん、魚屋さん、乾物屋さんなど、様々な屋台が並んでいた。

 お参りの後、屋台でたくさん買い物をする。野菜などは、やっぱり安い。

 翌日には、今度は、お千代保稲荷へ。

P1030512
 

 あいかわらずの不思議空間だった。

 今年は、ここに初詣でに来られなかったので、お詫びをする。

 風が強く寒かったが、それでも参道は結構なにぎわいだった。

 植木屋さんには、こんなきれいな「しだれ梅」も売っていた。

P1030513

 でも、やっぱりお目当ては、野菜、果物、草餅、漬け物などなど・・・。やっぱり、名古屋市内のスーパーよりも格段にお安い。

 散策しながら、しこたま買い込み、途中で名物の串カツ(1本80円)も食べ、その後に恒例のなまずランチへ。

 P1030519

  お庭にも春の日射しが。

 P1030518_3

・・・お寺に行き、お稲荷さんに行き、食料品の買い出しをし・・・。

 毎年こうしてお彼岸は過ぎていく。

 花粉症のための鼻閉に悩まされつつも、明日からは少し仕事モードに戻らねば。

2014年3月20日 (木)

ついに、花粉症か。・・・Twitterもどき(3月20日午後11時15分)

 きょうから短い休暇を頂いているのだが、2週間程前から鼻づまり(片方のみ)がだんだんひどくなり、鼻血が出たり、少し頭が重く感じるようになったので、午後からいつもの耳鼻科に行った。

 午後の診察が始まる少し前に行ったのだが、既に数人の患者さんが待っていた。そして、受付をすませ、診察開始時刻が近づくと、ぞくぞくと患者さんがやってきた。

 あっという間に、20人以上の老若男女で待合室が一杯になった。本当に子供からお年寄りまで、いろいろな年齢層の人たちが集まっている。

 花粉症の季節を実感する。

 私は、今まで自分が花粉症と思ったことがなく(もしかしたら、そうだったのかもしれないが、あまり自覚がなく)、花粉症だったとしても鼻水がちょっと多い程度で症状は軽いものだった。しかし、今回は、鼻閉がかなり辛くなってきたので(特に、夜間)、もしかしたら花粉症の症状なのかもと思い、受診した。

 早めに受け付けをすませたので、幸いあまり待たずに診察の順番になった。

 先生「どうされましたか。」

 私「この間のインフルエンザはイナビルがとてもよく効いて、直ぐに治りました。でも、今回は鼻づまりがひどくて・・・」

 先生「イナビル、効いたでしょう。鼻づまりはいつから?」

 私「2週間位前からです。」

 先生「それは花粉の到来の時期と一致しているので、おそらく花粉症でしょう。検査したことは?」

 私「ずいぶん前に検査を受けたような気がします。」

 先生「そんなに前なら、改めて検査しましょう、いいですね。」

 私「・・・はい。」

 そして、鼻閉の検査のために、まずファイバースコープが両方の鼻の穴につっこまれる。眼の前に映し出される画像を示しながら、先生が「つまっていますね。」と言われる。確かに腫れているようにも見えるが、私にはよく分からない。

 次に、「レントゲンを撮ってみましょう。」と言われ、しばらく待った後、顔面のレントゲン写真を撮影され、その後の診察では画像を見せられながら「きれいなので、蓄膿症ではないですね。」と説明される。これには、ホッとする。

 しばらく吸入した後、血液検査を受け、1週間後検査結果を聞きに来ることになる。

 ひとまずということで処方されたのが、点鼻薬(リノコート)とタリオン。

 精算のときに請求金額が高かったので、明細書を見ると、アレルギーの血液検査が高いのだった。

 まず、花粉症に違いないと思うが、ダニ等が原因のこともあり得るので、検査は仕方がないとは思うが、やっぱりこの検査料は高いよなあ・・・と思う。

 それにしても、ものすごい患者の数だった。30人近くはいたのではないか。

 先生は、ものすごいスピードで患者を次から次へと診察する。ゆっくり会話ができる雰囲気ではない。これだけ患者数が多ければ、待ち時間を短くするために仕方がないのだろう。

 インフルエンザのときには、それほどの患者数ではなかったのだが。

 私の症状は、まだ鼻づまり程度(くしゃみも、痒みもなし)だが、改めて花粉症の脅威というものを実感した。

 しかし、この時期、耳鼻科の先生は超絶に忙しいのだろうなあ。でも、私の治療費から推測するに、短時間のうちに大層な収入になりそうだ。そこが、弁護士とは全然違うところだな。

マスコミはもっと法曹養成問題を取り上げてほしい。

FNNニュースで、こんな放送がされたそうだ。私は、見損なってしまったが。

法曹の卵」が直面する、厳しい現実を取材しました。 (FNNニュース)

4年前までは、司法修習生にも、月およそ20万円の給与が与えられていた。
しかし、国の財政難などの理由から廃止され、現在は自己資金か、桐山さんのように貸与制を利用しなければならなくなった。
この貸与制を利用しているのは、司法修習生の85%。
借金の平均額は、340万円となっている。
貸与制の第1期生だった野口景子弁護士の周りには、お金が工面できず、弁護士の夢を諦めた友人がいたという。
野口弁護士は「親御さんの非常に経済的な状況が厳しくて、法律家、最終的に修習生になることをやめてしまったっていう子がいました。大学・ロースクールまでの奨学金と、それから貸与金の300万円をあわせて1,000万を超えてる人って、すごくざらにいるんですね」と話した。

 この貸与制では、身内に連帯保証人になってくれる人がいない場合、オリコが連帯保証人になるのだが、オリコはもちろん保証料を取るし、司法修習生がやがて裁判官や弁護士になると、オリコは原告や被告や、相手方当事者になることもあるわけです。

 そして、司法試験に合格した司法修習生はこのような借金まみれの待遇に置かれるのに、司法試験合格者数が極めて少ない法科大学院にも手厚い国からの補助金が与えられているわけです。その補助金は、殆どが法科大学院の教員の給与に消えていくのでしょう。

 黒猫さんが、かつて法科大学院卒業の司法試験合格者1人当たりに支払われる国からの補助金を算定してくれました。

 法曹1人を養成するのにかかる国費はいくら? (黒猫のつぶやき)

 1人当たり、1000万円、2000万円を超している私立の法科大学院もあります。

 おそらく、新潟大学法科大学院のように、学生の数よりも教員の数の方がはるかに多い法科大学院も相当数あるのでしょう。

 この国費を司法修習生の給費にまわす方が、はるかに有意義な法曹養成になると思うのですが。

 借金まみれの弁護士ばかりじゃ、国民も安心して仕事を任せられないと思うのですが。

 ・・・・・こんなふうに思うのは、私の「心の貧困」によるものなのでしょうか。 

2014年3月19日 (水)

たった1人の学生に先生が21人以上!?

新潟大学法科大学院もとうとう廃止が決まった。

 新潟大法科大学院 入学者減で廃止へ (読売新聞)

 新潟)新潟大法科大学院が募集停止 15年度から (朝日新聞)

 朝日新聞によれば、今年4月の入学者はたった1人だったそうだ。

 こんな立派なホームページもあるのにねえ・・・。

  新潟大学法科大学院

 専任教員は21人もいらっしゃる。

 新潟大学法科大学院 教員紹介

 「裁判員制度の正体」の著者の西野喜一先生も専任教員をされていたということを初めて知った。ちょうど、今年度限りで定年退職されるようだが。

 たった1人の入学希望者は、どうするのだろうか。

 もし入学をしたら、やっぱり21人の専任教員+非常勤教員が対応するのだろうか。

 ・・・どうして、こんなに入学希望者が減ってしまったのか、その分析こそが必要だと思う。

 (過去の私の関連記事)

 二弁の「データでみる『法曹志願者の激減』」・・・これは読んでおくべきだと思う。

2014年3月14日 (金)

こんなパンフ作っている場合だろうか!?

 日弁連の立派なパンフ。最近、配布されたもの。

 表題がなければ、観光会社作成の仙台観光のパンフレットかと思っただろう。

 (人権大会の厚手の紙の豪華パンフには負けるが。)

P1030506

 一応「被災地学びのツアー」なるものが企画はされているが、やっぱりいつものゴルフツアー企画も。

P1030507
 

 観光名所案内も。

P1030508

 定期総会の案内なら、メールで足りるんじゃないの?
 

 一体このパンフレット作成や総会の開催費に、会費がいくらつぎ込まれたのやらangry

              libra

 最近、事務所にはヘンな電話、メール、ファックスが多い。

 私の事務所だけかと思っていたら、そうではないらしい。

 HARRIER弁護士の作成された意見書にも記載があった。

 非弁提携に安直に乗ってしまう可能性がある(独立してわかったが、最近そのような勧誘が多く、中には新人なら引っかかってしまうのではないかと思われるようなかなり巧妙なものが見受けられる)

 業務提携で「WIN-WIN」を・・・なんたら・・・というヘンなファックスも来るし。

 きっと今、弁護士はよいカモだと思われているんだろう。

 これだけ、あちらも力を入れているということは、きっとそれだけの見返りもあるんだろうし。引っかかっている弁護士も一定の割合でいるということなのではないだろうか。

 弁護士会は、こんな豪華パンフを作る余裕があるのなら、

  「弁護士向け悪徳商法にご注意を!」

 というパンフでも作ったらどうなんだろう。

2014年3月13日 (木)

福岡でも弁護士会館問題が発生しているのか・・・。

 少し仕事が一段落したので、弁護士法人 向原・川上総合法律事務所/福岡の家電弁護士のブログのHARRIER弁護士の

県弁全体MLに流した意見書をアップしました。

若手が集まらない原因募集。 を読んだ。

 さすが、カラーや図表を使った美しい意見書ですね。世代の違いを感じます。

 私も、こういう意見書(紙媒体ですが)やチラシを、若いとき、何度も作りました。ちょっと、当時のことを思い出してしまいました。

 一つは、民事負担金増額(弁護士会の法律相談センター経由で事件を受任したときに報酬の1割を弁護士会に収めよ、というもの)が提案されたとき

 一つは、都市型公設事務所を名古屋市内に作ろうという提案がなされたとき

 どっちも、幸い運動の成果が上がって、常議員会決議にまで至らず、執行部が採用を断念してくれました。

 この二つを阻止できたことを、私は今改めて本当によかったと思っています。

 民事負担金が増額されていれば、過払いバブルの前でしたので、その後の過払金請求事件の増加で弁護士会は増収になったかもしれません。でも、きっとそのお金は、新会館建築費等に充てられてしまっていたでしょう。今頃、大阪弁護士会館に負けないくらいの、豪華な愛知県弁護士会館が建っていたかもしれません。あるいは、何千万円もかかる効果不明のCM制作費に充てられてしまっていたかも。

 名古屋市内に都市型公設事務所が出来ていれば、公設事務所は一時は過払いバブルで黒字だったでしょうが、今ごろは赤字を出して会の財政を圧迫していた可能性が高いと思います。

 この二つを阻止するために、大勢の会員のお力を得ましたが、私自身も多大な時間と労力をかけました。

 HARRIER弁護士は、正論を堂々と述べられて、若手に声をかけておられますが、私も当時同じことを考えました。

 しかし、弁護士会や弁護士の組織というのは、極めて特殊なのです。弁護士同士のつながり(典型的なのは派閥、そして仕事をまわしてもらったり、一緒に何かと闘ったり、あるいは一緒に遊んだり等)を、うまく利用しないと、なかなか執行部の提案(明らかにそれが愚策であっても)を阻止できないのです。

 当たり前の正論を作戦なくいくら訴えても弁護士集団では通用しないということを、私は身をもって知りました。

 こういう部分について、運動中、先輩の先生方にはいろいろ実戦的なことを教えて頂きました。

  若いHARRIER弁護士が、こういう運動をされるのは心強い限りですが、あまり若手に直接何かを求めても難しいので、からめ手から攻める等の作戦も考えてみた方がいいのではないかと思いました。

 そして、若手の先生方も、自分たちの長い将来を考えて、今の人間関係だけを維持出来ればそれでいいのか(果たして何時までそれが続くでしょう?)を熟考して、執行部の言いなりになっていればいいのか、よく考えて頂きたいものだと思います。

2014年3月12日 (水)

残業続き。・・・Twitterもどき(3月12日午後3時50分)

 ここのところ、確定申告の作業もあり、急ぎの仕事や期限の迫っている仕事があったりして、残業が続いた。

 昨夜も11時頃まで事務所に残って書面を作成した。

 ・・・かなり疲れがたまっているが、淡々と仕事はこなすしかない。

 一山越えたら、少し休暇を頂く予定だが、一山越えたら、また次の山が待っているんだよなあ・・・。

 

2014年3月11日 (火)

ウルトラブック?

 ずっとノートパソコンを買っていなくて、浦島太郎状態だったのだが、最近は携帯用の薄くて軽いノートパソコンのことをウルトラブックというらしい。

 私は、ずっと携帯用のノートパソコンとしてバイオを使っていたのだが、ディスプレイと本体の付け根が一部裂けてきて壊れてしまった。

 大きいノートパソコンはあるので、まあいいか、と思っていたのだが、 XPのサービス終了と消費税の増税があるので、この際、携帯用のノートパソコンを購入することにした。

 目標は、丈夫で長く使え、軽くて、早いこと!できれば、デザインがよい物。

 仕事の合間にネット情報を探ってみたが、皆さんいろいろなことを言っておられて、まるで迷路に迷い込んでしまったよう・・・。

 もう、またバイオでいいか、とも思ったが、バイオはおしゃれで画面も美しくキータッチがよいのはいいのだが、やはり強度に不安が残る。

 NECのは軽さが素晴らしいが、やはりこんなに軽くて薄いと、ハードに酷使しようと思っている私には不安が残る。

 どこも頑丈だと宣伝しているけど、バイオの経験があるからなあ・・・。

 で、結局、一番頑丈そうに見えるデルのXPS13を選んだ。

 ネット上の評判では「堅牢」ということには皆さん異論はないようだったので。

 ちょっと重いのが残念だが、私の場合、普段から重い紙記録を持ち歩いているので、この位の重さ(1㎏ちょっと)はまあガマンできるかと。

 早さのために、ちょっとスペックは贅沢をしたが、割引があったので有り難かった。

・・・今まではノートパソコンの立ち上がりの遅さから、ついつい本当のノートにメモとなっていたのだが、これなら立ち上がりが早いのでメモにも大いに利用できそう。

 実際に届くのは3月の末になりそうだが、このウルトラブックのおかけで、ちょっとはヤル気がデルかなあ・・・delicious

2014年3月10日 (月)

春の日は過ぎゆく。・・・Twitterもどき(3月10日午前10時10分)

 土日でなんとか確定申告は終えたけど、準備書面はまだ書けていない。

 きょうは1日集中して頑張りたい。

              sun

 昨日はよいお天気で、名古屋ではマラソン大会が開かれていたようだ。確定申告の準備のために車で事務所に向かう途中、何度も通行止めにあうわ、渋滞に巻き込まれるわ、で大変だった。・・・正直、こんな年度末の慌ただしいときに都会でマラソンやらなきゃならないんだろうか、と思った。

 とにかく確定申告は終えてヤレヤレ。でも、大事な準備書面をこれから書かなきゃならないし、いつになったら春を楽しむことができるのだろうと思う。

 昨年も頑張ったと思うのだが(たくさんの準備書面を書いた)、収入にはあまり結びついていないような・・・。

 

 「はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざりぢっと手を見る」

 ・・・裁判所にも、依頼者にも、そして国民にも、こういう弁護士の苦労って分かってもらっていない気がする。

 

2014年3月 9日 (日)

生活防衛・・・消費税増税目前。

 先週からは、仕事、確定申告、それに買物!のために超忙しい・・・ gawk

 楽天のスーパーセールも利用させてもらった。

 壊れたまま買い換えていなかった携帯用のノートパソコンもメーカーの割引キャンペーンにつられて購入してしまった。

 当分の間、絶対必要になる日用品や事務用品は買い溜めしておくつもり。

 ・・・消費税が増税になってからは、一挙に買い物熱は冷めるな。

(追記)

 ツイッター下さった司法書士さん!

 別に駆け込み需要詐欺にはひっかかっておりませんので、ご安心を。

 ちゃんと値段をチェックしながら、高くなっているような物は購入していませんから。

 私は、その点かなりシビアな方なので・・・。

 今は、ネットユーザーは相当値段のチェックには厳しいので、逆に小売店の方が厳しくなっていると思います。

 消費税増税後は、一気に需要は冷え込むでしょうね。

 

2014年3月 8日 (土)

確定申告もしなきゃならないし、準備書面も書かなきゃならないし。・・・Twitterもどき(3月8日午前10時10分)

 相代理人が「弁護士会の委員会の仕事で忙しい」と作成が遅れた準備書面を検討し、大幅に補充している。

 しかし、本当は週末には確定申告の準備をする予定だった・・・。

 こんなことなら、もっと早く、余裕のあるときに自分で準備書面を書いておくのだった、と後悔する。

 ・・・おまけに、慣れない一太郎を使わなきゃならないし。どうして、弁護士って、皆一太郎が好きなのだろう。XPから7に移行するときも、オフィスだけでなく一太郎のソフトも購入せざるをえなかった(これが結構お高い)。

 一緒に仕事をする以上、互いの都合も考慮せざるをえないことではあるが、なんだか「弁護士会の仕事」に間接的に協力しているような気になってしまう。

 弁護士に報酬を払っている依頼者に対しても、共同受任者に対しても、「委員会の仕事で忙しい」は本業の手抜きの理由にはならない。

 弁護士会は、若い先生方に、無理な仕事を押しつけないでほしい!

2014年3月 2日 (日)

確かに上手なかわし方だった。

浅田真央 失言した森元首相へのコメントは大人力で金メダル (NEWS ポストセブン)

 外国特派員協会での浅田選手の記者会見の様子は私もテレビで見た。

 よくもまた、こんな質問をズケズケとするものだなあ、とまずビックリ。

 しかし、浅田選手は、終始にこやかに(けど「チラリと皮肉もこめて」)、うまくかわしていた。

 ・・・・・東京五輪・パラリンピック組織委員会会長を務める森喜朗氏と、どっちが大人なんだか。

  こういう「肝心なときにいつも失言する」お方に、こんな要職を任せておいていいものか。他にもっと適任の方がおられるのではないでしょうか。

2014年3月 1日 (土)

春は近いのか?・・・Twitterもどき(3月1日8時20分)

 昨日は、東京に出張した。一時雨の予報もあったが、雨は降らず、しかも意外に暖かかった。

 でも、日陰には、まだ雪山が残っていた。

 お昼どきに出発したので、久しぶりに新幹線内で駅弁を食べる。

P1030501

 1200円とちょっと高かったのだが、名前に惹かれて買ってしまった。

 中身はバラエティー豊富。

P1030505

 とっても美しい。本当の「伊勢めぐり」をしたいと思っているのだが、一体いつのことになるのやら・・・。

・・・新幹線だと、多少揺れても酔わないし、こういう食事もできるのが、ありがたい(私は、あの「しなの」の揺れはどうしても身体が受けつけない)。

 品川で乗り換え。キャリーバッグを持っての往復合計8回の乗り換えというのは、ちょっとしんどかったが、それでも乗り物酔いの苦しさに比べれば楽なものである。 

 事務所に戻ったのは午後8時過ぎ。来週早々に急ぎの仕事があるので、午後9時過ぎまで事務所で書類をチェックした。

 今週は忙しくて、大変疲れた。今週は、書面書きよりも、人としゃべることの方が多かったか。

 土曜日は家にこもって思い切り好きなことをして休み(誰ともしゃべりたくない気分)、日曜日は掃除、洗濯、片づけ、+仕事を少々 の予定だ。

 確定申告が済み、もう少し暖かくなったら、仕事抜きの小旅行でもしたい。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報