マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 自作のリメイク缶に多肉植物を寄せ植えしてみる。 | トップページ | さぼてん村へ行ってきた。 »

2014年1月 8日 (水)

日本の法律扶助制度と比較してみる必要はあるものの・・・。

 イギリスは違うなあ。

 英で法廷弁護士が異例ストライキ 法律扶助費の削減に抗議(47ニュース)

 イギリスの司法制度や法律扶助制度がどうなっているのか、もう少し詳しい報道がほしいところだが。

 イギリスでも弁護士が増えすぎて大変なことになっているというのは、ちょっと前に資料を読んだ記憶がある。

 私も弁護士に成り立ての頃、否認事件の国選弁護の報酬があまりに低いので、委員会で「ストでもやったらどうなのでしょうか」と(半ば本気で)提案してみたことがあるが、一笑に付されてしまったことを思い出した。

 司法予算は増やさないまま弁護士の数だけ増やしたところで、国民のためになる充実した弁護活動ができるはずがない。

 真面目に丁寧な仕事をすればするほど赤字になってしまう法律扶助事件。

 弁護士に対して、一方では市場原理に基づく激しい競争を求めながら、他方で公共奉仕や事実上ボランティアとなる仕事を強いるというのは、矛盾している。

 今年も時間のあるときにこの問題についても記事を書いていきたい。

 

« 自作のリメイク缶に多肉植物を寄せ植えしてみる。 | トップページ | さぼてん村へ行ってきた。 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/58904642

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の法律扶助制度と比較してみる必要はあるものの・・・。:

« 自作のリメイク缶に多肉植物を寄せ植えしてみる。 | トップページ | さぼてん村へ行ってきた。 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報