マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月27日 (金)

仕事納め。・・・Twitterもどき(12月27日午後4時5分)

 きょうは午前中は事務所の大掃除。

 私は、午前中は仕事(結構電話がかかってくる)をし、事務員の給与計算等もし、事務員らと一緒に会食後、午後からは銀行へ。

 先方の都合でこの年末の忙しいときに多額の決済があり、依頼者に年内に振り込んで支払おうと銀行に行ったら、銀行は案の定ものすごい込みようだった。

 待たされた上に、振込先口座の確認などに手間取って大変だった。

 事務所に戻って、ようやく自分の机まわりの書類の整理やかたづけに着手。

 しかし、きょうは疲れてしまったので、早めに切り上げて明日またかたづけよう。

 自宅の大掃除はいつのことになるのやら・・・。

  

2013年12月25日 (水)

ようやく年賀状を発送。・・・Twitterもどき(12月25日午後2時10分)

 ようやく年賀状を発送することができ、ホッと一息である。

 今年はバタバタしていて、年賀状の名簿の修正等が遅くなってしまった。

            bud        

 窓辺のサボテンたち。

Sabo1

 これが一番のお気に入りかな。コーン缶をリメイクしたものに、100均サボテンの金盛丸を植えたもの。 

Sabo3

 まん丸いサボテンを眺めていると、なんだかホッとする。

 仕事納めまで、あと少し。

 ・・・ついこの前、正月だった気がする。

 年を取るのに正比例して1年が短くなっているような。

2013年12月19日 (木)

リメイク缶づくり。

 最近、はまっているのがこれ。

 空き缶をちょっとアンティーク調にリメイクして、植木鉢や小物入れ、花瓶などに利用するというもの。

P1030378

 スイートコーンの空き缶とホイールトマトの空き缶をリメイクして、ベランダのつたを切ったものをさしてみた。このラベルは、無料素材集からプリントアウトしたもの。 

P1030373

 こちらは、小さなスイートコーンの空き缶をリメイク。ラベルは、セリアのシールだが、まだきちんと貼り付けてはいない。サボテンもセリアで購入したもの。これは試作品で、これからプレゼント用にたくさん作ってみようかと思っているもの。

P1030376

 これが材料。ダイソーのアクリル絵の具にハムスターの砂浴び用の砂(細かいのでピッタリ)を混ぜて塗りつける。缶は普通の缶詰の空き缶。材料費はとってもお安い。

 多肉植物を植えるのに作っておられる方のブログを参考にさせてもらった。はやっているらしく、リメイク缶の作り方について説明のあるホームページは一杯ある。

 いずれ錆びるだろうから、耐久性には欠けるかもしれないが、捨ててしまう空き缶もこうやってちょっと手をかけると、立派な小物になる。

 ほんとうに短時間にテレビを見ながらでも楽しく作ることができる。

 最近は、空き缶を見ると、やたら塗りたくなってしまう。

2013年12月16日 (月)

この時期になると、またか。・・・Twitterもどき(12月16日午後12時55分)

 なぜか、過去の青嶋ひろのさんの記事について書いた過去の私の記事のアクセス数がアップしている。

 理由は直ぐに分かった。

 今度は朝日新聞の記事なのね。

 オリンピックの前になると、こういう記事を書く人なのだろうか・・・。

 「表現」にはいろいろな種類があると思うし、選手ごとに「持ち味」は違うのだし、観客の方にも「好み」があるのだし、あんまりこういうふうに決めつけるのってどうなんだろう。

 フィギュアスケートのライターなら、やっぱり素人には分からない技術的なことを分かりやすく説明してほしいし、表現について語るにしろ、こういう主観的な抽象的な評価ばかり押しつけられると、やっぱり反発を招くよなあ・・・。

 朝日新聞も考えた方がいいんではないか。

 あっ、朝日新聞だからか・・・gawk

注:司法改革についての朝日新聞の独善的な社説は多くの弁護士の反発を招いているのです。

2013年12月14日 (土)

「片手に正義、片手に財布」と「片手にピストル、心に花束」

 「片手に正義、片手に財布」というのは、弁護士の仕事について先輩弁護士から聞いた名言。 

 弁護士は、両手でこの危ういバランスを取りながら仕事をしている、だから、「財布」を重視せざるをえない状況=過当競争によって利益を優先せざるをえない環境 をつくるべきではない、という意味です。

 「片手にピストル 心に花束」というのは、沢田研二さんの歌っていた阿久悠さん作詞の「サムライ」という歌の歌詞。

 「サムライ」業と言われる士業にも共通するものがあるような。

 弁護士に安くて殺傷能力の高いピストルばかりを要求すると、弁護士には「心に花束」なんていう余裕はなくなっていく。

 その結果が弁護士を利用する国民にどういう影響を及ぼすか、政治家はよく考えてほしい。

(他の弁護士の参考記事)

 ブラック企業ビジネス (白浜の思いつき)

 ・・・「両手に財布」になってしまった弁護士たち。

<現金着服か>兵庫県の弁護士、懲戒へ 県警が横領で捜査 ついに若手弁護士も横領するようになったか  (仙台 坂野智憲の弁護士日誌

 ・・・まだ、横領の原因が分かっていないので、このように断言できるかは分からないが。

(余談)

 当時の沢田研二さんがこの歌を歌っている映像を某所で見たが、本当にエンターテイナーでしたねえ。歌を歌いつつ全身で演技をしていた。

 当時は中性的でドギツクて下品と思い、好きではなかったが、今見ると新鮮で魅力的に思えてしまう。

 こういう歌手って今いないなあ。

 ・・・今は昔。

業者さんたちの報酬と弁護士の報酬。・・・Twitterもどき(12月7日12時10分)

 ようやくマンションの配管工事の補修や管理会社のチェックが終了した。

 配管工事の際に給湯器の部品が壊れて修理が必要になったり(但し、管理会社の人は工事との因果関係は否定する)、 水栓等を水漏れがあったので交換したりで、結構な費用がかかってしまった。

 その費用を払うのに思ったのは、業者さんたちの日当や経費等は結構高いということ。

 弁護士の場合、法テラスの定める報酬や経費等は多くの場合極めて低い。

 経費が出ないことすらある。はっきり言って、法テラスの報酬基準では、事務所経営者はやっていけない。法テラス事件が殆どの都市型公設事務所も、過払い事件が激減して、今は赤字が多いと聞いている。

 しかも、弁護士会も、法テラスに対抗して、次々と法律相談料を無料にしようとしている。

 ・・・業者さんたちの請求書を見て、「弁護士よりも日当や経費高いよな」と思ってしまう。

 こんなんじゃ、高い学費を払って法科大学院に行き、修習地も選べないのに給料の出ない司法修習を受け、長年かけて弁護士なんかになるものじゃないよな。しかも、弁護士登録しても、法律事務所に就職してOJTを受けられるかどうかも分からないのだし。おまけに弁護士登録時には弁護士会に登録料を払い、その後も弁護士会館の積立金(これが大抵はうん十万円)を払い、毎月数万から十万円程度の弁護士会費を支払わなければならない。

 内装、水道、電気工事業の皆さんは別にそんなに資格取るのに費用も時間もかかってないと思うんだけど、やっぱり仕事だから、それなりの日当や経費を請求される。

 しかし、弁護士は「人助け」なんだからと、法テラスは半分ボランティアでも仕事をせよ、という。

 おかしいでしょ、これ。

 私には、まだ2000人以上も法科大学院への入学者がいることの方が不思議である。 

たいへんな1週間・・・Twitterもどき(12月14日午前10時10分)

 今週は、たいへんな1週間だった。どうして12月はこうなってしまうのだろうと、弁護士になってからは毎年思う。

 こんな時期の直前提出書面には、本当に腹が立った。そのせいで、予定がくるってしまった。

 もっとも、私は、直前提出もあり得るのではないかと思い、それなりに反論は考え夕方からの予定は開けていたので、なんとか書面の作成に間に合ったが、相代理人は「まさかそんなことはしないでしょう。」と言っていた。

 人の良心に期待できないのが弁護士の仕事だわ。

 こういうときに、予定が詰まっていたら、どうにもならなかった。

 ・・・そんなこんなで、今週は土日にも頑張らなければならない。

 さしあたって、書類が錯乱している事務所のかたずけと、自宅の掃除・洗濯だな。

 

2013年12月13日 (金)

最終弁論期日。・・・Twitterもどき(12月13日午後5時30分)

  きょうは医療過誤訴訟の最終弁論期日であった。

 ところが、昨日午前中、被告から長い準備書面が1通ファックスされてきた。もちろん、提出期限はとっくに過ぎている。

 年末で、他の事件の期日が入っていたり、押し迫った他の仕事もあり、夕方になってからようやく眼を通すことができた。

 そこへ、また長い準備書面が1通ファックスされてくる。

 明日の午後一番に最終弁論期日だというのに、どういう神経なのだろうか!?

 しかも、今まで出てきていなかった主張まで書いてある。

 今までの弁論期日も期日直前にこういうことが度々あったが、まさか最終弁論期日までこういうことをするとは思わなかった。

 しかし、対処しなければ結審されてしまうので、12時近くまで事務所に残って反論書面を書いた。

 翌日の弁論期日でも、謝りの言葉一つなかった。

 こういう医療機関側の代理人も結構いるのである。

 そして、こういう書面の出し方が、医療裁判遅延の原因の一つとなっている。 

2013年12月11日 (水)

気の滅入る事件。

 この年末に、依頼者も気の毒なことである。

 ご本人が悪いこととはいえ、ご家族もお気の毒である。

 弁護士横領容疑 兵庫県弁護士会が相談窓口を設置(神戸新聞NEXT)

 兵庫の弁護士が預かり金横領 顧客の苦情13件、計数千万円か(産経新聞)

 まだ若い人だが、身近に相談できる同業者はいなかったのだろうか・・・。

 かつては弁護士会は、「ギルド」とか「村」とか言われても、何かと相談に乗ってくれる世話焼き先輩たちもいた。

 しかし、今やそういう人たちもいなくなった。

 そもそも、新人が増えすぎて、顔さえ知らない弁護士が殆ど。

 司法改革、弁護士過剰増員の後は、ひたすら「競争せよ」なのだから、それも仕方がないことだろう。

 今や弁護士会もただ会費を上納させるだけの業界団体に等しいのだから、「倫理研修」なんて形だけのものをやったって効果はないだろう。

 「悪いこと」と分かっていても横領するには、よほどの原因があるんだろうし。単に個人の倫理観を責め立てても予防にはならないだろう。

 競争させればこういう弁護士も淘汰されると言われるかもしれないが、意外なことにそういう弁護士の方が営業能力があったりして(たぶん人当たりがよくて一見感じがいいんだろうな)、大金の預かり金が発生するほど仕事を得て儲かっていたりするのだ。

 そこで、横領の結果で淘汰されるまでには、多くの被害者を出すことになる。

 こういう事件が起こると、何かと弁護士会は責め立てられるが、そもそも弁護士会自体が形骸化してしまっていて、会員の指導・監督などできる状況ではないのだから、弁護士会に文句を言ったってどうにもならない。

 国民の皆様には、消費者被害と同様、弁護士被害からも、自分の身は自分で守って頂くしかない。

 事前規制から事後規制へ、被害を受けたら自分で闘って被害回復をめざせ、というのが今の日本が採用している新自由主義であり、その路線の延長にあるのが司法改革なのだから。

(他の弁護士の関連記事)

新62期弁護士による預かり金横領 被害額は数千万円かSchulze BLOG

 昨日、日弁連のCMについて記事を書いたばかりだが、きょうはこの記事。

 法科大学院には、あのCMとこの記事は、二重のダメージだろう。

2013年12月10日 (火)

ひょっとして別の効果が現れたのかも?!

 Schulze BLOGさんのロースクール志望者激減の記事を読んでこう思った。

 ひょっとして日弁連のCMの効果じゃなかろうかと。 

 (でも願書提出時期からして、実際には関係ないんでしょうが。)

 あのCMを見て弁護士に相談したいと思う人が少ないのと同様、あのCMを見て弁護士になりたいと思う人も少ないのではないか。

(参考記事)【今さらながら】日弁連テレビCMが示すもの

・・・・・ああ、こんなCM作るのなら、会費返して!

こっちの方が怖い!?

 12月は、事件も人も動くので、最近あまりゆっくりテレビを見ていない(あっ、フィギュアスケートだけは見ていたか・・・。今、日本のフィギュアスケートは見応え十分ですから)。

 しかし、たまに見るニュースで流れる猪瀬氏の表情や答弁は、どう見ても普通ではない。相当追いつめられているのでは・・・。誰だか知らないが、顧問弁護士やかかりつけ医の先生はしっかりバックアップしてあげなきゃいかんのでは・・・と人ごとながら思ってしまう。

 あの東京オリンピック招致成功時のはしゃぎ様とはまるで別人ではないか。

 もともと政治家ではないので、こういうリスクに対して脇が甘かったのではないか。

早くも都知事選の動き…グダグダ猪瀬知事ウハウハ舛添元厚労相(週刊朝日)

 朝日は、あいかわらずのストレートな記事。

 でも、私は、こっちの記事の方が怖い。これが事実なら、官僚恐ろしや。

 オリンピック招致で猪瀬氏の力が強まるのを良く思わない人や組織も多そうだし。

「猪瀬都知事×徳洲会」問題が、1年後に表面化した真の理由とは?(週プレNEWS)

 なんだか、この間、NHKがやっていた大石静さん脚本のドラマ「ガラスの家」の官僚みたいじゃないか。

 このドラマは、母が見ていたので時々一緒に見ていたのだが、ものすごい駄作だった。大石さん、NHK、どうしちゃったの、という感じだった。

 でも、官僚(確か財務官僚だったような)が政治家をはめるところなんか、この記事を読むとリアルにあるのかもと思ってしまう。

 小説やドラマでは不自然なことも、逆にリアル社会じゃアリってことあるからなあ・・・。

 結局、今の日本で一番強いのは官僚なのかも。 

2013年12月 7日 (土)

まだ秋?三の丸庭園の紅葉。

 今年は紅葉が遅くまで続いているようだ。

 昨日たまたま通った、三の丸の国税局のそばにある三の丸庭園の紅葉が美しかった。

P1030354

P1030350_3

 門を入ると、まるで京都の日本庭園のよう。

P1030353

 こんな近くに紅葉が楽しめる場所があるとは知らなかった。

 事務所近くのセントラルパークの木々はもうすぐ散ってしまう。

P1030348

 奥にはテレビ塔が見える。

 手前のオブジェは何なのか?

 久しぶりに歩いて、こんな面白いカメラポジションがあるのに気づいた。

・・・きょうは、午後から医療過誤問題研究会主催の医療事故110番に参加し、2件ほど電話を受けた。

 とても深刻なご相談だったので、2件だけでも大変疲れた。

  秘密保護法が成立してしまったが、こんな反対の多い法律をそそくさと成立させてしまうよりも、医療や介護についてもっと国会で審議することがたくさんあるのではないかと思う。

 事務所に戻って少しかたずけごとをし、観葉植物に水をやったりした後、帰宅。

 きょうはテレビでフィギュアスケートを楽しみ、その後は書面書きの仕事。

 これからが12月の正念場。

2013年12月 5日 (木)

いいのか秘密保護法案の強行採決。でも、私の関心はフィギュアとサボテンに。・・・Twitterもどき(12月5日午後11時30分)

 私はあまりこの法案について勉強していないが、それでも構成要件が曖昧で、後々運用で揉めるだろうことは推察できる。

 それなのに、なぜこんなに成立を急ぐのか、さっぱり分からない。そんなに早く成立させなければならないほどの立法事実というものがあるのだろうか。

 一党独裁って、やっぱり怖いわ。

 私は、ずっと安部首相には危険なものを感じていたが、まさに的中したという感じ。

 大変なことになった・・・。

 この法律が成立してしまうと、刑事弁護のニーズが増えるのではないかと思ってしまう。

 しかし、日本国民が与党に自民党を選んでしまった以上、どうしようもない。

              typhoon

 きょうはフィギュアスケートのグランプリファイナルだった。

 羽生選手と浅田選手の演技はすばらしかった。お2人とも美しいだけでなく、精神力が半端じゃない。日本に男女ともにこういう選手が育ったのかと感慨深い。

 私は、ロシアの新生ユリア・リプニツカヤ選手の繊細な演技に心引かれるものがあった。ロシア的ロマンチズムを感じる。

              bud

 グランプリファイナルを見ながら、昨日届いたサボテンを寄せ植えにした。

P1030337

 やっぱり「幻楽」は存在感バツグン。

P1030339_3

 このモコモコの毛の中に土くずが入ってしまい、植え込みが結構大変だった。

 結局、百均で購入した十二の巻、取り寄せた海王星というサボテン、自宅で増やしたセンベルと寄せ植えにした。これを寄せ植えとして購入すれば結構お高いのだが、材料費800円程度で製作できたのはお値打ちだったというべきか。

 帰りにホームセンターに寄って、こんな多肉植物を見つけ、つい購入してしまった。名札がついておらず、名前はまだ調べていない。1個300円程度だった。

P1030343

 これらを統一感が得られるよう、全部セリアの陶器鉢に植え込んだ。

 サボテンも多肉植物も冬は殆どが休眠期なので、たまにスプレーする程度で足りる。

 このまま冬の間は寄せ植えで楽しみ、春になって成長期に入り鉢が狭くなるようなら植え替えてやろう。

 当分の間、事務所の窓辺に交替で置いて眺めるつもり。
 

2013年12月 4日 (水)

白いサボテンたち。・・・Twitterもどき(12月4日午後8時50分)

 事務所に置いているサボテンの寄せ植えを見ていたら、なんだかサボテンがかわいくなってしまった。

P1030288

 多肉植物は買っても、サボテンって買ったことがなかったが、インターネットで調べてみると白いサボテンもあることを知った。それがまたオシャレで面白いので、欲しくなってしまったのだが、近くにサボテンを売っている園芸店もないので、ネット上で安く売ってくれるお店を探して注文した。

 それがこちら。まだ、直径2,3センチの小さい物ばかり。

P1030327

 特に欲しかったのが、この幻楽というサボテン。

P1030329

 1個、150円。抜き苗の状態で英字新聞にくるまれて送られてきた。

 正体不明の白い毛に覆われているが、中にはちゃんとトゲが隠されている。知らずにギュッと持つと、痛い目にあう。

               bud

 さて、どういう寄せ植えにしようか。

 明日、鉢を調達して、寄せ植えを作ってみよう。

 多肉植物に続いてサボテンにもはまりそう。

 

2013年12月 3日 (火)

キックバック社会。

 いやな話だ。

 美保純、川合俊一がテレビで暴露 テレビ局プロデューサーへの「キックバックまだある」

  2013年12月2日(月)20時2分配信 J-CASTニュース

 しかし、美保さんと川合さんは、こんなことを暴露してしまって大丈夫なのだろうか・・・。

 徳洲会の件だって。

 徳洲会、新たに「裏金」疑惑浮上 (東洋経済オンライン)

 徳田氏、裏金6.8億円を株投資 「ゼネコンからバックさせ運用」(産経ニュース)

           libra

 弁護士だって無縁の世界ではない。

 似たような話は聞いたことがある(紹介料を請求された等)。

 最近、その手の変なメールや勧誘電話が多い。

 そのうち、弁護士だって、こういう世界になっていくのではないか。

 ・・・というか、もうなっているか。

 「紹介料」がお金に限らないとすれば、既に一杯あるだろう。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報