マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 郷原信郎氏のご意見 | トップページ | 愛知県弁護士会の「適正な司法試験合格者数に関する決議」 »

2013年4月16日 (火)

法曹人口問題全国会議の意見書

法曹人口問題全国会議の中間とりまとめ案に対する批判の意見書

 全国の弁護士の事務所にファックスされたものです。

 パブコメ作成の参考にさせて頂きます。

« 郷原信郎氏のご意見 | トップページ | 愛知県弁護士会の「適正な司法試験合格者数に関する決議」 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

いつもブログを拝見させていただいております。伊藤と申します。
先生に質問したいと思い、コメントさせていただきます。

法曹志願者にとって、法科大学院卒業という司法試験受験資格は、大きな負担になっているようです。もっとも、法曹人口抑制の見地からは、法科大学院制度は存続すべきではないかと考えております。その理由は、法科大学院卒業という制約を課しているがゆえに、司法試験受験者数が減少しているのではないかと考えているからです。
もし仮に、法科大学院卒業という受験資格制限を廃止したとしたら、大学卒業者ならだれでも司法試験を受験できるようになります。そうなった場合、大量の司法試験受験母体を確保できるので、2000人という合格者を今後も維持できるようになると思います。一方で、法科大学院制度の下では、今後どんどん法曹志願者数が減少し、司法試験【受験者】が2000人を切る日もそう遠くないように思います。そういった意味で、法科大学院制度の存在が、法曹人口増加を抑制する機能を今後果たすのではないかと思います。
そして、法科大学院卒業という参入障壁を撤廃した場合に、なお、弁護士資格が現在の経済的社会的価値を保ち得るかが極めて疑問です。

以上は私の稚拙な考えですが、先生はどのように思われますでしょうか?

伊藤さんへ
受験資格制限を撤廃した上で合格者数2,000人では,まさしく旧試験で落とされたはずの人を合格させるだけですので,そんな結果は誰も容認しないと思います。
また,現在の法科大学院制度を残したままでは,金はあっても質の低い人材しか法曹を目指さなくなり,法曹として最低限の質を確保することもできません。論外です。

黒猫様
 私の代わりにご回答ありがとうございます。
 私は、しばらく仕事とパブコメ作成に専念したいので、ブログ管理の方は手薄になりそうです。

 ただ、黒猫様は、ご自身のブログのコメントの管理には注意をされた方がいいと思います。このままでは、また、公開禁止になりかねませんよ。
 おせっかいかもしれませんが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/57184681

この記事へのトラックバック一覧です: 法曹人口問題全国会議の意見書:

« 郷原信郎氏のご意見 | トップページ | 愛知県弁護士会の「適正な司法試験合格者数に関する決議」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報