マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 覚王山日泰寺へ参拝。 | トップページ | 今年の法科大学院入学者数は2,800人くらい?! »

2013年3月24日 (日)

離婚する人もいれば、結婚する人もいる。・・・Twitterもどき(3月24日午後5時35分)

 先週は少々ウォーキングなどをして肩こりは治ったのだが、今度は小咳が出たりしてなんとなくだるく、今週末は自宅でどこにも行かず休養していた。

 しかし、家庭裁判所から今月中に提出せよと言われている書面がいろいろあるので、来週には仕上げなければならない。

 最近、離婚事件と医療過誤事件の受任件数が増え、どちらも大変なので、来週からは頑張らねば。

                    club

 離婚関係の書面はいろいろと細かく大変なのである。日常生活についての双方の不満なども細かく文章にして提出しなければならない。

 私は、弁護士になってから、少なくとも年2件は離婚関係の事件を担当していると思うので、最低でも50件くらいの夫婦の離婚は見届けてきているだろう。相談だけだと、数え切れない。

 結婚に至る経緯はそれほどバラエティーに富んでいるようには思えないが、離婚に至るまでの経緯は本当に様々である。

 離婚事件は、弁護士であっても本当に疲れる事件である。ましてやご本人たちの心労たるや想像を絶するものがある。

 しかし、時間はかかっても、なにがしかの到達点にはたどりつくものだ。

 もちろん、離婚などしないで、弁護士などの世話にもならず、幸せな結婚生活を全うされるのがベストなのだが、実際にはそうもいかないことがあり、人間としての尊厳を守るため、あるいは将来の幸せを考えて、離婚を選択する方がベターということもある。

                    spade

 ずっと前のことだが、ニュージーランドに旅行に行ったとき、現地ガイドの人から聞いた話。

 ニュージーランドの夫は、「キウイハズバンド」と言われているそうだ。

 キウイというのは、あのキウイフルーツの語源になっている飛ばない鳥のこと。メスは大きな卵を産むだけで、オスの方が卵を暖めたり雛を育てるのだそうだ。

 実際にも、現地ガイドの女性(ニュージーランド男性と結婚した日本人女性)は、「夫は朝食を作ってベッドまで運んできてくれるんですよ。」とのろけていた。 

 ツアー旅行だったのだが、ニュージーランドのお宅拝見という企画が入っていて、退職後の老夫婦のお宅やお庭を拝見させて頂いた。ご主人は奥様の手作りのミートパイや紅茶を甲斐甲斐しく運んだり、庭を案内して野菜やバラを育てているところや、洗濯物を干す場所をどうやって工夫しているかなどを説明して下さった。

 ニュージーランドでは、男性も家事をやることが当たり前になっているようだ(まあ、人によるんだろうが)。

 そして、ニュージーランドでは、夫婦がうまくいかなくなったときには、2人で徹底的に話し合った上、もう一緒にやっていけないという決断をしたときは、お互いあっさりと別れるのが通常なんだそうだ(これも、実際には夫婦によるのだろうけど)。

 結婚事情も離婚事情も、日本とはかなり違っているなあ、と思った。

                   heart        

 土日に自宅で休養中、テレビをつけたら、俳優の堺雅人さんと女優の菅野美穂さんの結婚のニュースを「超ビッグカップルの電撃結婚」と繰り返し紹介していた。

 映画の「大奥」(テレビドラマの方は見たけど、映画の方は見ていない)での共演が縁で、3ケ月の交際で結婚するのだそうだ。

 ヘェー!ちょっとビックリ。

 最近は、あんまりこういう主役級の俳優さん同士の結婚ってないもんな。しかも、電撃結婚っていうのも、最近では珍しい。

 堺雅人さんは、あの地でいるときの笑顔は何とも不思議で私はちょっと苦手だが(映画「ココニイルコト」の前野君の笑顔はよかったが。・・・あの笑顔が何かに似ているとずっと思っていたら、この間の桃の節句に飾った「紀州雛」だった。)、役者さんとしては根性があって尊敬できる人だ。なかなか、こういう職人さんみたいな役者さんっていないもんな。

 菅野美穂さんの出ているドラマはあんまり見ていないが、大昔のテレビドラマ「イグアナの娘」は印象に残っている。娘を愛せない母親のドラマで、その娘をイグアナの姿に見立てて比喩的に表現したもので、なかなか興味深いテーマ(フランスの「にんじん」という名作のよう)のドラマだった。その母親に愛されない娘を演じた若いときの菅野さんをはじめて見たが、透明感があって感性豊かな女優さんだと思った。

 その後、CMでしか見ることはなく、最近ではNHKの「坂の上の雲」の正岡子規の妹役で見た程度。この妹役はなかなか良かったと思う。映画の大奥のCMは見たが、この女将軍役は声があまり通らない菅野さんには合っていないように思った。ドラマの多部千華子さんは若いけれど声を鍛えていて女将軍としての威厳があったので、ちょっと菅野さんの女将軍の方はがっかりした。

 どちらも演技に定評のある人気俳優さんの結婚だし、双方30代初婚ということもあって、ワイドショーも祝福ムード。

 でも、どうしてお二人ともコメントを出すなり会見なりされないのだろうと思った。おめでたいことなのだから、スポーツ紙に勝手なことを書かれるよりも自分たちで先に語った方がいいのではないか。

 なんか今は語れない事情でもあるのかなあ。会見すれば面白そうなお二人だと思うが。

                 diamond

 堺さんと菅野さんの結婚はおめでたいのだが、私はついこの間、堺雅人さんが主演していた弁護士ドラマ「リーガル・ハイ」を見たばかりなので、なんか変な気分である。

 というのは、ドラマの中で芸能人の離婚(おそらく昨年の俳優T氏の離婚騒動がモデル)を扱っている回があり、それがまた面白かったから。

 この回に、古美門弁護士(堺雅人さん演)の元妻(元同僚弁護士)として鈴木京香さんが登場し、この鈴木さんも堺さんに負けない早口をこなし(早口だけどちゃんと聞き取れる)、さすがの演技だった。鈴木京香さんは、こういうコメディもうまい。堺さんとの掛け合いも絶妙だった。

 このドラマの脚本はコメディとしてはとてもよくできていて(法律実務については前にも書いたが大いに問題ありなのだが)、この鈴木京香さんの出る回は特に面白かった。

 そして、この回で、結婚と離婚について、古美門弁護士がまた凄いセリフを吐くのである。

 結婚に理想などない。あるのは妥協か諦めか、或いは血で血を洗う抗争だけだ。

 私にはいくら金を積まれようと決して引き受けないことにしてる仕事が2つあります。ひとつはハイパーメディアクリエーター。何をしていいのかさっぱり分からないからです。そしてもうひとつが痴話喧嘩の仲裁です。私の能力は親戚の世話焼き婆さんの代わりにあるわけではないのです。 

 古美門弁護士から「朝ドラのヒロイン」と揶揄される理想に燃える新米弁護士の黛弁護士(新垣結衣さん演)の

  私と一緒にやってください!せめて憎しみ合うことなく円満にお別れ出来るようにして差し上げたいんです。

というセリフに対して、

  相変わらず朝ドラ全開だな。離婚紛争は汚物だと言ったはずだ!円満な別れなどない。常に泥沼になる。 

 偏屈で人格が破綻しているという設定の古美門弁護士のセリフなのだが、まあ、ここまでどぎつくはないものの、これに近いことを言う男性弁護士はいるわな(脚本家もそれなりのリサーチをしているんだろう)。そして、離婚紛争の現実についてのセリフは一部は当たっている。

 で、こんなドラマをやったあとの女優さんとの結婚なのだから、きっと堺さんもそれなりの覚悟をした上での結婚なのだろうなあ、と思った。情熱だけで突っ走れるほど若くはないわけだし。

 才能ある女優さんと分かった上で結婚するのだから、まさか奥さん1人に家事を押しつけたりしないだろうな。自分の仕事だけではなく、奥さんの女優さんとしての仕事も尊重するんだろうな。

 ちなみに、私の先輩の女性弁護士が、娘(女医さん)が結婚相手を連れてきたときに、その相手に「わたしは娘をおさんどんさせるために育てたのではない。そのことを分かった上で結婚するのか。」と問いつめたんだそうだ。そして、(あまり気に入らない相手だったが)「ハイ」と答えたので、結婚を認めたんだそうだ。

 ・・・・・というわけで、堺さんの結婚会見って、興味津々なのである。 

 4月には「リーガル・ハイ」のスペシャルもやるそうだし、芸能記者は、堺さんに、あの古美門弁護士の結婚についてのセリフを今はどう思っているのか、質問してみたらどうかしら。

 ちょっと悪趣味かな。堺さんと菅野さんのファンの皆様、申し訳ありませんでした。

« 覚王山日泰寺へ参拝。 | トップページ | 今年の法科大学院入学者数は2,800人くらい?! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/57023203

この記事へのトラックバック一覧です: 離婚する人もいれば、結婚する人もいる。・・・Twitterもどき(3月24日午後5時35分):

« 覚王山日泰寺へ参拝。 | トップページ | 今年の法科大学院入学者数は2,800人くらい?! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報