マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« フリーランスの医師が医療崩壊を救う?! | トップページ | 二弁の「データでみる『法曹志願者の激減』」・・・これは読んでおくべきだと思う。 »

2012年12月 3日 (月)

医療界では法科大学院は「反面教師」らしい。

 医療界では、メディカルスクールの導入が議論されているらしいということは知っていたが、こんなシンポジウムも開かれていたらしい。

  メディカルスクール開設前に需給予測を-法科大学院踏まえ大磯氏 (医療介護CBニュース)

 韓国の法曹界でもそうだったが、日本の医療界でも法科大学院は「反面教師」なのか・・・。トホホ・・・。

 そして、医療界でも、弁護士の二の舞にならないように、しっかり「需要予測」がなされるべき、という意見が出ているらしい。

 もっとも、強硬なメディカルスクール推進派もいるようで、そこに法科大学院制度推進派の弁護士が参加しているらしいのは、なんとも皮肉なことである。

(他の弁護士の関連記事)

  Schulze BLOG さんが既に記事にされていましたね。

 医師養成大学院(メディカルスクール)

 (特定の地方や診療科の)医師不足を、フリーランスの医師の活用で救うか、メディカルスクールで一挙に医師を増やして救うか、ということなんでしょうかねえ。

 かつての弁護士業界のあり様を見るような。

« フリーランスの医師が医療崩壊を救う?! | トップページ | 二弁の「データでみる『法曹志願者の激減』」・・・これは読んでおくべきだと思う。 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/56244372

この記事へのトラックバック一覧です: 医療界では法科大学院は「反面教師」らしい。:

« フリーランスの医師が医療崩壊を救う?! | トップページ | 二弁の「データでみる『法曹志願者の激減』」・・・これは読んでおくべきだと思う。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報