マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 二弁の「データでみる『法曹志願者の激減』」・・・これは読んでおくべきだと思う。 | トップページ | 東京出張中に地震・・・Twitterもどき(12月8日0時35分) »

2012年12月 5日 (水)

法科大学院関係者は、弁護士を叩けば叩くほど、自分たちの頸を締めているわけだ。

 二弁の会報である二弁フロンティアの「データでみる『法曹志願者の激減』~打つ手はあるのか?」を改めて読んでみると、データ分析のみならず、その切り口の秀逸さを感じる。

 考えてみれば、当然のことであるが、法科大学院関係者が「弁護士の就職難は、弁護士の『需要の掘り起こし』の努力が足りないからだ。」とか、「弁護士が悲惨になっても(報酬の価格破壊などで)国民は喜ぶ。」とか述べて弁護士を貶めれば貶めるほど、法科大学院の「お客さん」である弁護士志望の学生や社会人は逃げていくわけだ。

 なにせ、志望者の目標である「弁護士の経済的・社会的価値」が下がれば下がるほど、弁護士の資格を獲得するための手段にすぎない「法科大学院入学の価値」もますます下がるのだから。

 このフロンティアの特集記事は、その当たり前のことを指摘しているにすぎないが、データを細かく分析しており、文章にも説得力がある。

 法科大学院問題に関心のあるマスコミ関係者は、ぜひ入手して検討して頂きたいものだ。

(参考記事)

 「司法試験、年3000人合格どう見る」(11/26付・日本経済新聞朝刊)Schulze BLOG

   慶應大法科大学院教授の横井朗氏のコメント参照

 メディカルスクール開設前に需給予測を-法科大学院踏まえ大磯氏 (医療介護CBニュース)

  井上清成弁護士のコメント参照

※ 地方の弁護士不足が解消したのは、法科大学院の功績というよりも、地方に弁護士会のひまわり公設(弁護士会が出資)や法テラスの事務所が出来たことによるものだろう。

 なお、法科大学院に入学する社会人が減少していること、未修者に対する法科大学院の教育の質が高いとはいえないこと、についてはこちらの記事が参考になる。

  「未修者」という法科大学院の無理元「法律新聞」編集長の弁護士観察日記

  未修者の半数は3年で修了できない一聴了解

(追記)

 法科大学院制度はいずれ崩壊するだろうけど、犠牲者を減らすためには早く崩壊してもらいたい。

 だから、この際、法科大学院関係者には弁護士の悪口をバンバン言ってもらいたい、という気になってきた。

« 二弁の「データでみる『法曹志願者の激減』」・・・これは読んでおくべきだと思う。 | トップページ | 東京出張中に地震・・・Twitterもどき(12月8日0時35分) »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

そもそも法科大学院関係者が叩いてるのか疑問ですがそれは置いといて。
仮に叩いてるとしても一部の弁護士も法科大学院を叩いてるのだから、おあいこでは?
自分達は叩くけど相手は批判するなとはこれいかに?
批判するから批判されるような気がします。

>そもそも法科大学院関係者が叩いてるのか疑問ですがそれは置いといて。

弁護士もいますが、それは法科大学院に何らかの形で関わっているか、法科大学院制度の導入・推進にかかわった弁護士であることが多いです。

>自分達は叩くけど相手は批判するなとはこれいかに?
>おあいこでは?

いいんじゃないですか?互いに叩き合う=批判しあえば? 
 法科大学院側が「弁護士には競争が必要、市場原理に委ねて淘汰されればいい」というなら、それはそのまま法科大学院側にお返し致します。
 「司法試験の受験資格要件」などに頼らずに、互いに「教育の質」で勝負して、淘汰されればよろしいのでは?

>自分達は叩くけど相手は批判するなとはこれいかに?
批判するから批判されるような気がします。

これはむしろ法科大学院関係者に向けられるべき言葉ですね。

国民から血税をたんまりつぎこんでもらって、学生から高い学費を搾り取って、自分たち(教授ね)は高給取って、司法試験受験資格をたてにとって予備校と競争しようともしない法科大学院が、弁護士はもっと競争しろなどと戯言を述べている・・・。

法科大学院は、学生からは冷笑の対象です。学生は、表面では、単位が必要だから何も言わないけれど、受験勉強のほうが重要ですから、役立たない授業と見るや内職しています。
面従背腹ですね。
あまり表立って批判にさらされていないのは、長年在籍したことによる一定の人間関係があることと、まだロー卒が表立って批判する立場に立つほどの弁護士経験がなくその機会がないからにすぎません。
一方で、「立場」のある方は、ローの内部にいたわけではないので、どんな授業がなされているか検証の機会がなく、授業内容の批判は難しいところです。
結果、学者天国になってしまっていて、あっちいったりこっちいったりの的外れ授業が横行しているのが、現状といえるでしょう。

ロースクールの人達どれほど恥ずかしいことを言っているのかについては、理解でできているんですね。

何故、外から見れば自分たちも同じくらい恥ずかしいことを言っていると分からないんでしょうね。

ロースクールも言ってるんだから、弁護士も言っても構わないだろうという、弁護士の心の貧しさにため息です。

> 「司法試験の受験資格要件」などに頼らずに、互いに「教育の質」で勝負して、淘汰されればよろしいのでは?
そのとおり。

>ロースクールも言ってるんだから、弁護士も言っても構わないだろうという、弁護士の心の貧しさにため息です.
まだでた、弁護士たたき文句ですね。あきれてものも言えない。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/56254777

この記事へのトラックバック一覧です: 法科大学院関係者は、弁護士を叩けば叩くほど、自分たちの頸を締めているわけだ。:

» 「データで見る『法曹志願者の激減』」を読みました [一聴了解]
いつも拝読しているこちらのブログ「法科大学院関係者は、弁護士を叩けば叩くほど、自 [続きを読む]

« 二弁の「データでみる『法曹志願者の激減』」・・・これは読んでおくべきだと思う。 | トップページ | 東京出張中に地震・・・Twitterもどき(12月8日0時35分) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報