マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 育児会費免除制度の委任状に記入中・・・Twitterもどき(9月21日午後7時50分) | トップページ | 東京お茶の水へ行ってきた。 »

2012年9月21日 (金)

弁護士の「名前を出したくない。」

 弁護士っていうのは、どうしてこう「名前を出したくない」が多いのだろうか。

 いつも思うことだが。

 賛成だけど「名前は出したくない。」

 反対だけど「名前は出したくない。」

 私自身は、こういうことがないので、どうしてなのか分からない。

 「名前を出す」と一体どういうことになるのか、教えて頂けないだろうか。

 

« 育児会費免除制度の委任状に記入中・・・Twitterもどき(9月21日午後7時50分) | トップページ | 東京お茶の水へ行ってきた。 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

名前を出すと,自分の所属している事務所のボスが派閥どっぷりの場合に,事務所を追われる危険性があるのです。今の若手中堅弁護士は,独立に踏み切れるほどの資力もないため,事務所を追われることは死活問題なのです。東京や大阪には,そういう弁護士は多いと思います。弁護士は自由業というのは過去の話です。業務上も,ボスとイソ弁或いはノキ弁が上司と部下の関係になっている事務所も多いのではないでしょうか。

>名前を出すと,自分の所属している事務所のボスが派閥どっぷりの場合に,事務所を追われる危険性があるのです。

本当ですか?!
 そこまで、されるとは!

 本当にえげつないことをしますね。
 世も末です。
 これが事実なら、弁護士業界はお先真っ暗です。
 これも弁護士過剰の弊害ですね。

 もっとも、私の記事の「名前を出したくない」人たちは経営者弁護士に多かったのですけどね。それに、派閥以外にも理由がありそうですし。

弁護士は意外に他の弁護士から仕事をもらうことが多いそうです。そんなときに名前を出していると仕事をもらえなくなると聞きました。先生は他の弁護士から仕事をもらうことはございますか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/55712352

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士の「名前を出したくない。」:

« 育児会費免除制度の委任状に記入中・・・Twitterもどき(9月21日午後7時50分) | トップページ | 東京お茶の水へ行ってきた。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報