マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 疲れが抜けないが準備書面を書かなきゃ。・・・Twitterもどき(9月6日午後8時20分) | トップページ | 育児減免制度の問題点(その1) »

2012年9月 8日 (土)

ようやく一段落+弁護士会の育児減免制度・・・・Twitterもどき(9月8日午前8時15分)

 ここ2週間というもの、事務所でも自宅でも事件に没頭していたため、事務所の机まわりも自宅の机まわりも散らかり放題。

 この土日は、静養と「おかたづけ」に専念するつもりだ。

                   libra

 昨日、愛知県弁護士会の臨時総会の通知ハガキが来た。

 会費の育児減免制度(経済的困窮は減免要件となっていない。よって、いくら収入が高い会員であろうと、育児期間中であれば男女ともに会費の免除を受けることが可能)が議題となっていた。

 なんでも、財務委員会で否決後も、常議員会で可決となり、臨時総会にかけられるそうだ。

 私は、反対なので、面倒だが臨時総会に出席して反対票を投じてこようと思う。

 既に委任状2票をもらうめどもついた(というより「臨時総会にまでは行きたくはないが、反対なので委任状ならだすよ。」という人が多いので、声をかけたら直ぐにもらえたのだ)。

 私がこの議題に反対する理由は一つ。

  会員の形式的平等にも実質的平等にも反する

 からである。

 もし、実質的平等を重視して会費を減免するのであれば、真っ先に(肉体的・精神的)病気のために働けず、経済的困窮に陥っている会員の会費を減免すべきである。

 反対の愛知県弁護士会の会員の方は、ぜひ総会(9月25日午後3時~)に出席されるか、反対票を投じる会員に委任状を託して下さい。

 全く、このような議題を臨時総会にかけようという執行部には大変失望した。

« 疲れが抜けないが準備書面を書かなきゃ。・・・Twitterもどき(9月6日午後8時20分) | トップページ | 育児減免制度の問題点(その1) »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

2年位前から時々読ませて頂いております。

 今回のお話は、民主党の子供手当を思い出しました。貧困が大きな問題になっている時に所得制限が無いのがまず変だと思ったし、その他にも欠陥の多い制度でしたが、こんな政府に持たせておくよりマシだと思って貰っておいて必要だと思うところへ寄付しています。
 今、新人弁護士の深刻な困窮が取り上げられることの多い弁護士業界で、こんなのが通りそうと知って驚きました。私の知人はかなり前から登録はしていますが所属事務所は無く、ほとんど収入の無い状態です。
 エライサンのしたがることはとにかく響きが良くてエエカッコできそうなのが多いですね。表面的。

るりさんへ
 全く同感です。
 私も所得制限のない子供手当には反対でした。
 しかし、国の政策の場合、「子供は国の宝」として親というよりも子供に交付するという名目がありますし、所得については税金が累進課税方式なのである程度の平等が担保されていると思います。

 しかし、弁護士の場合はそのような名目も実質的平等への配慮もありません。

 弁護士会費は、るりさんのお友達のように収入が殆どない弁護士(いわゆる即独の方でしょうか)であろうと、年収1億の弁護士であろうと、形式的平等が貫かれて同じ金額なのです。
 この育児減免制度だと、夫婦共働きの弁護士の場合2人で年収1000万円以上はあるはずですが、年収70万円以下の弁護士が年収1000万円以上ある弁護士の会費を代わりに負担することになるわけです。
 
 ですから、子供手当以上に不平等な制度なのです。

 全く、こんな不公平な育児減免制度が、世間への「男女共同参画」へのアピールになるんですか?
 むしろ弁護士の非常識として世間の笑いものですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/55605601

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく一段落+弁護士会の育児減免制度・・・・Twitterもどき(9月8日午前8時15分):

« 疲れが抜けないが準備書面を書かなきゃ。・・・Twitterもどき(9月6日午後8時20分) | トップページ | 育児減免制度の問題点(その1) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報