マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 夏の終わり・・・Twitterもどき(9月1日午前11時45分) | トップページ | 「法曹人口と法曹養成の危機打開のための提言」にご賛同を! »

2012年9月 2日 (日)

胡蝶蘭について考える。

 事務所を移転したとき、大変立派な胡蝶蘭を頂いた。私は多くの胡蝶蘭を見てきたが、それは見たこともないほどの大きな白い花が咲いていて、大変美しく、 1ケ月ほど楽しませて頂いた(写真を撮っておかなかったのが残念)。

 しかし、胡蝶蘭は頂いても、花が終わった後が大変。皆様、どうされているのだろうか。

 私は、今まで再生できたことがない。しばらくは育っても、再び花が咲くことはなく、いつの間にか枯らしてしまう。

 本当にもったいない。

 いつも思うのだが、胡蝶蘭のリサイクルをする業者さんはいないのだろうか。花の終わった胡蝶蘭を安く買って、生産農家に引き渡し、生産農家がそれをまた育てて花を咲かせる。小さな苗から育てるよりは楽だと思うのだが。採算が合わないのだろうか。

 あるいは、花の終わった胡蝶蘭を刑務所の受刑者が植え直して育て、温室が必要な時期に生産農家に買い取ってもらう、などということはできないのだろうか。花の終わって痛んでしまった胡蝶蘭を再生させることは、更正にも役に立つと思うのだが。

 ・・・・・などなどと、いつも胡蝶蘭を頂くと思うのだが、ネットで探しても、花が終わった胡蝶蘭を引き取ってくれるような業者さんは見当たらない。

 そこで、今回は、あまりに立派な花だったので、私が自分で再生にチャレンジすることにした。

  参考にさせて頂いたのは、こちらの生産農家の方のHP胡蝶蘭の愛華園芸。大変親切だと思う。

 私の場合、

1 まず、大きな金属製の鉢に植わっていた胡蝶蘭3本を引っ張り出す。

  透明なピニールポットに水苔で植わっていて、花茎は針金で支えられている。花茎は 根もとあたりでカットし、針金もはずす。鉢の下には発泡スチロールのかけらが入っていて、そこに針金がしっかり突き刺さっていた。

 この解体作業が一番大変だった。結構な重労働。

2 ビニールポットから胡蝶蘭を抜き、素焼き鉢に水苔で植え直す。

 事務所の日の当たらず風通しの悪い場所に置いていたせいか、あるいは水をやりすぎたせいか、根っこはかなり腐っていた。腐った根っこを取り除き、水苔を痛んでいない根に巻きながら植える。

 これも、なかなか面倒。

3 その後、明るい室内に置いて、水やりは2週間位経過してから(根腐れ防止のため)。

 こうして植えたものがこちら。 素焼き鉢がなかったので、例のごとく100円均一で購入。大きさもちょうどよくて、皿もついて100円は安いと思ったのだが、 よく見ると素焼きの鉢の上にオレンジの塗料が塗られたものであった。コケがつかないのはいいのだが、空気が通らず根っこにはあまりよくない。

Kotyouran_001

 窓辺に置いて、既に1ケ月近くが経過した。水やりは、2回ほどしたのみ。時々霧吹きをかけてやっている。

 そうしたら、こんな立派な新芽も出てきた。

Kotyouran_002

 新しい根っこも出てきた。

Kotyouran_003

 今年の花芽は期待できないだろうが、このまま育ってくれないか。冬を乗り切るのが一番大変なのだろうけど。

 あのまま植え替えずにいたなら、きっと今頃は枯れ果てていただろうと思うと、ちょっと感動。

              bud

 それにしても、このままでは胡蝶蘭がかわいそうだ。どなたか再生方法を考えて頂けないものか。

« 夏の終わり・・・Twitterもどき(9月1日午前11時45分) | トップページ | 「法曹人口と法曹養成の危機打開のための提言」にご賛同を! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

一応そういう業者あるようですね。自分もいろいろ探していて見つけました。
電話したところ生花なので1週間以内だと買取できるけどそれ以上経つと一鉢1000円支払ってのでの引き取りだそうです。
再利用して頂けることもあり、自分はここに引き取ってもらうことにしました。
http://www.lands-end.co.jp/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/55562695

この記事へのトラックバック一覧です: 胡蝶蘭について考える。:

« 夏の終わり・・・Twitterもどき(9月1日午前11時45分) | トップページ | 「法曹人口と法曹養成の危機打開のための提言」にご賛同を! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報