マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« だから女は・・・Twitterもどき(9月11日午後9時50分) | トップページ | なんで弁護士会がそんなことすんの?・・・Twitterもどき(9月12日午後11時10分) »

2012年9月12日 (水)

高額な弁護士会費・・・Twitterもどき(9月12日午後4時5分)

 きょう通帳を見たら、弁護士会費の引き落としがあった。

 愛知県弁護士会の場合、月額(年額ではない!)4万1,500円である。

 私は、今度の育児会費免除制度の不公平さを知って以来、この会費を払いたくない気持ちがますます強くなった。

 今までは、会員に公平で均等な会費だし、皆が苦しくても一生懸命払っているものだから、自分も払わなくてはならないと思っていた。

 しかし、これからは年収1000万円を超える弁護士夫婦の育児中の会費を、「育児支援」?「男女共同参画」?とやらの目的のために、負担しなければならないかと思うと、バカバカしくなる。

 病気や介護で生計が成り立たなくなった会員の会費を負担するのには何ら抵抗もないが。

 これって、わがままでしょうか?

 私はやることだけはやって、この制度が導入されたなら、もう法律相談以外で弁護士会のやることには一切関わらないことに決めた。

 愛知県弁護士会の会館はいつ行っても閑散としているが(もはや求心力がなくなっているため)、近々大規模修繕するらしい。

 そんな金があるのなら、全会員に払い戻してもらいたい!

 アホくさくてやっていられない。

 もはや任意加入制度になってもらってもいいと思う。 

« だから女は・・・Twitterもどき(9月11日午後9時50分) | トップページ | なんで弁護士会がそんなことすんの?・・・Twitterもどき(9月12日午後11時10分) »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

アメリカは任意加入ですし、登録費用は2年間で3万円以下です。それと比較して日本の弁護士会費をなぜ支払う必要があるのか悩みます。弁護士が多方面で活躍するようになれば、名刺に「弁護士」と記載するためだけに会費を支払う意味があるのか悩む人が増えるでしょう。弁護士活躍の場の足かせになっていることは確かです。

 高い上に不公平で、会員のために有効に使われていないような会費だと、だんだん不満が溜まってきます。
 そのうちに、弁護士自治は、外部からの圧力のみならず、内部からも崩壊していくような気がします。

強制加入と弁護士自治といいますが、集団訴訟はそれらがないアメリカでも導入されていますし、刑事事件はやりたい人がやればいいという発想もありうる(それが国民の選んだ「司法改革」の結末であるといえるように手続を踏む必要はあるでしょうが)ので、最近は、弁護士自治自体本当に必要なのか疑問が残ります。
高額な弁護士会費に我慢してきたのは、弁護士自治が重要だと思っているからですが、最近は、日弁執行部の専横という悪い方向でしか作用していない気がするので、なくてもいいかなと思ったりしつつあります。末期的ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/55640887

この記事へのトラックバック一覧です: 高額な弁護士会費・・・Twitterもどき(9月12日午後4時5分):

« だから女は・・・Twitterもどき(9月11日午後9時50分) | トップページ | なんで弁護士会がそんなことすんの?・・・Twitterもどき(9月12日午後11時10分) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報