マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 銀河鉄道の夜・・・Twitterもどき(7月22日午前10時40分) | トップページ | kobo touchその後・・・Twitterもどき(7月25日午後5時50分) »

2012年7月22日 (日)

大阪弁護士会の裁判員裁判ゲームをやってみた。

 坂野真一先生ご推薦(無料!裁判員裁判ゲーム!)の裁判員裁判ゲームをやってみた。

 ゲームで裁判員!スイートホーム炎上事件

 <これからやろうと思っている方は、これから先は見ない方がいいかも。>

 1回目は「有罪」判決となり、「エエッー」と思った。

 この程度の証拠や評議内容で、有罪としてしまって、弁護士会作成の裁判員裁判ゲームとしていいのか、これ despair

 で、もう1回やってみた。今度は、しきりに「無罪寄り」の主張を選択。

 案の定、他の裁判員の意見も変わり、「無罪」判決となった(分かりやすいわ)。

 しかし、時間もかかるし、正直、疲れた・・・gawk 面白いのか、これ・・・sad

 大阪弁護士会の考えることは、あの広告塔といい、あのCMといい、やっぱり私には理解できない。

 一体このゲーム作るのに、いくら会の金を使ったのだろう。

 ゲームの結果より、そっちの方に興味があるわ。

 しかし、チャッカリ、大阪弁護士会の法律相談センターや弁護士会館の施設などをアピールしているところは、さすが。

 ただ、人が死んでいる事件について、裁判員がいかにも楽しそうに「裁判員やってよかった。」「面白かった。」と言いつのっているのは、あまり感じがいいものではない。

 やっぱり裁判員裁判をこういうゲームにすることには、私は抵抗がある。

 せめて、人が死んでいない事件にしてもらいたかった。

 最近は、女性裁判員が残虐な事件現場の写真を見て卒倒し、裁判員を解任されたという事件もあった。

 実際の事件は、そんな「楽しく評議」できるようなものではないだろう。

« 銀河鉄道の夜・・・Twitterもどき(7月22日午前10時40分) | トップページ | kobo touchその後・・・Twitterもどき(7月25日午後5時50分) »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

寺本先生、貴重なお時間を申し訳ありません。

また、貴重な御意見有り難うございました。


この程度の証拠や評議で・・・・とのご感想については、プレイヤーとして、優秀な法律専門家たる寺本先生を想定しているわけではなく、ごく一般の方々を想定しているため、やむを得ない部分があるのではないかと思います。あまりに専門的にやり過ぎると、誰もついて行けなくなってしまう危険性が高いようにも思います。

人が亡くならない事件の方が、良かったというご感想については、私も同感です。ただ、「逆転裁判」等のゲームソフトでも、頻繁に殺人が出てくる時代なので、それと比較した場合、流血のシーンなどがない分、表現としては柔らかめになっているとは思います。


仰るとおり、人を裁く重さについて、もう少し踏み込んでいても良かったかもしれませんね。


これからも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。


私も寺本先生と同じ感想です。私の場合、そもそも裁判員制度自体に疑問をもっているし、なぜ弁護士会がそこまで推進したがるのかが理解できないのです。誰の利益にもならないばかりか、刑事訴訟の諸原則を犯す制度だと思っていますので。

弁護士会は、そのことをもっと言うべきだと思うのです。
なのに、こうしたソフトをつくって大衆迎合するのはどうなのかな、と。
作ったスタッフの熱意と技術には心から敬意を表しますが。

坂野先生へ
 私は、このゲームに大阪の刑事弁護委員会の先生方がクレームをつけなかったのが不思議でなりません。

 裁判員裁判に対する賛否はさておき、この証拠だけで、どうして裁判員のちょっとした発言の違い(たとえば、被告人が「息切れしていたかどうか」等)で、「有罪」「無罪」の結果の差が出てくるのか、理解できませんでした。

 実際の裁判もそんなもの、と思われたら困るのではないでしょうか。
 弁護士会が作成したものであるからこそ、心配です。

 また、裁判員裁判を「国民の法教育の場」として捉える姿勢にも大いに問題があります。

 ゲームとして面白いからいいだろうというのでは、弁護士会作成のものとしては許されないと思います。

 大阪弁護士会では誰も文句を言われなかったのでしょうか。不思議です。
 
 

 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/55256758

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪弁護士会の裁判員裁判ゲームをやってみた。:

« 銀河鉄道の夜・・・Twitterもどき(7月22日午前10時40分) | トップページ | kobo touchその後・・・Twitterもどき(7月25日午後5時50分) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報