マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 私のお気に入り・・・接触冷感素材 | トップページ | 冷静で賢い法学部生は弁護士となる夢を諦める。 »

2012年6月11日 (月)

法科大学院関係の注目のデータはいつ公開されるのか?

 今年度の予備試験合格者の司法試験合格率は、かねてから注目していたのだが、短答式試験だけとはいえ予想をはるかに超える合格率であった。

 ほかにも注目している数値がいくつかある。

 なんといっても、今年の法科大学院実入学者数

 これについては、白浜徹朗弁護士と同じ意見だ。

  法科大学院の入学者数のこと(白浜の思いつき)

 今、各地の単位会では、日弁連の法曹養成に関する提言案について常議員会等で激論がかわされている。この法科大学院実入学者数は、日弁連の提言案の意義に大きく影響を与える数値である。

 既に把握されているのであれば、なぜ、公表されないのか!?

 そして、もう一つ注目されるのは、今年度の法科大学院全国統一適性試験の実受験者数

 こちらはSchulze BLOGさんが注目されている。

  適性試験 全日程終了Schulze BLOG

 今年はどの位減少しているのか・・・。

 こういう数値を客観的にみれば、法曹志望者がいかに激減しているかが分かるだろう。

 志望者が激減しているところへ合格者数を増やせばどうなるのか。レベルが下がると考えるのが普通だろう。

 「レベルが下がっても法曹を増やしたい」というのが国民の意思なのだろうか。

 あるいはロースクール関係者がよく主張するように、ロースクールの教育によりレベルアップがはかれるのか。

 でも、それが成功しているのなら、「ロースクール修了者」の司法試験合格率が「予備試験合格者」の司法試験合格率に惨敗するというようなことにはならないはずだが・・・。

 ともかく、上記2つの数値は早く発表してもらいたい。 

« 私のお気に入り・・・接触冷感素材 | トップページ | 冷静で賢い法学部生は弁護士となる夢を諦める。 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

ローの教育は、受験にとってはいうまでもなく、また、実務教育としても中途半端です。
こんなので質が向上するとはいえません。ローによるのでしょうが、ローごとにレベルが大幅に違うというのは、同じ「司法試験受験資格」を得るうえで、おかしな話だといえます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/54935811

この記事へのトラックバック一覧です: 法科大学院関係の注目のデータはいつ公開されるのか?:

« 私のお気に入り・・・接触冷感素材 | トップページ | 冷静で賢い法学部生は弁護士となる夢を諦める。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報