マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 冷静で賢い法学部生は弁護士となる夢を諦める。 | トップページ | 昨日の記事の反響・・・Twitterもどき(6月13日午前7時35分) »

2012年6月12日 (火)

愛知県弁護士会常議員会で法科大学院制度を廃止すべきとの意見書が可決される!

 愛知県弁護士会の常議員会では、日弁連は「法科大学院課程の修了を司法試験の受験資格から除外することを提言すべきである。」という意見書が可決されました!

 この意見には、「賛成22、反対11」だったとのことです。

  ※ 私は傍聴に行きそびれました。残念bearing

 詳細については、後日またご報告致します。

« 冷静で賢い法学部生は弁護士となる夢を諦める。 | トップページ | 昨日の記事の反響・・・Twitterもどき(6月13日午前7時35分) »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

すみません。

表題だと「廃止すべき」ですが、本文ですと「受験資格から除外」とありますがどちらですか。
原文を見られないもので質問させて頂きました。

もちろん、法科大学院から受験資格特権を剥奪すれば即座に立ちゆかなくなり、必然的に廃止にはなるとは思いますけれど。

個人的に、弁護士会としては「受験資格から除外」で戦うべきだと思っています。こちらの方が法科大学院側を詰めやすいですから。
「真に有効な教育をしているなら別に受験資格から除外したところで、希望者は殺到するはずである」という意見に反論するのは容易ではないかと思います。

私もそう思います。
廃止させる必要は全くありません。
受験資格から外すだけで十分です。
法科大学院では素晴らしい教育をされているそうですから,受験資格から外したって,その素晴らしい教育をされている法科大学院に人が来なくなるはずがありません。
え?人が来なくなったら?それは競争にやぶれたってことじゃないですか?まさか弁護士に競争を求めておいて,自分たちは競争なんてしないなどとは言わせない。
法科大学院を推している弁護士の先生方の事務所は,もちろん素晴らしい法科大学院の教育を受けた人しか採らないでしょうから,その事務所に入りたい人は法科大学院を選ぶでしょう。
国民の皆様が素晴らしい法科大学院の教育を受けた弁護士にしか仕事を頼みたがらないのであれば,受験資格から外したっていくらでも法科大学院に人は来るでしょう。
やはり受験資格にする必要はありません。
しなくたって,みな競って法科大学院を選ぶはずですよ。
だって,素晴らしい教育をされているんですよね??

1番上のコメントの方へ
 表題の「法科大学院制度」とは、「法科大学院を法曹養成の中核とし法科大学院課程の修了を司法試験の受験資格とする制度」という意味で使用しています。

 法科大学院制度の廃止後に法科大学院自体を廃止するか否かは各大学の自由です。

追伸
度々すみません。
法科大学院卒業を受験資格から外す場合は,もちろん,法科大学院への莫大な血税の投入もストップです。当然です。
でも,税金をつぎ込まなくても,素晴らしい教育をしている法科大学院にはたくさんの人が入学されますから,問題ないですよね。

反対の弁護士は、ロースクールで教員してるとかかな?

また、ロースクールは、受験指導してはダメなわけだから、司法試験の資格要件いらないよね。

お忙しいとは思いますが、
詳細のご報告、楽しみにしています。

ロー修了生さんへ
 愛知県弁護士会の意見書自体は、既にHPに公開されています。
http://www.aiben.jp/page/frombars/topics2/617lawschool.html

 常議員会の議論については、会員向けHPに議事録が公開されていますが、さすがにこちらは一般には公開できない内容です(常議員の実名入りですから)。

 私の感想は、会員懇談会でも発言されていた法科大学院制度賛成の方々が常議員として同じことを発言されているなあ、というものです。

 愛知県弁護士会では、法科大学院制度と「大学の自治」との関係が議論されたのが特色でしょうか。この問題については、確かに意見が分かれるところだと思います。

ありがとうございました。

この意見書がどのような影響を
もってくるのか興味を持って
今後の事態の推移を見守りたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/54944250

この記事へのトラックバック一覧です: 愛知県弁護士会常議員会で法科大学院制度を廃止すべきとの意見書が可決される!:

« 冷静で賢い法学部生は弁護士となる夢を諦める。 | トップページ | 昨日の記事の反響・・・Twitterもどき(6月13日午前7時35分) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報