マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 日弁連の「法科大学院制度に関する具体的提言(案)」についての会員懇談会に出席した。 | トップページ | 弁護士のおもしろブログ記事2つ »

2012年5月29日 (火)

明治学院大学法科大学院廃校へ。

明治学院大が募集停止 入学志願者減で (毎日新聞)

明治学院大によると、04年度には1329人(定員80人)だった入学志願者が12年度には59人(同40人)に激減。実際に入学したのは5人だった。11年度の司法試験の合格率は4.5%だった。

2013 年度新入生の募集停止について(明治学院大学大学院法務職研究科教授会)

法科大学院制度は人々の恨みと憎しみしかもたらさなかったSchulze BLOG

 今後も、たくさんの法科大学院が続くことだろう。

 ここに至るまでに、どれだけ多くの犠牲が払われたことだろうか・・・。

 教授会の発表には、多くの「事実認定の誤り」があると思う。

 昨日の記事の森山会員の意見書とぜひ比較して頂きたいと思う。

 法科大学院は、まず、「どうして入学志願者が減少しているのか」という原因を直視するべきだと思う。

 1 司法試験合格者数を増やす

 2 司法試験を法科大学院を修了していれば容易に合格できるようにやさしくする

 3 司法修習生への給費制を廃止し(これは既に成就している)、司法修習制度をいずれ廃止する

 4 三振制、予備試験の厳格化は維持する

 ということが達成できれば、法科大学院への入学志願者数が再び増加する、などということが現実にありうるのか、

 法科大学院制度の維持にやっきとなっている方々は冷静に考えて頂きたいものだ。

(追記)

法科大学院を廃止へ 明治学院大、3校目 (産経ニュース)

 文部科学省は、法科大学院の入試倍率が2倍未満で、新司法試験合格率が3年以上連続して全国平均の半分に満たない場合などに補助金を削減する基準を設定。明治学院大は昨年度の実績でこの基準に該当しており、本年度の補助金削減が決まっていた。

 ・・・・・なるほど。

 教授会の発表には書いてないけど、補助金の削減が決まっていたのね。そりゃ、廃校を決意するわ。文部科学省の「兵糧攻め」の成果第1号というわけか。

 こんな姑息なやり方ではなく、法科大学院制度自体をリセット(※)する方が犠牲が少なくてすむと思う。

 ※ 橋下氏の大好きな言葉だけど、法科大学院制度についてはあえて使わせて頂く。

« 日弁連の「法科大学院制度に関する具体的提言(案)」についての会員懇談会に出席した。 | トップページ | 弁護士のおもしろブログ記事2つ »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/54825349

この記事へのトラックバック一覧です: 明治学院大学法科大学院廃校へ。:

« 日弁連の「法科大学院制度に関する具体的提言(案)」についての会員懇談会に出席した。 | トップページ | 弁護士のおもしろブログ記事2つ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報