マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 「金環食」と「金環蝕」 | トップページ | 「弁護士の潜在的需要」と「事件の掘り起こし」 »

2012年5月23日 (水)

こういうことを言うと橋下市長みたいだが。・・・Twitterもどき(5月23日午前7時55分)

 やっぱり、学者の方の中には、「現実」がみえていない方がおられるのではないか。「理想」ばかりで「コスト意識」というものが欠落している方もおられるように思う。

ロー教授「それでも地球は回る。潜在的需要はある。」Schulze BLOG

司法制度改革の「原点」

司法制度改革の「原点」②

司法制度改革の「原点」③

  (弁護士 猪野亨のブログ

を読んで。

 私自身、学者の方々と会合で何度も議論したこともあり、そのときの印象もある。

 公的な団体の審議会などは、学者の方々が多数を占めている。日本では「有識者」というとまず学者ということになるらしい。

 時間の取られる審議会等には、学者以外の実務についている者はなかなか参加しずらいということもあるのだろうが。

 学者の方の中にも、現実を直視した上で問題の解決を図ろうとされる方もおられるが、そうではない方も多いのは事実だ。 

  国でも自治体でも、もっと審議会にはその分野における国民や市民の声を代弁してくれるような人を参加させるべきではないのだろうか。

               libra

 司法改革についていえば、この誤った改革に賛同した法学者の方々は、弁護士が事件で報酬をいくら位もらっているのか、弁護士に依頼する人たちが一体どういう犠牲を払い、どういう気持ちで依頼しているのか、など全然ご存じないと思う。

 法律相談を1件もやったことのないような人たちが、どうして市民の「潜在的需要がある」などと言えるのだろうか。私の根本的な疑問である。

« 「金環食」と「金環蝕」 | トップページ | 「弁護士の潜在的需要」と「事件の掘り起こし」 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/54779072

この記事へのトラックバック一覧です: こういうことを言うと橋下市長みたいだが。・・・Twitterもどき(5月23日午前7時55分):

« 「金環食」と「金環蝕」 | トップページ | 「弁護士の潜在的需要」と「事件の掘り起こし」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報