マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 法科大学院制度とはそこまでして維持しなければならないものだろうか。・・・Twitterもどき(5月14日12時45分) | トップページ | 司法試験全員合格の日は近い? »

2012年5月14日 (月)

小林正啓弁護士は法科大学院制度を維持されたいのか?

 小林正啓弁護士(花水木法律事務所)は、日弁連会長選で山岸憲司候補(現日弁連会長)の補佐人として推薦演説をされた。

 1月25日大阪公聴会での補佐人としての演説原稿

 この演説では、法科大学院制度については何ら触れられていないが、 山岸候補は法科大学院制度を死守するつもりであることは、選挙ハガキの内容(※)から明らかだった。

 ※ 私の過去の記事:本音が出てきたなあ。参照

 一方、小林弁護士は、最近こういう記事を書かれた。

 たった一人の卒業式

 (私は、こういうチャカした記事はあまり好きではないが、あえて紹介。)

 結局、小林弁護士は、法科大学院を統廃合して、「定評のある法科大学院」のみを生き残らせ、法科大学院制度は維持してもいい、というお考えなのだろうか。

« 法科大学院制度とはそこまでして維持しなければならないものだろうか。・・・Twitterもどき(5月14日12時45分) | トップページ | 司法試験全員合格の日は近い? »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/54708906

この記事へのトラックバック一覧です: 小林正啓弁護士は法科大学院制度を維持されたいのか?:

« 法科大学院制度とはそこまでして維持しなければならないものだろうか。・・・Twitterもどき(5月14日12時45分) | トップページ | 司法試験全員合格の日は近い? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報