マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 多肉植物の宝石箱(その2) | トップページ | 階猛衆議院議員のブログ »

2012年4月22日 (日)

マンション管理組合・・・Twitterもどき(4月22日午前6時30分)

 仕事中。昨日はなんとなく気持ちが乗らず、ダラダラしてしまったので、今日は頑張らねば。

 昨夜は、マンションの管理組合の総会だった。

 私は、この3年間理事だったが、昨日の総会の終了をもって、お役ご免となった。

 ホッとする。

 3年間、平日の夜とか土日とか、理事会などで結構時間を取られた。管理費滞納や配管更新工事などの問題が次々と発生し、理事の皆さんと協議しつつ一つ一つ問題を解決していかなけばならなかった。幸い皆さん、とてもしっかりした方々ばかりで、しかも住人に建築士さんがいて助言が頂けるという大変好条件に恵まれたというものの、やっぱり理事になると大変なことは大変だった。

 平日の夜に仕事を切り上げて早く帰らなくてはならなかったり、土日に本当は出かけたかったのだが諦めたりと、理事になるとなにかと大変だ。

 私は仕事で建築紛争もやったことがあるが、建築士さんの協力がないと解決は不可能だ。

 マンションの改築なども、見積書や施工方法などのチェックは、とても素人では無理。住人に建築士さんがみえるというのは、本当にラッキーだった。管理会社に任せておけば大丈夫などとは、とても言い切れない。

 マンション管理問題に弁護士はもっと乗り出すべき、などとおっしゃっていた学者がみえたが、マンション管理問題は弁護士などよりもはるかに建築士の方々に助けて頂く必要があるだろう。見積書などのチェックについて相談に乗ってもらえると本当に助かると思う。

 弁護士的な仕事は、管理会社に委託していれば担当者が殆どやってくれるし(但し、担当者の能力にかなり影響される)、滞納管理費の回収なども必要があれば弁護士に相談したり依頼したりすればいいだろう(マンション問題について相談窓口を設けている弁護士会も多い)。

 ・・・・・ともあれ、総会が無事よい方向で終了し(やっぱり多数が集まって叡智を結集することは必要)、やれやれだ。

 マンション管理組合の総会のときにいつも思うのだが、弁護士会の決定というのは、どうしてこういうふうにスムーズにことが進まないのだろうか。

 「正しいことが正しいとは認められない」「合理的なことが合理的とは認められない」、そして「多数の意見であっても無視される」といつも感じる。

 一般社会では当たり前のことが、弁護士会では全然当たり前のことではないのだ。

 重要な決定事項ですら、会員が知らないうちに、いつの間にか勝手に決められてしまっている。

 法科大学院問題がその最たるもの。

 やっぱ、メンバーが悪いんかなあ。

  日弁連の責任ある地位についておられる方々は、「なぜ会長選の投票率がこうまで低いのか」「多くの会員がどうして弁護士会に対する関心をなくしているのか」、もっと深く考えるべきでしょう。

« 多肉植物の宝石箱(その2) | トップページ | 階猛衆議院議員のブログ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/54530451

この記事へのトラックバック一覧です: マンション管理組合・・・Twitterもどき(4月22日午前6時30分):

« 多肉植物の宝石箱(その2) | トップページ | 階猛衆議院議員のブログ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報