マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 確かに面白い対談であった。 | トップページ | 大阪都構想の問題点Q&A »

2012年2月22日 (水)

橋下人気に思う。・・・Twitterもどき(2月22日7時35分)

 きょうは、ちょっと遠方の裁判所に出張なので支度中。

 橋下研究はしばらくお休みします。

 本当に何年かぶりに橋下氏を画面で見たが、これは本当に大変だ!というのが私の率直な感想です。

 多くの知識人、文化人が、橋下氏とハシズムに対して果敢な闘いを挑んでおられるということを知り大変心強く思ったものの、正直なところ「これでは勝てないな」と思った。

 もっと橋下氏を研究し(テクニックだけでなく)、どうすれば市民を味方につけることができるかをもっと本気で考えてみるべきだと思う。

 学者や評論家の方々はあまりに紳士すぎるし、あまりに無防備にすぎる

 橋下氏は、弁護士である(あの光市事件の懲戒請求扇動事件と今回の大阪市職員アンケート事件により弁護士の間では弁護士としての評価は既に確定していると思うが)。

 しかも、橋下氏は、独立後損害保険会社の仕事をたくさんしていたようだ。大阪だから相当キツイ相手とも示談交渉してきたのだろう。私もイソ弁当時、少々損保の仕事をしていたので、彼がどういう方々と渡り合ってきたのかある程度想像がつく。そういう交渉の中で培ってきたクソ度胸というものはなかなかマネができないものだ。

 そして、テレビタレントとして「テレビに出る」ということを知り尽くしている。画面にどう映るか、時間の制約のあるところをどうしゃべれば視聴者の印象によいか。

 そういう人を相手に、論理だけで闘うのは容易ではないだろう。テレビで理性を訴えることは至難の技だと思う。

 ハシズムと闘うには、もっと実践的経験のあるブレーンが必要なのではないか。

 このままでは、大阪だけでなく日本全体が、橋下氏とハシズムに乗っ取られてしまうのではないか、という恐怖を感じた。

 ・・・・・本当に日本は、大震災、原発事故、それに近いとされる大地震以外にも、やっかいな化け物を抱え込んでしまったものだ。

 本来、闘うべきマスメディアや政治家も当てにならないし。

 良識あるジャーナリストの方々が奮起されることに期待します。

 一人一人の国民ができるのは、橋下氏の巧みな「思考停止の罠」にはまらないように努力するしかないのだろうか。

 

« 確かに面白い対談であった。 | トップページ | 大阪都構想の問題点Q&A »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/54045127

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下人気に思う。・・・Twitterもどき(2月22日7時35分):

« 確かに面白い対談であった。 | トップページ | 大阪都構想の問題点Q&A »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報