マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 難波は大変なことになっているようだ。・・・Twitterもどき(2月19日午後3時50分) | トップページ | ハシズムとの闘いには凄まじいものがあるようだ。 »

2012年2月20日 (月)

きょうは光市事件の最高裁判決の日だった。・・・Twitterもどき(2月20日午後6時15分)

 ブログのアクセスがやたら多いことで気づく。

 私は、特に感想はありません。結果は分かっていたことですし。

 それよりも、あの橋下懲戒請求扇動事件から既に5年近くが経過したということに感慨を覚えます。

 このときにあのアンケート事件がきっかけで「ハシズム」と闘っていこうという気持ちになったのには、何か因縁めいたものを感じます。

                libra

 思えば、あの扇動事件こそ、橋下氏の「ハシズム」の最初の発現だったのかもしれない。

 このときは「死刑廃止のために事件を利用している」とレッテルをはられた弁護団(実際には弁護団はこの事件の弁護をしていただけで死刑廃止が目的ではなかったのに)が橋下氏の「仮想敵」とされた。

 橋下氏のテレビによる懲戒請求の扇動はあからさまだった。橋下氏の扇動によって人々の本村氏に対する同情と被告人に対する怒りが一挙に弁護団に向けられた。

 橋下氏は刑事弁護人は国民に対して弁護の内容を説明する責任がある、弁護団は説明不足だとまで主張した(弁護団は既にネット上で記者会見をしているというのに。テレビ局が放映しないだけだったのに)。

 橋下氏の本質はあのときと全く変わっていないということを、今回のアンケート事件で実感した。

                libra

 数々の攻撃に、弁護団の方々はよく耐えられたと思う。

 本当にお疲れ様でした。

 

« 難波は大変なことになっているようだ。・・・Twitterもどき(2月19日午後3時50分) | トップページ | ハシズムとの闘いには凄まじいものがあるようだ。 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

これぞ不当な死刑判決そのものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/54033070

この記事へのトラックバック一覧です: きょうは光市事件の最高裁判決の日だった。・・・Twitterもどき(2月20日午後6時15分):

« 難波は大変なことになっているようだ。・・・Twitterもどき(2月19日午後3時50分) | トップページ | ハシズムとの闘いには凄まじいものがあるようだ。 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報