マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 大阪市職員アンケート凍結! | トップページ | 日本は今、大変危険な曲がり角に来ているのではないだろうか。 »

2012年2月18日 (土)

ようやくマスコミも報道し始めた。・・・Twitterもどき(2月18日午前9時30分)

 昨夜の記者会見を受けて、ようやく大手新聞、テレビも大阪市職員アンケート問題の報道を始めたようだ。

 遅いよ!

 記事を紹介したいところだが、(私はこれから仕事や家事があるので、ちょっと手間を省かせて頂いて)関心のある方はグーグルで、「橋下」「大阪」「アンケート」で検索されると、一杯記事が出てきますのでご覧下さい。 

               sun

 今回対応が早かったのは、労働組合はもちろんのことだが、弁護士会と共産党の志位委員長だろう。

 志位委員長は、橋下氏のことを「ヒットラー」にたとえている。

  橋下市長はヒトラー?志位氏「独裁政治」と批判(読売新聞)

 (志位氏は、もちろん「ドイツ共産党」の歴史もよくご存じだろう。

 ドイツ共産党がヒットラーとナチスの躍進を阻止できなかった、それどころか一時期ナチスと共闘までしてしまった、という暗黒の歴史が脳裏をよぎったに違いない。)

                 sun

 東京新聞の筆洗の筆者と朝日新聞の橋下番記者にはジャーナリストとしての良心を感じました。

 そして、私は、弁護士会も今回のことで大変見直しました。会長声明はすばやかった!

 (日弁連会長選の再投票にはぜひ会員の皆様は行って下さいね!)

 アンケートが開封されてしまっていたら、取り返しのつかない人権侵害が生じるところだった。

 そして、ナチスドイツと今の日本が違うのは、インターネットが普及しているということ。

 多くの有識者や良識のある一般市民がブログやツイッターで声を上げたことも大きかったと思う。

 本当にこんなアンケートがこのまま実施されていたら、「日本は民主国家か!?」と世界の笑い者になるところだった。

 これからは、アンケートの撤回・アンケート用紙の廃棄、橋下氏と野村弁護士の責任問題が焦点となるだろう。しかし、それはじっくりとやればいいし、「しっかりやってやるぞ」という人(弁護士も含む)がたくさんいることだろう。

                sun

 橋下氏は職員に「踏み絵」を踏ませるつもりで、ご自身がとんだ「踏み絵」を踏んでしまったと思う。

 この事件で、橋下氏と大阪維新の会の国政進出に警戒心を抱いた人も多いだろう。

 私も今までは「大阪のことだから大阪人が決めればいい」と思っていたが、これからはそうも言っていられなくなった。

 とにかく、日本国民は橋下氏と大阪維新の会の動向には眼を光らせている必要がある、油断大敵!ということだけはこの事件ではっきりした。

 橋下氏については光市事件のときからの因縁もあるし、この事件を契機にいろいろと知ったこともあるので、時間のある限りこれからも記事に取り上げていこうと思う。

« 大阪市職員アンケート凍結! | トップページ | 日本は今、大変危険な曲がり角に来ているのではないだろうか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

仰っていること・感じておられる危機感には何の異議もありません。

あのアンケート(と称されるもの)の設問の一部を報道している番組がありました。
アンケートを行う事の是非とは別に、設問に問題がありすぎます。
法律上の問題を問うもので、法律上の正答が導き出せない、悪問が含まれています。

そんなこんなで、「違憲・違法となり得ると思っていたら、あの設問は設定できない」と思いました。
それだけに、余計に危うさを感じました。

社会主義や共産主義政権の樹立には革命が必要ですが、独裁政治の樹立には革命は必要で無く、民主政治(普通選挙)があれば十分ですし。
今は「ラジオ」より強力な「テレビ」が味方してくれれば、或いは味方にすることに成功すれば、ある意味無敵ですから。

みなさんは大阪の大衆を買いかぶりすぎです。
今回のアンケートの具体的な内容なんか見たことない人ばかりです。

他方、橋下氏に反対するのは、共産党、弁護士会、労働組合、市職員、朝日新聞…
いかにも敵の多い人たちばかりです。

アンケートの内容も知らない大阪の大衆がこの図式を見ればどういう反応を示すかはもうおわかりですよね。

確かに多くの良識ある市民がブログ等で声を上げていますが、恐ろしいのはこの人たちが上記抵抗勢力のシンパとのレッテルを貼られて終わってしまう可能性が高いことです。

そして、インターネットが普及しているからこそ、狂気は拡大の規模も速度も大きくなります。光市事件弁護団へのバッシングはインターネットがなければあそこまで大きくならなかったと思います。

大阪の弁護士さんへ
 一体どうしたらいいのでしょうか?
 私は大阪市民と国民の良識を信じたいと思っているのですが・・・。

 マスコミの責任は大ですね。特に産経新聞の責任が大なのではないでしょうか。

 あのアンケートの文面はもっと取り上げられるべきです。
 欧米だったら、マスコミや国民はどういう反応をしたでしょう。

 私は、このまま橋下氏の暴挙をうやむやにしてしまうことは、ゆくゆく怖ろしい結果を日本にもたらすような予感がします。

まず、国民の良識なんて存在しないと認識するところからスタートしないとだめなんじゃないですか?
国民は正しい意見だから支持するとは限らないです。
少なくとも橋下氏はそこからスタートして大成功しているんですから。

正しいスタートラインにつかない限り、いつまでたっても差は開くだけですよ。
後続がスタートラインについてすらいないことを見て、橋下氏は余裕で流して走ってるんですから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/54012648

この記事へのトラックバック一覧です: ようやくマスコミも報道し始めた。・・・Twitterもどき(2月18日午前9時30分):

« 大阪市職員アンケート凍結! | トップページ | 日本は今、大変危険な曲がり角に来ているのではないだろうか。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報