マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月27日 (金)

1月ももう終わりだが。・・・Twitterもどき(1月27日午後8時20分)

 そろそろ帰ろうと思っていたら、大変なメールやファックスが届いた。

 こんな金曜日遅くになって・・・despair  来週早々の期日なのに・・・angry

 2月は寒くなりそうだが、遠方の出張が多くなりそうだ。

 久しぶりに仙台へも行く。

 震災後、仙台空港の様子も変わったのかなあ。あの震災のときの空港周辺の悲惨な光景が目に浮かぶ。

 それにしても、今はネットで簡単に飛行機の予約ができるから楽である。

 格安航空券のサイトを見ていて、結局仙台駅前のビジネスホテルで一泊することにした。その方がかえって安いし、時間も有効に使えそうだったから。

 2月は寒いし忙しいし、体調管理に気をつけよう。

 当日雪が降らなければいいのだが・・・。

 

2012年1月25日 (水)

犬と規制・・・ドイツの場合

 昨日は、偶然この番組を見て、ドイツの犬事情にちょっと驚いた。

旅のチカラ 「動物の孤児院 “犬の幸せ”を考えた~女優 浅田美代子・ドイツベルリン~」

                       (NHK  BSプレミアム)

 ドイツでは犬を飼うのに実に厳しい規制があるというのである。

 犬は徹底的に守られている。

 日本では、飼い手の見つからない野良犬は殺処分されてしまう。その残酷さはたまらない。

   私の過去の関連記事:ガス室で最期を迎える犬たち

 ところが、ドイツでは、野良犬や虐待されて飼い主から引き離された犬などを「ティアハイム」という施設で手厚く保護するそうだ。

 このティアハイムを女優の浅田美代子さんが訪ね、問題犬シャーロック(闘犬の一種らしくて、どう猛そうな犬)の世話をする。シャーロックが次第に浅田さんになついて、言うことを聞くようになっていく過程も面白い。

 浅田さんは、実際に目が見えなくなった老犬を引き取って献身的に育てているそうだ。

                dog 

 驚いたのは、ドイツには

   ペットショップがない 

  「犬税」なる税金がある

  子犬は生後8週間たたないと親犬から引き離すことができない

 などを定めた法律があるらしいのだ。

 「人権」ならぬ「犬権」があるのかと思うほど、犬は手厚く守られている。

 子犬とともに「ドッグスクール」に通う人が多く、犬はしっかりしつけられるので、電車やレストランでも飼い主と一緒。電車でもレストランでも、無駄に吠えることなく、飼い主の命令に従ってじっとしている。危険な犬種には口輪が義務づけられてもいるそうだ。

 ドイツで犬を飼うにはお金も時間も必要のようだ。

 もっとも、それでも犬を捨てる飼い主もいるわけで、そのためにティアハイムなる施設があるわけだ。この施設、犬一匹あたりに与えられる面積はとても広く、相当お金もかかっていそうだ。寄付金やボランティアに支えられてはいるらしいが。

 ドイツにはペットショップがないので、このティアハイムかブリーダー(やはり相当規制があるらしい)から犬を手に入れるほかない。

 飼い主になるための審査も厳しいらしい(お試し期間などもあるらしい)。

                dog

 もっとも、犬がこれだけ守られているので、人間は更に手厚く保護されているだろうと思って番組を見ていたら、ベルリンにも路上にホームレスがいるのだ。

 犬のためにはあれだけの施設を用意するのに、ホームレスは寒い路上に放置しているのか。

 これにもちょっと驚いた。

 ホームレスも犬を飼っていて、「ちゃんと犬税を納めワクチンも打っている」と言っていることに浅田さんは驚いていたが、私はホントのこと言っているとは限らないだろう、それよりこの人たちを保護したらどうなの、と思ったものだ。

                 dog

 とはいえ、ドイツの「犬を飼うということ」に対する規制の厳しさには驚いた。

 (日本で「ペットショップ禁止」なんて言ったら、新自由主義者がなんと言うだろう。)

 犬を飼うということはそれだけ責任が重いことなのだと言ってしまえばそれまでだが、もし日本だったらこれでは「それでも犬を飼おう」という人は極端に減ってしまうのではないか。

 私も犬は大好きだが、ドイツで犬を飼うのには尻込みしてしまうだろうな。

 ただ、私が犬だったら絶対ドイツで飼われたい、と思う。

 ・・・NHKのBSはなかなか面白い番組をやっている。私は最近テレビはBSばかりを見ている。

 この番組は、またNHKプレミアムで再放送があることだろう。

 犬好きの人は必見です。

注:以上は、私のNHKの上記番組を見ての一視聴者としての感想です。

 私は、ドイツの動物愛護関係の法律や現状については全くの素人ですので、NHKの番組内容が正しいか否かを検証できる立場にはありませんことをお断り致します。

(追記)        

ドイツの犬事情については、こちらが詳しい。ドイツで獣医をされている方のブログです。

 ドイツ犬事情 (ドイツ式ペット問題行動解決!)

2012年1月23日 (月)

ロースクール制は本当に必要なのか?・・・Twitterもどき(1月23日午後5時30分)

 予備試験の出願期間が始まったらしい。 

 http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji07_00057.html 

 予備試験は、まるで司法試験そのものみたいにフルコースの過酷な試験だ。

 ・・・つくづく思う。

 法曹をめざし、司法試験に合格しようとする人が、ロースクールを卒業してから司法試験を受験しようと、独学で司法試験を受験しようと、いいではないか?

 ロースクールを卒業していない者は、フルコースの予備試験に合格してからでないと、どうして司法試験を受験させてもらえないのか?

 受験生に、ロースクールに行ってから司法試験を受験するか、ロースクールに行かないで司法試験を受験するか、選択させてもいいではないか。

 法曹の質の担保は、司法試験と2回試験に委ねればいいのではないか(今も現実には委ねられているだろう)。

 ロースクールの教育がすばらしいものであるのなら、ロースクールに入学したいという人も多かろう。

 新自由主義からしても、「ロースクールを卒業した法曹」と「ロースクールを卒業していない法曹」に自由競争をさせればいいのではないのか。   

2012年1月21日 (土)

弁護士になるまでに借金1800万円!

 武本夕香子弁護士のブログを読む。

 ある修習生の話

 1,800万円もの借金を背負って弁護士をやるっていうのは、相当怖いことだ。私は実感をもって言える。

 弁護士を利用する国民にとっても、これは大変不幸なことだと思う。

 その借金の大半がロースクール時代のものだ。

                  libra

 私にも、先日、トップクラスのロースクール出身の修習生から話を聞く機会があった。

 私が、ロースクール制を廃止しても、すばらしい教育をしているロースクールであれば存続は可能であるし、企業の法務担当者や弁護士などの実務家も講義を受けにいくだろう、と話をしたところ、

 その修習生は、

 「弁護士になってから受けるほどの講義はないと思う。日弁連の研修も充実しているし。やはりロースクールで学んだことは机上のものだったということが修習生になってみてよく分かった。前期修習は絶対に必要だと思う。」

 と言っていた。

 また、

 「弁護修習で文章を添削してもらうと、とても勉強になる。ロースクールでは、こういう機会はなかった。」「もし2年前に実務に直ちについていたら、今はもっと成長できていたと思う。」

 という感想も述べていた。

 トップクラスのロースクールでもそんなものか、と私はちょっとびっくりした。

                  libra

 そういうロースクール制のために、国は「補助金」という形で大金(70億円?)をつぎこみ、学生は「奨学金」という多額の借金を背負って法曹としてスタートしなければならない。

 しかも、その代償がそんなに役に立たないものであろうとは・・・。

 こんな理不尽な制度の存続が許されていいものかと思う。

野田総理大臣だけではないでしょう。・・・Twitterもどき(1月21日午後2時35分)

 やらなければならないことが山積みなのに、生牡蠣のたたりか元気が出ず。

 週末の間に一つ書面を書いておきたいし、掃除、洗濯、料理にも取りかからねば・・・。

 その前にPINEさんのこの記事を見て笑ってしまった。

 民主党のマニュフェストなんて、見たこともないが。PINE's page) 

 この街頭演説をしっかりビデオにおさめていた人はさすがだ。将来を見越してのことだったんだろうか?

 ・・・・・これを見て、思ったことcatface

 今回の日弁連会長候補者4名の10年前の司法改革についての言動を、記録に残していた人ってみえないんだろうか?

 ぜひ、今回の公約と比べてみたいものだ。

2012年1月20日 (金)

生牡蠣にあたってしまった!・・・Twitterもどき(1月20日午後5時5分)

 昨日の夕食に生牡蠣の酢の物を食べたら、夜中にものすごい腹痛、下痢に悩まされるcoldsweats02

 やはり、ノロウィルスだろうか。

 ノロウィルス感染症(国立感染症研究所 感染症情報センター)

 私は、生牡蠣の酢の物が大好物で、よく食べるのだが、今までこんなハメになったことはなかった。

 でも、発熱も吐き気もなく、朝になったら案外ケロリとしていて、しばらくすると食欲も出てきた。

 こういうときは下痢止めなどの薬には頼らない方がいいようだ(出すものは出してしまった方がいいbearing 食事中の方、ゴメンナサイ)。

 ただ、昨夜はあまり眠れなかったため(トイレに何度も駆け込んだため)、午前中は自宅でゆっくりし、急ぎの仕事もあったので午後からは出勤した。

 やはり、冬場でも、生物には気をつけないと。

 生牡蠣は当分食べられそうもない。おいしいんだけどな。

2012年1月19日 (木)

早くこの結果を知りたい!・・・Twitterもどき(1月19日12時20分)

 昼休みにこのニュースを見る。

福島第1原発:原子炉格納容器内 初の内視鏡調査

   毎日新聞 2012年1月19日 11時16分(最終更新 1月19日 11時39分)

 一体、格納容器内はどうなっているのか?核燃料はどうなっているのか?

 最近は内視鏡は建物の配管内の調査にも役立っている。私の住んでいるマンションでも昨年配管調査がなされ、配管内の内視鏡検査の動画なども見せられた(ちょっと気持ち悪いものだったが)。

 技術は進化しているのだから、こういうことも可能だろうと思っていた。

 しかし、作業に予想される被爆線量はかなりの量だ。

 作業にあたられる方の無事をお祈りします。

 

書証作成の面倒・・・Twitterもどき(1月19日11時28分)

 今週から来週にかけて膨大な量の書証を作成しなければならない。

 紙送り式の単純な作業ではコピーができないので、事務員の手間は半端でない。

 裁判所にはPDFファイルをUSBに入れて提出したいくらい。

 こういう手間については、依頼者の方々にはあまり分かって頂いていない気がする。

 

2012年1月17日 (火)

日弁連会長選が近づいているが。・・・Twitterもどき(1月17日午後8時35分)

 自宅で準備書面作成中。

 この時期、事務所には山のような日弁連会長選挙関係の書類が送られてくる。「ヤギが飼える」などとおっしゃっていた弁護士もおられるようだが、確かにそうも言いたくなる。

 私のところには、葉書やパンフレットが郵送されてはくるが、さすがに某候補者2名のファックスは受領拒否の意思表示をしたため、その後は送られてはこない。

 それくらいの配慮はして下さるようだ。

 他の弁護士がブログで紹介されていたファックスの内容からするに、見ればまた腹が立つばかりだっただろう。

 過去のあやまちについては知らん顔。

 若手の方々は知らないことだから、どんどん気を引くようなことを並べておけということか。

 ・・・ともあれ、不快なファックスを見なくてすむようになったのはよかった。

 当分、仕事やその他の大事なことに集中したい。

ご冥福をお祈り致します。

 昨日は、愛知県弁護士会の会員が鉄道事故で亡くなられ、本当にびっくりした。

 裁判所や弁護士会でお見かけしたことがある程度で、直接には存じ上げない方であったが、まだ若い方で、大変お気の毒である。

 ニュースは、事故として扱っているものと、自殺であるかのように扱っているものとに分かれているようだ。ただ、ニュースの状況をみる限りでは自殺の可能性が高いようにも思える。

 一体何があったのか。事故であるなら、きちんと真相を究明して頂きたいものだ。

 子どもの人権を守る活動をされていた方のようである。本当に残念なことだ。

 ご冥福をお祈り致します。

2012年1月14日 (土)

末期的だなあ。・・・Twitterもどき(1月14日午前9時30分)

 これから仕事。連休中に頑張ったので、少し楽になった。

 今年は日弁連会長選の年である。今年は、私にはなんだか遠い出来事のように思えるのだが。

 でも次々と葉書やパンフレットが送られてくるので、どうなっているのかちょっとこちらを拝見した。

 日弁連会長選挙の解説と予想 (花水木法律事務所)

 さすが、「こんな日弁連に誰がした」の著者であり「日弁連評論家」の小林正啓先生だ。

 おそらく状況はこのとおりなのだろう。

 分裂しまくりの日弁連。どこぞの政党の末期のよう。

 毎度毎度、消去法の投票行動しかできないのが悲しい。

 ところで、小林先生は一体どなたに投票するのかなあ。

2012年1月13日 (金)

私のお気に入り(その2)ミスト製造器・・・潤いがほしい!

 「マメモ」と同様、年末に購入したもの。

Nanotaim_002

 製品名は「ナノ・タイム」というらしい。要するに水や化粧水などを入れておいてスライドすると、一定の時間ミストが出るというもの。

 グルーポン+割引券を使って、2,300円で購入(定価は1万円を超えるらしいが)。

 購入してからというもの、乾燥する冬の事務所や自宅の部屋の中で、これは必需品となっている。外出するときも持ち歩いている。

 スプレーと違って、とてもきめ細かなミストが出てくるので、化粧の上から使っても化粧崩れがしない。

 冬の乾燥は乾燥肌や加齢肌に大敵。いくら加湿器を使っていても、肌は乾燥するし、これで作ったミストを顔にかけると、マイナスイオン効果?クールダウン効果?なんだかホッとするのである。

 これを使うようになってからお肌の調子も良い感じ。

 女性向けの商品だが、男性が使ってもいいのでは。

 ただ、あまり粘りけのある化粧水を入れるとミストにならないらしいので注意が必要。

 私はお安めの資生堂の「肌水」を入れて、ふんだんに使っている。

 耐久性がどの位あるのかは疑問だが。

 これを持って温泉に行きたいなあ。湯上がりのほてった顔にこのミストをかければ、さぞや気持ちがいいことだろう。

  一体いつのことになるのやら・・・。

2012年1月11日 (水)

大阪弁護士会のCM

 ボ2ネタに紹介されていたので、見てみた。

 http://www.osakaben.or.jp/web/movie/tvcm.php

 ・・・・・・・ gawk

 私にはこういうものを評することのできるセンスがないので、何とも言えない。

 しかし、イメージUPのためのCMとしても、具体的な集客のためのCMとしても、なんだか中途半端な感じがする。

 大阪人はこのCMを見て、「弁護士会に法律相談に行ってみよう!」という気になるのだろうか。

 例の弁護士会の広告塔の件といい、私には大阪の人の考えることはさっぱり分からない。

2012年1月 9日 (月)

祇園女御

 昨夜のNHKの「平清盛」。

 私が密かに楽しみにしていたのは「祇園女御」がどのように描かれるかということ。

 今回は松田聖子さんが演じるので話題になっているが、もともと「祇園女御」は平家物語にも、かつての大河ドラマ「新平家物語」(吉川英治原作)にも登場し、実在の人物とされている。

 しかも、平家物語でも、新平家物語でも、もともとは白河法皇の寵愛を受けた白拍子で、清盛の父忠盛に褒美として与えられ、そのときに既に清盛を妊娠していたという設定だった。

 つまり、「清盛の実母」とされていた。

 私は、かつての大河ドラマ「新平家物語」で新珠三千代さんが演じていた祇園女御がとても印象に残っている。新珠さんもまた上手かった。

 しかも、ホームドラマの大御所である平岩弓枝さんの脚本だったので、中村勘三郎さんの演じる貧乏でかなり情けない平忠盛と贅沢でわがまま放題で忠盛を翻弄する新珠さんの演じる祇園女御の夫婦のやりとりがまた面白かった(こんな夫婦は現代にもたくさん存在するだろう)。

 しかし、歴史的事実としては、どうも清盛は祇園女御の実の子ではないらしい。

 だから、今回の大河ドラマの方が歴史的事実としては正しいのかもしれない。

 実際は、祇園女御は実母ではなく清盛の庇護者であったようだ。

 でも、ドラマとしては、松田聖子さんにあの新珠さんが演じていた祇園女御を演じてもらいたかったので、ちょっと残念。

 結構はまっていた気がするのだが。

              typhoon

 NHKは大河ドラマ50年目ということで、制作費もかけ、かなり力を入れていることがこのHPを見ても分かる。

 女性陣の衣装なども楽しみ。

 ただ、紗を使ったり、しびら(前掛けのようなもの)を長くしたりするのは、時代考証からはずれていて、ちょっとどうかと思う(絵巻物に描かれているのと明らかに違う)。別にそのような小細工をしなくても、目的は達せられような気がするが。

そして、いくらなんでも、北条政子のあのメイクと衣装はないでしょう。あれでは、まるで女山賊ではないか。

 柘植伊佐夫さんの人物デザインによるものらしいが、ちょっと遊びすぎではないか。

 そして、初回を見る限り、あまりに清盛の父忠盛(中井貴一さんが演じる)が立派でカッコよすぎるような。清盛の実母とのエピソードも現実離れしているような。

 (まあ、そこはドラマだからといえばそれまでだが、それなら祇園女御も脚色してもらいたかったなあ。)

 やっぱり、忠盛は平家物語や新平家物語にあるような、かつて中村勘三郎さんが演じていたような、見かけはかなり情けない(しかし実は賢人)という感じの方がドラマ的にもその後の展開が盛り上がるような気がする。

 貴族社会の中で下層階級とされていた武士の台頭をダイナミックに描きたいというのが今回の大河ドラマのテーマのようだ。

 「下層階級のエネルギーが爆発して時代を変える」というのは、なんだか今の格差社会の閉塞感を皮肉っているようにも思えるが、どうなんだろう。

2012年1月 8日 (日)

悪筆の弊害・・・Twitterもどき(1月8日午前9時25分)

 きょうは、まる1日仕事をする予定。

 カルテ(厚さ1.5センチほど)を読み終える。電子カルテだったので大変楽であった。

 手書きの悪筆のものなら、こんなに早く読めなかっただろう。

 1行読むのに四苦八苦することが多いから。

 ボ2ネタで司法試験の論文試験の答案の悪筆を試験委員が嘆いていることが話題となっていたが、その試験委員の気持ち、私はよく分かる。

 (でも、最後のコメントを書いたのは私ではない。)

2012年1月 7日 (土)

「原発訴訟」(海渡雄一著)

 これから読もうと思っている岩波新書。

Genpatu

 私は浜岡原発訴訟の弁護団の名ばかりの一員となっている。

 本当に名ばかりなのだが、このような本を頂いてしまった。

 海渡雄一氏の著書「原発訴訟」(岩波新書)。

 もちろん、福島原発事故にも触れられており、被害者の救済策などについての提言もある。

 これは読まねば。

 パトリシア・コーンウェル著の「変死体」をようやく読み終えたので、これから読もうと思っている。「変死体」の読後感想はまた後日書きたい。

 コーンウェルの小説はアメリカにおける最新テクノロジーの悪用による恐怖を描いているが、日本で現実に起こった、あるいは起こりうる原発事故の方がはるかに怖ろしい。

2012年1月 6日 (金)

またまたメーリングリスト設定についての警告FAXが。・・・Twitterもどき(1月6日午後5時15分)

 きょうは、会長選がらみのファックスが次々とくると思ったら、今度は日弁連の事務総長からまたもやメーリングリスト設定についての警告ファックスがきた。

 全会員にファックスするよりも、管理者を探して直接電話でもファックスでもメールでもした方が早いと思うのだが。

会長選がらみのファックス拒否・・・Twitterもどき(1月6日12時35分)

 きょうから事務所は仕事始め。

 早速、日弁連会長選がらみのファックスがくる。

 「若手弁護士の票ねらい」がみえみえの宣伝文句が並んでいる。

 あなたは今まで何をしてきたのか!と言いたい。

 誤った司法改革を推進してきた人がよくもこんなことをしゃあしゃあと言えるものだ。まず、自分の見通しが甘かったことを陳謝すべきでしょう。

 人の事務所のコピー用紙を勝手に使用してのこの手のファックスにはもううんざりだ。

 早速、ファックス拒否のファックスを送信。

 それでもファックスしてきたらどうしようか。

2012年1月 4日 (水)

仕事始め・・・Twitterもどき(1月4日午前9時10分)

 事務所はまだお休みだが、私は実際には昨日から仕事始め。

 早く書面を作成しなければならないから。そうそう休んでいられない。

 ・・・それにしても、弁護士会は、早く「メーリングリスト問題」に対処してほしいわ。

 管理者の方々は、日弁連からのファックスを見て、設定のチェックや参加者のチェックが必要でしょう。

2012年1月 3日 (火)

ハエ型ロボット・・・Twitterもどき(1月3日午後4時55分)

 どうしてこういう標題になったかというと、ある本を読んでいるからです。

 パトリシア・コーンウェル著のスカーペッタシリーズ最新作「変死体」。

 (読んでる方にはお分かりでしょうが。これから読もうという方はこの先は見ない方がいいかも)。 

 この小説の中に出てくる「フライボット」が実際に開発されているものとは驚いた。

 ハエ型のスパイロボットがデビューjoh's feed )

  ハエを模した極小の飛行ロボット(WIRED ARCHIVES)

 アメリカではこんな物が既に軍事目的で開発されているらしい。こんな物が飛び交うようになる世界というのは、なんとも恐ろしい。

 小説の方はまだ半分程度しか読んでいないが、最近のこのシリーズの中ではかなり面白いかも。

 正月休みの間に読了する予定。

2012年1月 1日 (日)

新年あけましておめでとうございます。

 穏やかな元旦となりました。

 昨年日本は大きな災いに見舞われました。昨年の元旦にはそんなことは予想もしていなかったのを覚えています。

 今年はどんな年になるのか。誰にも分かりません。よい年になることを期待するほかありません。

 そして、ちっぽけな人間である私は、一日一日一生懸命生きていくしかありません。

 ただ、今年は、私にとって大変忙しい年になるだろうということだけは予想がついています。

 ブログの更新は滞りがちになるかもしれませんが、時折はお越し下さい。

 今年の(さしあたっての)抱負: 減量。やせてパワーがほしい!

・・・・・というわけで、今からウォーキングマシンに乗ります。

 (確か去年もそうだった気がするがcoldsweats01

Hana_009

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報