マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 確かに気になる。・・・Twitterもどき(11月13日午前10時) | トップページ | 腹の立つことが続く。・・・Twitterもどき(11月19日午前2時40分) »

2011年11月14日 (月)

匿名の手紙または匿名のメール

 仕事柄、匿名の手紙や匿名のメールを見ることがある。

 匿名の手紙は古今東西あるもので、そういえば以前の記事でご紹介した「赤と黒」(スタンダール著)の中にもよく登場する。

 「赤と黒」では、レナール夫人とジュリアン・ソレルが、レナール氏のところに2人の浮気を知らせる匿名の手紙が届いたことに大慌てをする。そして、なんとレナール夫人は自分宛てにも匿名の手紙が届いたことにして(レナール夫人自身が自分宛ての匿名の手紙を作成して)危機を逃れるのである。

 これは純真無垢な女性として描かれているレナール夫人の意外な一面を示す重要なエピソードであった。 

 今は手紙ではなく、匿名のメールの方が多いか。

                libra

 そういえば、「偽メール事件」というのもあったなあ。民主党はよくあんなメールを裏も取らずに証拠にしようとしたものだとあきれたものだった。

 当時の民主党の代表が前原誠司氏、そして、国対委員長が野田佳彦氏。

 こういう方々が重鎮である民主党が果たして自国の国益のためなら「生き馬の目を抜く」ようなアメリカと対等に渡り合うことができるのだろうか。

 私は勉強不足でTPPに参加するメリット・デメリットがよく分からないが、少なくともTPPに参加した後の交渉能力という点ではとても今の政府がアメリカと太刀打ちできるような気がしない。

 やはり、あの偽メール事件のときの不信感がいまだに残っているからだろうか。 

                 libra

 弁護士なら、匿名の手紙や匿名のメール(もちろん偽メールにも)には十分注意が必要だ。

 この人が書いたに違いないという思い込みは禁物。証拠にしようとするときは、もちろんのこと。

 こういうものには、どこに落とし穴があるか分かったものではない。

« 確かに気になる。・・・Twitterもどき(11月13日午前10時) | トップページ | 腹の立つことが続く。・・・Twitterもどき(11月19日午前2時40分) »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

このコメントも匿名になってしまいますが、いつも楽しく拝見しています(笑

『赤と黒』の話題が出てのでついついコメントしてしまいました。

さて、先生はTTPと記載されていらっしゃいますが、きっとTPPのことだと思われますので、お気をつけ下さいね。

上のコメントの方へ
 ご指摘ありがとうございました。
 訂正しました。
 
 TTPという病気があるので、ついTPPと混乱してしまうのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/53246105

この記事へのトラックバック一覧です: 匿名の手紙または匿名のメール:

« 確かに気になる。・・・Twitterもどき(11月13日午前10時) | トップページ | 腹の立つことが続く。・・・Twitterもどき(11月19日午前2時40分) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報