マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« ある日の法廷と裁判員制度 | トップページ | 給費制、いよいよ大詰め! »

2011年10月28日 (金)

教育は成果主義になじむか?

 ボ2ネタで紹介されていた記事。大阪は、いろいろと大変なことになっているなあ。

 大阪ダブル選:これはどうする/3 教育基本条例案 

 ◇競争促すだけでいいの?--幅広い受け皿必要 

 毎日新聞 2011年10月27日 大阪夕刊

  大阪府内のある府立高校で今月、府議会で審議中の「教育基本条例案」が授業で取り上げられた。「それって、俺らみたいなのはいらんってことか」。3年の男子生徒が声を上げると、関心がなさそうだった生徒にも動揺が広がった。

 条例案は、橋下徹知事(42)が率いる「大阪維新の会」が提案。「世界標準で競争力の高い人材を育てる」を基本理念に掲げ、「3年連続定員割れの高校は統廃合」と定める。

 この高校は、一人親や経済的に厳しい家庭で学力の低い生徒が多い、いわゆる「困難校」だ。遅刻や不登校が多く、授業を落ち着いて聞くことさえ難しい。今春入試では大幅に定員割れした。

 進級できなかったり、家計が厳しかったりして1年もたたずに退学する生徒が少なくない。親も生活に必死で、電話しても連絡が取れないケースが目立つ。それでも教諭らは、少人数授業で一人一人に目を配り、試験前には補習も実施。問題行動があれば根気強く指導してきた。

 1年の時は反抗ばかりしていたが、3年になると真面目に勉強し、就職活動に取り組むようになる生徒もいる。同校の女性教諭(52)は「家庭環境が厳しく勉強が嫌いでも、友達や教師と信頼関係ができるにつれて学校が落ち着ける居場所になっていく」と話す。

 教育の場に、無条件に競争主義、新自由主義を持ち込んでいいのか、考えさせられる記事だ。

 確かに問題のある学校もあるし、やる気のない問題教師もいるだろう。しかし、そんな人ばかりではなく、厳しい環境の中、成績は上がらずとも一生懸命(学力の向上のみではない)真の教育に取り組んでいる教師の方もおられよう。

  橋下氏は08年2月の就任以来、競争主義を基本とする教育改革を進めてきた。今年度から、府立高校の進学校トップ10校を「エリート校」に指定。進学実績やスポーツで全国的に評価されたり、中退率改善などで成果を上げたりした高校には特別に予算を配分する。

 なんか、高校の段階で、「進学校」であることだけを基準に「エリート校」という名称を付するのはイヤな感じがする。

 橋下氏や維新議員らは、競争についていけない子供のための「セーフティーネットはきちんとやる」と強調する。しかし、長年定員割れが続いている府立高校の男性教諭(54)は「複雑な背景を持ち、うちにしか来られない生徒がほとんど。そんな学校をつぶして、どこへ行けというのか」と憤る。

 「競争に落ちこぼれた人たちにはセーフティーネットを完備するから大丈夫」というのは、小泉政権下で竹中平蔵大臣がテレビで連呼していた言葉だ。しかし、その後、セーフティネットは充実したか?格差社会が進行しただけではないのか。

 経済の場面でも強勝劣敗をよしとする新自由主義に対する批判が高まっている今、最も新自由主義が似つかわしくない教育の場面でもこの言葉を再び聞くとは思わなかった。

              typhoon

 大阪の人には悪いが、この人に国政の場に出てきて頂きたくないというのが私の本音だ(「大阪国」内にとどまっていてほしい)。

 若くて元気がいいのはいいが、ちょっと思慮の足りないところがあるのではないか。

 ※ 橋下氏には、「早春スケッチブック」(脚本山田太一氏)でも見てほしい。

   「早春スケッチブック」(テレビドラマ)の話(追記あり)参照)

   ちょっとは考えが変わるかも。

 国の基幹をになうことに拙速な改革が危険であることは、教育も、司法も同じだ。

(参考)給費制の決起集会・パレード・院内集会(弁護士武本夕香子・最新情報詳細)

 院内集会で印象に残った国会議員の発言としては、「司法改革が失敗だったことは、もう明らかではないか。」「いきなり出てくる議論には気をつけなければならない。TPPもそうだが、何の前触れもなく突然出てくる議論は間違っていることが多い。」等との発言でした。

 「いきなり出てくる議論には気をつけなければならない。TPPもそうだが、何の前触れもなく突然出てくる議論は間違っていることが多い。」

・・・・・中央でも地方でも、政治家には先々を見通す力が必要だと思う。楽観しない用心深さも必要だ。

 司法改革もそうだが、教育のような極めて繊細な配慮の必要な分野では、一旦間違った方向に突っ走ってしまうと修正が難しく多くの悲劇を生んでしまう。

 そういえば、法科大学院(日本版ロースクール)もそうだなあ。

(追記)

 上記毎日新聞の記事によれば、大阪府の教育基本条例案は、

「教育への民意の反映」を目的とし、知事が教育目標を設定し、達成しない教育委員は罷免

 ええーっ!

 ということは、橋下氏が大阪府知事のままだったら橋下氏が「教育目標を設定」するところだったわけ?

 大丈夫か、大阪shock

« ある日の法廷と裁判員制度 | トップページ | 給費制、いよいよ大詰め! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/53100381

この記事へのトラックバック一覧です: 教育は成果主義になじむか?:

« ある日の法廷と裁判員制度 | トップページ | 給費制、いよいよ大詰め! »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報