マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 弁護士のアウトリーチの危険性は無視されるべきではないと思う。 | トップページ | ある日の法廷と弁護士強制主義 »

2011年10月25日 (火)

昨夜の民主党法務部門会議は大変だったようだ。

 司法修習生の給費制維持か貸与制移行かについて、昨夜は民主党の法務部門会議が開かれ、大議論となったようだ。

 橘秀徳議員のTwitter http://twitter.com/#!/touch_tachibana を見ると、状況がよく分かる。 

本日の法務部門会議で、給費制廃止、貸与制への移行に賛成意見を述べた議員は僅かに2名。圧倒的多数が給費制の維持に賛成意見を述べた。
 座長は、この法務部門会議の状況を客観性をもって、座長が報告書を政策調査会に提出することになった。大きな声が飛び交う会議となった。仮に多数の議員が賛成する案が採用されず、霞が関が主導する少数意見が採用されるなら、もはや民主主義にあらず。その様なことにならない様、最後まで戦いたい。
 しかし、結局、こういうことになってしまったようだ。

 「給費制」存廃、前原氏に一任=民主 (時事ドットコム)

 前原氏は、民主党の法務部門会議の圧倒的多数の意見を重視して頂きたい。

 それが政治主導をモットーとする民主党のあるべき姿だろう。

« 弁護士のアウトリーチの危険性は無視されるべきではないと思う。 | トップページ | ある日の法廷と弁護士強制主義 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/53079924

この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜の民主党法務部門会議は大変だったようだ。:

« 弁護士のアウトリーチの危険性は無視されるべきではないと思う。 | トップページ | ある日の法廷と弁護士強制主義 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報