マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« これのせいだったのね(追記あり)。 | トップページ | 仙台弁護士会の震災関係Q&A »

2011年5月11日 (水)

「原発鬱」か「管鬱」か・・・。

 きょうは、この記事を読んで鬱になる。

 一時帰宅、40日間主人を待ち続けた愛犬が…

 きょうはこんなニュースもあった。

 原発事故の賠償支援決着へ

 こういう方々にはきっちり責任を取ってもらいたい。責任逃れは許されない。

原発事故が突きつけたガバナンスの欠如――責任をなすり付け合う東電と政府・政治家たち(1) (東洋経済)

 電気料金の値上げを考えるのは、政府と東電がやるべきことをやってからのことでしょう。 

 精神科医の香山リカさんは「原発鬱」という造語を用いてこんな記事を書かれている。 

不安の正体は原発問題。
いま「原発鬱」とも呼ぶべき症状が増加している
(ダイヤモンドオンライン)

 私は、「原発」そのものというよりも、もっとも安全が重視されるべきことに対する日本の政治・社会のシステムや技術力に対する強い不信感が、鬱の原因となっているような気がする。

 少なくとも私はそうである。

 安全、安心と思っていたものが崩れ去ったことによる不安が鬱の原因ではないか。

 ここまで酷くはないと思っていたのにここまで酷かったとは・・・、「日本ってこんな国だったの?!」 という絶望感が原因といってもいいかもしれない。

               thunder 

 管さんはそれなりに頑張ってはいるのだろうし、浜岡原発をストップさせたことは英断だったとは思うが、あの人の顔を見ていると、どうしても原発事故に対する取り返しのつかない初動ミスが思い出されて、「あのときちゃんとしていてくれればこんなことにならなかったのに・・・」という責める気持ち、後ろ向きの気持ちになってしまい、なかなか前向きの気持ちにはなれない気がする。

 なんだか、テレビ画面に管さんの顔が映ると、クラーイ気持ちになるのだ。

 「原発鬱」ならぬ「管鬱」かもgawk

 日本にはもっと明るいビジョンを語って違和感のない政治家はいないのだろうか。

 ・・・こういうとき、たとえばアメリカの大統領であれば、きっとうまい演説をすると思う。

 ブッシュ前大統領は(その後とんでもないところへアメリカ国民を導いたものの)消防士らをたたえたグラウンドゼロでの演説などはたいそううまかった。

 オバマ大統領が今日本の首相だったら、さぞや国民を力づける名演説をすることだろう。

 (どうも、日本の政治家で、こういうときの演説がうまそうな人が思い浮かばない。)

 管首相は、福島第一原発の現場に慰問に出かけ(もちろん生野菜や暖かい食事をしっかり携えて)、テレビカメラの前で激励の演説でもしたらどうなのか。

 そういうことができないのなら、国民の心の高揚のためにも、また外国の信頼を回復するためにも、この際、日本の顔を替えた方がいいと思う。

« これのせいだったのね(追記あり)。 | トップページ | 仙台弁護士会の震災関係Q&A »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/51642454

この記事へのトラックバック一覧です: 「原発鬱」か「管鬱」か・・・。:

« これのせいだったのね(追記あり)。 | トップページ | 仙台弁護士会の震災関係Q&A »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報