マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 先生、誰を信じたらいいんでしょう? | トップページ | きょうのNHKの7時のニュースは政府と東電に厳しかった。 »

2011年4月12日 (火)

ついにレベル7か?!

 最大で1時間1万テラベクレル

 福島第1原発の事故で、原子力安全委員会は11日、原発からは最大で1時間当たり1万テラベクレル(テラベクレルは1兆ベクレル)の放射性物質が放出されていたとの試算を明らかにした。政府はこれを受け、原発事故の深刻度を示す「国際評価尺度(INES)」で最も深刻な、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故に並ぶ「レベル7」とする方向で検討に入った。

       2011年4月12日(火)1時7分配信 共同通信

 事故評価引き上げ 「レベル7」へ(NHK)

原子力安全・保安院は、福島第一原発の1号機から3号機について、先月18日、32年前にアメリカで起きたスリーマイル島原発での事故と同じレベル5になると暫定的に評価していました。
レベル7は、25年前の1986年に旧ソビエトで起きたチェルノブイリ原発事故と同じ評価になります。
評価が上がった背景には、福島第一原発でこれまでに放出された放射性物質の量が、レベル7の基準に至ったためとみられますが、放射性のヨウ素131を、数十から数百京ベクレル放出したというチェルノブイリ原発事故に比べ、福島第一原発の放出量は少ないとされています。
原子力安全・保安院は、12日、原子力安全委員会とともに記者会見し、評価の内容を公表することにしています。

 ついに、チェルノブイリに並び、「フクシマ」は最悪の原発事故が発生した地とされてしまうのか。

 日本は、「ヒロシマ」と「フクシマ」を有する、世界で唯一の2種類の原子力被害の経験をもつ国ということになる。

 チェルノブイリのような爆発によって一挙に放射性物質が放出されたわけではないが、徐々に徐々に放出の量が増え範囲が広がるというのも怖ろしい。

 しかし、ようやく原子力安全委員会が前面に出てきたというのはよいことだ。

 そして、このようなニュースも。

 福島・浪江で34ミリシーベルト=大震災後の積算放射線量推計―安全委

« 先生、誰を信じたらいいんでしょう? | トップページ | きょうのNHKの7時のニュースは政府と東電に厳しかった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/51366830

この記事へのトラックバック一覧です: ついにレベル7か?!:

« 先生、誰を信じたらいいんでしょう? | トップページ | きょうのNHKの7時のニュースは政府と東電に厳しかった。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報