マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 震災被害者に対する支援のこころえ | トップページ | 叡智を結集して危機を乗り越えてほしい! »

2011年3月13日 (日)

もはや祈るしかないのか。

 怖ろしい事態だ。

 やはり、地震が予測されたこんな場所に原発を作ったこと自体が間違いだろう。

 テレビで、枝野官房長官や原子力安全・保安院の説明を聞いていても、その他の専門家といわれる方々の説明を聞いても、とんと腑に落ちなかったが、この元原子炉格納容器設計者と元原子力圧力容器設計者の説明は理解できた。

 原子力資料情報室記者会見 2011年3月12日(岩上安身オフィシャルサイト)

 海水を注入するという前代未聞の方法が成功することを、もはや祈るしかない。

 東電の担当職員の方々は、職業被爆も怖れず頑張っておられるのだろう。

 想像すると身も凍る。

 ただただ成功を祈るのみ。

(参考)

 米専門家、「未知の領域に入った」 福島原発(AFPBBニュース)

« 震災被害者に対する支援のこころえ | トップページ | 叡智を結集して危機を乗り越えてほしい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/51107556

この記事へのトラックバック一覧です: もはや祈るしかないのか。:

« 震災被害者に対する支援のこころえ | トップページ | 叡智を結集して危機を乗り越えてほしい! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報