マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 面倒くさいと思ったら負け!・・・Twitterもどき(11月15日12時55分) | トップページ | 昨日のセカンドバージン(NHK)を見て(ちょっと弁護士的視点から) »

2010年11月18日 (木)

裁判員の受けるショックというもの

 ついに裁判員制度はじまって以来の死刑判決が出た。

 そして、裁判長が判決読み上げ後に被告人に控訴を勧めるという異例中の異例の発言をしたという。

 [横浜2人殺害]被告に死刑判決 裁判員裁判で初 横浜地裁 (毎日新聞)

「控訴勧めたい」裁判長説諭に波紋 裁判員初の死刑判決(朝日新聞)

 このような異例の説諭をした裁判長の真意はどこにあったのか。

 ひょっとして裁判員の中で意見が分かれ死刑に反対した裁判員もいたたために、その裁判員の心情を配慮してのことか。

               libra

 この事件は殺害方法が大変残虐なこともあり、それだけでも裁判員の負担はものすごいものがあったであろう。

 そういう死体の写真を見るのは大変つらいものである。

 私も仕事柄解剖写真などを見ざるをえない場合があるが、仕事と割り切っていてもつらいときもある。しばらく食欲がなくなったりすることもある。

 また、事務員に写真のコピーを頼むときも、そういう写真があるのでコピーの際になるべく見ないようにと言っている。

 しかし、裁判員は裁判官と同等の立場で証拠を吟味しなければならない。そうでなければ、裁判官と対等の立場で議論することができない。だからそういう写真であっても見るべきだと思う。

 裁判員に選任された人は、職業裁判官と異なり自分から裁判員になることを買って出たわけではない。日本国憲法にも規定されていない事実上の「国民の義務」として裁判員にさせられているのである。

 なのに、どうしてこんな苦痛を味あわされるのだろう。

             libra

 今後、残虐な事件の審理に参加したこと、あるいは心ならずも死刑判決を下さざるをえなくなったことから、パニック障害などに陥る人も出てくるかもしれない。

 その心のケアをどうするつもりなのだろう。

 裁判員制度の導入に賛成した人たち(その中には多くの弁護士も含まれている)はこういうことも本気で考えていたのか。

 考えていなかったとすれば無責任にもほどがある。

 死刑制度に賛成か反対かにかかわらず、裁判員制度は即刻廃止されるべきだと思う。

 この方々の意見は参考にされるべきだ。

 特集ワイド:裁判員裁判の死刑判決 亀井・国民新党代表、田辺・元最高検検事に聞く

  (毎日新聞)

« 面倒くさいと思ったら負け!・・・Twitterもどき(11月15日12時55分) | トップページ | 昨日のセカンドバージン(NHK)を見て(ちょっと弁護士的視点から) »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

そもそも裁判員制度の意味が私にはわかりません。裁判員事件を担当し、今2件目をやっていますが、まったく意義を感じないです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/50059104

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員の受けるショックというもの:

« 面倒くさいと思ったら負け!・・・Twitterもどき(11月15日12時55分) | トップページ | 昨日のセカンドバージン(NHK)を見て(ちょっと弁護士的視点から) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報