マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 羽田空港の国際化・・・Twitterもどき(10月21日12時35分) | トップページ | 特急「しなの」に乗って・・・Twitterもどき(10月24日午前8時15分) »

2010年10月23日 (土)

敗北の責任は誰にある?

 日弁連の司法修習生の給費制維持運動が頓挫したようである。

  司法修習生、予定通り貸与制へ (産経ニュース)

自民党の部会では「一律給費は国民の抵抗が強い」などの意見が出て、貸与制への移行を決めた。

  自民党:司法修習生「給費制」に反対(毎日新聞)

 部会では「全修習生への一律支給ではなく、返還が困難な者に限って免除する方法を検討すべきではないか」「自民党が元祖で始めた司法制度改革の一つ。法施行前にぶれるべきではない」などの意見が出た。

 私は、日弁連の「お金持ちしか弁護士になれないの?」というキャッチフレーズに代表される「貸与制では資力のない者が弁護士になれないから給費制が維持されるべきだ」という運動のあり方には欺瞞を抱いていたものの、給費制自体は維持されるべきだと思っている。

 しかし、日弁連の運動のあり方にはやはり無理があったようだ。つけいられる隙が多すぎた。

              libra

 自民党は「国民の抵抗が強い」というが、この「国民」とはおそらくマスコミ、というより新聞社の社説のことだろう。

 しかし、新聞の社説が日本国民の意思を代弁しているかというと、大いに疑問である。

 社説以外の新聞記事やテレビ報道などをみると、それほど給費制に反感を持っているようには思えなかった。

 ただ、「お金持ちしか弁護士になれないの?」ということなら、「お金持ちでない人が弁護士になれるよう救済する制度をつくればいいでしょ。」「お金がないのに弁護士になった人には一定の公益活動をすれば返済を免除してやればいいでしょ。」(この考え方は、金持ちは公益活動をしなくてもいいが、貧しい者には借金のために公益活動を事実上強いることになって、経済的不平等を容認するものである)ということになってしまう。

 もっと、給費制の理論的根拠づけをすべきだったと思う。

 なぜ国民が税金を使ってでも法曹を育てなければならないのか、法曹とは何なのか、弁護士が裁判官や検察官と同様に司法の一翼を担う重要な存在であることを国民に実感を持ってもらえるよう説明すべきだったと思う。

 言うはやすしであることは重々承知の上であるが。

             libra

 給費制維持運動にがんばってこられたビギナーズの皆様、執行部の皆様、お疲れ様でした。 

 私は、運動の本来の目的からははずれているかもしれないが、少なくとも、国民や政治家に今の法曹養成制度や法曹人口問題に疑問を持ってもらえたのであれば、大いなる成果だったと思う。

他の弁護士の関連記事:

 給費制維持ならず貸与制へ 日弁連は敗北か?(弁護士猪野亨のブログ)

 日弁連はなぜ「また」負けたのか?(承前)(花水木法律事務所)

 小林正啓弁護士は宇都宮政権に手厳しいが、今回の敗因には旧与党の自民党が参院選で圧倒的勝利を得てしまったという不運もある。

 それに、何より、今までの日弁連執行部がずっと貸与制への移行を事実上容認してきたことに問題があると思う。

 宇都宮執行部よりも旧執行部の責任が重いというべきだ。

 小林弁護士の文章を読むと(「こんな日弁連に誰がした?」を読んでもそうだったが)、「それじゃ日弁連はどうすればよかったの?弱腰外交を続けていればいい方向に向かったの?」という疑問が常に浮かんでくる。

 結局、勝てば官軍、負ければ・・・・・なのである。

« 羽田空港の国際化・・・Twitterもどき(10月21日12時35分) | トップページ | 特急「しなの」に乗って・・・Twitterもどき(10月24日午前8時15分) »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/49818572

この記事へのトラックバック一覧です: 敗北の責任は誰にある?:

« 羽田空港の国際化・・・Twitterもどき(10月21日12時35分) | トップページ | 特急「しなの」に乗って・・・Twitterもどき(10月24日午前8時15分) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報