マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 金曜日の残業・・・Twitterもどき(4月2日午後9時10分) | トップページ | 「特上カバチ!!」の不思議 »

2010年4月 5日 (月)

準備書面作成モード、なぜかポンペイのことを思い出す・・・Twitterもどき(4月5日午後10時15分)

 医療過誤事件の準備書面作成中。

 当分、また記録や資料に埋もれながら、書面を書く日々が続く。

 そういえば、仙台の坂野弁護士のブログにこんな記事があった。

   びっくり仰天 ある医療過誤訴訟 準備書面は医者が書く 

          (仙台 坂野智憲の弁護士日誌)

 確かに、準備書面の中には、どうも医師が部分的にでも直接書いているのではないか、と思うような文章をみることがある。

 やたら「医療崩壊」という言葉が出てきたりもして、弁護士の書いた文章としては違和感を感じることがある。

 それにしても、坂野弁護士の言われるようなことをしているなら、医療側の弁護士は楽でいいなあ。

              tulip

 準備書面の作成にちょっと疲れたので、他の弁護士のブログを拝見させて頂いていたら、落合弁護士のブログでポンペイの本が紹介されていた。

   古代ポンペイの日常生活 (講談社学術文庫)

 私は司法研修所を卒業した年に友人らと一緒に一度だけポンペイに行ったことがある。

 ポンペイを取り上げた有名な歴史小説「ポンペイ最後の日」(バルワー・リットン著)は読んだことがあって歴史ロマンを味わえると思ったのだが、実際に行ってみてびっくり。

 行った方ならご存じだと思うが、「娼婦宿」の見学とか(娼婦宿に続く道に深い轍の跡が残っているとか)、見方によっては相当「卑猥」にみえる壁画とか像とか、いっぱい見学コースがあるのである。そして、そういうものばかりを集めた写真集も堂々と販売されているのである。

 観光も「Rー15」指定くらいにしなきゃと思った(冗談)。

 そんなことを思い出してしまった(そんなことしか覚えていないんかと言われそうだが)。

 上記の講談社学術文庫にポンペイのそういう部分も紹介されているのかは分からないが、ちょっと読んでみようかなと思った。

 ちょっと前にNHKで(題名は忘れてしまったが)ポンペイの町並や建物をCGグラフィックで再現してした番組が放映されていて、大変美しかった。

 もう一度ポンペイに行ってみたいなあと思った。

« 金曜日の残業・・・Twitterもどき(4月2日午後9時10分) | トップページ | 「特上カバチ!!」の不思議 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/48008387

この記事へのトラックバック一覧です: 準備書面作成モード、なぜかポンペイのことを思い出す・・・Twitterもどき(4月5日午後10時15分):

« 金曜日の残業・・・Twitterもどき(4月2日午後9時10分) | トップページ | 「特上カバチ!!」の不思議 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報