マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« <オリンピック>フィギュアスケート男子シングル感想(その1) | トップページ | 虚飾の塔(その4) »

2010年2月28日 (日)

<オリンピック>フィギュアスケート女子シングル感想など

 女子シングルが終わって、いよいよオリンピックも終わりに近づいた。

 しかし、まだまだ女子シングルの余韻が残っている感じ。

 それにしても、全く同じ年齢の2人の天才少女が、くじ引きで滑走順も連続となり、1位、2位を争うとは、なんという偶然!

 浅田真央選手とキム・ヨナ選手の闘いは、まさに「火花が飛ぶ」ようだった。

 見ている方も息が詰まった。

             ski

 オリンピック公式サイト記載のプロトコルはこちら→

http://www.vancouver2010.com/olympic-figure-skating/schedule-and-results/ladies-short-program_fsw010201aj.html

 金メダルのキム・ヨナ選手は、ものすごい精神力。あの大舞台でミスしないのがすごい!

 そして、スピード、ジャンプの高さは、やはり抜きん出ている。演技に流れがあり、各エレメンツが音楽にピッタリはまって淀みなく流れていく。

 銀メダルの浅田真央選手は、19歳の少女ながら、まるで「戦士」。

 男子選手でもフリーでなかなか2つ揃えることが難しいトリプルアクセルを、あんな細い身体で、あんな高さで、よく跳べるものだ。

 女子の3回転半は、男子の4回転以上に難しいだろう。4回転を跳ぶ男子選手は(4回転を跳びつつクリーンに演技をまとめられる選手は少ないものの)たくさんいるが、試合でトリプルアクセルを成功させた女子選手は伊藤みどり選手をはじめとして数人しかいないはずだ。

 銅メダルのジョアニー・ロシェット選手の演技は、強靱でありながらもしなやかだった。

 特にショートのタンゴの演技には魂がこもっていた。

 2日前にお母さんを突然亡くされたというのに、こういう胆力が要求されるプログラムを滑るのは大変だっただろう。

 演じ終わったときに涙ぐんでいたのを見て、思わずもらい泣きしてしまった。

 ・・・・・ロシェット選手の涙を見ていて、私も似たような経験があったことを思い出した。

 4年ほど前に父が入院中に脳出血となり、病院から電話がかかってきたことがある。そのとき、私は医療事故の(しかもやはり脳出血で亡くなられた方の)仕事で出かけるところだった。直ぐに病院に行こうかと迷ったが、その時点で複数の弁護士や関係者の方々に連絡して期日を延期してもらうことは難しく、今私が病院に行っても何もできそうもない(父は意識不明でCT検査中だった)ことから、誰にも告げずに仕事に行った。そのときの苦しい気持ちは今だに忘れられない(このときは幸い父は特に後遺症もなく回復してくれたのだが、その父も昨年亡くなった)。

 ・・・・・どんな仕事でも、仕事をもっていると、こういうことは避けられない。

 ロシェット選手の場合、仕事ではないにせよ、カナダ代表でメダル候補という立場もある。多くの人々の期待を一身に背負っているのだから、リンクを降りることはできなかったのだろう。

 そんな中であれだけの演技ができたのは本当に立派。

            ski

 女子シングルの採点や順位については、男子シングルと同様、いろいろな議論があるようだ。

 私には、プロトコルをしっかり分析する能力も時間もないので、これについては記事にすることはできない。

 ただ、次のようなことは感じた。

1 男子の4回、女子の3回転半の難しさを、もっと評価すべきではないのか。

  今のままでは、これらに挑戦する選手の努力が報われない気がする。

  基礎点のアップはできないものか。

2 審査員の国籍や名前は秘密にしなければならないものか。

  このオリンピックの審査員の採点表示は、ランダム表示になっている。つまり、各審査員の採点傾向が分からないようになっている。

 そんなことをする必要があるのか?

 選手は命がけで演技しているのだから、審査員も名前を出して自分の採点に責任を持つべきだろうと思う。

 これは何もフィギュアスケートに限ったことではないが。

3 演技・構成点(PCS)の採点基準がさっぱり分からない。

  実況放送でも、アナウンサーが「あれっ、意外に点が伸びませんね。」と不審がっている場面が多かった。解説者もそれに対して明確な説明をしない。

 後でプロトコルを見ると、その選手の演技・構成点が低いからだと分かる。

 演技・構成点って何なのか、どうしてこういう評価になるのか、きちんと説明してほしい。

 一般の観客に理解できないような(プロの解説者も本当に分かっているのか疑問だが)採点基準でいいのか。

 採点基準が分からないようでは見ていて面白くない。せっかくのフィギュアスケートの人気が台無しになりかねない。

 素人の私がブログでこんなことを書いてみても仕方がないが、フィギュアスケートが好きな一観客として思ったことである。

« <オリンピック>フィギュアスケート男子シングル感想(その1) | トップページ | 虚飾の塔(その4) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめてコメントさせていただきます。

twitter,私も使ってみようとアカウントを取得したのですが、いまひとつよくわかりませんね

先生のブログ、よく拝見しております。
これからもがんばってください。

オリンピック、みなさんすばらしい演技でしたね。でも採点が・・・

演技構成点も謎ですが、エレメンツごとの加点・減点も適正に行われているとは思えず・・・

こちらのブログなどは、元選手の立場から問題提起されています。すでにご存知かもしれませんが、ご参考まで。

http://pandamaster.blog114.fc2.com/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/47688805

この記事へのトラックバック一覧です: <オリンピック>フィギュアスケート女子シングル感想など:

« <オリンピック>フィギュアスケート男子シングル感想(その1) | トップページ | 虚飾の塔(その4) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報