マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 鈴虫・・・Twitterもどき(8月9日午後3時25分) | トップページ | お盆休みも終わって・・・Twitterもどき(8月16日午後8時40分) »

2009年8月13日 (木)

裁判員裁判第2号の裁判員の感想・・・Twitterもどき(8月13日午後10時30分)

 お盆が始まっているが、私は盆明けには完成したり提出したりしなければならない書面があるので、盆休みも半分以上は仕事。休みという感じはなく、暑さもあって元気がでない。

 あまりニュースも見ていなかったのだが、裁判員裁判第2号が終了したということ。

 その裁判員の感想について書かれた記事を読んだ。

 2件目判決は懲役4年6月=裁判員「重苦しい制度」-殺人未遂事件・さいたま地裁     

                 8月12日18時20分配信 時事通信

 判決後、6人の裁判員、2人の補充裁判員の経験者全員が記者会見し、裁判員だった会社員男性(35)は「非常に重く苦しい制度だ」と話した。
 8人は30代から60代で、1人は女性。職業は会社員や自営業などで、うち2人が実名を公表。全員が「疲れた」と口にし、30代会社員の菊地健治さんは「今後はもういい」と話した。

 裁判員制度については、40代の自営業男性が「制度がいいかよく分からない。人のこれからに大きくかかわるので興味本位でやるものではない」と言及。補充裁判員だった30代の主婦は「公平な判断に役立つのであればよかった」と語った。

 評議の雰囲気は「発言しやすかった」と全員が肯定的に評価。3日間の日程については、長かったとする意見が多く、「もう1日あったら倒れていた」(40代の自営業男性)という声もあった。

 今回は自営業の方もおられたようだ。「興味本位でやるものではない」というご意見はごもっとも。「よい人生経験」とか「よい社会勉強」とかいう感想には私は疑問を感じる。刑事裁判は国民の人生経験や社会勉強のためにあるのではない。

 3日間を長かったという意見が多かったそうだが、今後否認事件などでは3日間の審理では到底無理だろう。

 全員が「疲れた」と口にされたそうだが、これもごもっとも。

 真面目に取り組んでいれば疲れない方がおかしい。

 今回の裁判員の方々の感想は、正直で素直だなあと感じた。私ももし裁判員になったら、こういう感想だろう。

 やはり2番目ということで、マスコミの注目度が1番目と比較にならないほど下がったことも、本音を言いやすかった理由ではないか。

 (なにしろ、マスコミの関心は酒井容疑者の方に殺到しているようだから。)

 今後は裁判員の記者会見もあまり注目を集めなくなるだろう。

 しかし、裁判員を経験された方はどんどん本音を語って頂きたいと思う。

 

« 鈴虫・・・Twitterもどき(8月9日午後3時25分) | トップページ | お盆休みも終わって・・・Twitterもどき(8月16日午後8時40分) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/45918599

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員裁判第2号の裁判員の感想・・・Twitterもどき(8月13日午後10時30分):

« 鈴虫・・・Twitterもどき(8月9日午後3時25分) | トップページ | お盆休みも終わって・・・Twitterもどき(8月16日午後8時40分) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報