マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« ネットブック・・・Twitterもどき(6月23日午前10時5分) | トップページ | 「裁判員制度の正体」を再読中・・・Twitterもどき(6月25日午前11時10分) »

2009年6月23日 (火)

亀井静香氏の裁判員制度についての見解・・・Twitterもどき(6月23日午後11時5分)

 裁判員制度についての資料を読んでいるところ。レジュメがなかなか書けない。

 ネットで検索していて、こんな記事を見つけた。

  [第2特集]裁判員制度の正体 亀井静香インタビュー

     フィナンシャル ジャパン 2009年8月号

法案を素通りさせたわれわれは“あほ”でした   

 裁判員制度開始直前、国民新党は制度導入の延期を盛り込んだ法案づくりを始めた。
なぜこの時期に延期が必要なのか。警察官僚出身で死刑制度廃止派でも知られる
党代表代行の亀井静香衆議院議員に話を聞いた。

構成=中野悠希

 いまさら、「あほ」でした と言われても・・・。

──議論が尽くされていない点は率直に認めると?
 これはとにかく反省です。あの時、各党とも中身について真剣に議論をしなかったのは、議員としての義務を怠ったということ。“あほ”でしたね、われわれ国会議員は。だからといってこのまま制度を認めていいということにはならない。国民におわびをしてもう一度根本から検討しなおさなければいけない。

  本当に反省しておられるのなら、早く廃止案を議員提案して可決させてほしい。

  この問題に政党は関係ないでしょう。

 亀井静香議員は死刑廃止論者であるということだから、死刑廃止論者であるにもかかわらず死刑判決に荷担せざるをえなくなる裁判員の苦しさがよく分かるのだろう。

 裁判員制度を見直すか否かは結局は政治の問題だ。

 今度の総選挙では、ぜひマニフェストに明確に記載して、国民の判断を仰いで頂きたいものである。

  

« ネットブック・・・Twitterもどき(6月23日午前10時5分) | トップページ | 「裁判員制度の正体」を再読中・・・Twitterもどき(6月25日午前11時10分) »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/45434261

この記事へのトラックバック一覧です: 亀井静香氏の裁判員制度についての見解・・・Twitterもどき(6月23日午後11時5分):

« ネットブック・・・Twitterもどき(6月23日午前10時5分) | トップページ | 「裁判員制度の正体」を再読中・・・Twitterもどき(6月25日午前11時10分) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報