マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 冬の楽しみーフィギュアスケートの話(その2) | トップページ | 裁判員制度の延期法案が国会に提出されるらしい!? »

2009年1月 3日 (土)

冬の楽しみーフィギュアスケートの話(その3)

 今回はグランプリファイナルの男子シングルの感想など。

 私はここ数年あんまり男子シングルの放送を見ていない。4回転ジャンプを跳ぶか否かばかりに注目が集まるジャンプ至上主義に魅力を感じないせいもあるが、テレビ放映が女子に比べて遅い時間帯だったり、放映がカットされることが多いせいもある。

 日本ではフィギュアスケートの場合、浅田選手や安藤美姫選手の人気もあって、まず女子シングルの放送が優先のようだ。グランプリファイナルの放映権を独占するテレビ朝日に至っては、今回は男子シングルもショートプログラムでは一部選手の演技をカット、アイスダンスやペアに至っては全く放送しないばかりか、結果にすら言及しないという有様。グランプリシリーズの一つにすぎないNHK杯では、NHKは全選手の演技を放送したというのに・・・。グランプリファイナルはシリーズを勝ち抜いてきた世界のトップ選手の演技を見られる貴重な機会なのに、本当にもったいないことだ。

                                cute

 私はフィギュアスケートは音楽を耳だけでなく眼でも楽しませてくれるという演技が好きなので、そういう意味で今回の男子シングルでは3位のジョニー・ウィアー選手の演技がよかった。

 ジョニー・ウィアー選手をはじめて見たのは2,3年前だと思うが、そのときはこの方の長くてクルクルにカールしている睫毛(化粧経験のある女性ー一部男性もーなら絶対目がいくと思う)と、てっきりロシアか東欧の選手だと思ったらアメリカの選手だったのにびっくりしたということ位しか印象が残っていない(ファンの方ごめんなさいcoldsweats01。王者プルシェンコ選手が休業してからは、男子シングルをまともに見ていなかったので)。

 それで、今回のNHK杯やグランプリシリーズでのウィアー選手の女性ファンの多さ(声援やらプレゼントやらがすごかった)にはびっくり。NHK杯でも日本選手に対する以上の声援だったのではないか。

 ジョニー・ウィアー選手について調べてみると・・・。

 ウィアー選手(ウィキペディアはこちら)の胸元がパックリ開いた衣装をまとったお姿は、男性とは思えないほど時に可憐、時に妖艶(NHK杯の表彰台のこの写真などは私には「美女」にしか見えない)。その演技も、指先にまで神経がゆきとどいていて、優美で時に耽美的。最近とみにたくましくなって優美さという面ではちょっともの足りなさを感じる女子選手に、その優美さを分けてあげてほしいぐらい。

 でも、やっぱり男子選手なので、ジャンプは高くて迫力があるし、とても姿勢がよいので、ジャンプもスピンもステップもきれいにみえる。解説者が「流れるような演技が特徴」とよく言っていたが、本当にそうで、ジャンプのランディングポーズがきれいな上にジャンプ後にもスピードが落ちずに演技が流れるので、よくあるようにジャンプのたびにブッツンブッツンと演技の流れがとぎれて音楽と不調和をきたすというようなことがなく、とても気持ちよく見ていられる。ファンが多いのも分かる。

 日本にもファンが多くて一杯サイトがあるが、その中で面白かった2つのサイトをご紹介。

 バレエがお好きな方のロマンチックな評がこちら(音楽が流れるのでご注意)→Figure Skating Album サン=サーンス 「白鳥」 (ジョニーウィアー

 「白鳥」は、ウィアー選手がトリノオリンピックのショートで2位となったときのプログラム。私は知らなかったが、ウィアー選手といえばこの白鳥というぐらいに伝説的な名プログラムだそうで、振り付けはタラソワさん(浅田真央選手の現在のコーチ。今期の浅田選手のフリーの仮面舞踏会とエキシビションのタンゴもタラソワさんの振り付け)。

 衣装もとても独創的で、白鳥の頭を象徴する右手の赤い手袋(手首のあたりは黒)が印象的。そして、サン=サーンスの有名な白鳥の曲に合わせてジャンプ、スピン、ステップが絶妙に配置され音楽とみごとに調和して、氷上のバレエを見ているよう。また、ウィアー選手の中性的で若くはかなげな雰囲気にもぴったり合っていて、演じきったウィアー選手もすごいが、これをウィアー選手に踊らせようと思ったタラソワさんはさすが。

 もう一つ、毒はあるけど愛もあるファンの方の評がこちら→王子はある日突然に~ジョニー・ウィアー~                              

 この記事は2006年から2007年にかけてのシーズンのウィアー選手が不調の時に書かれたもののようだが、昨シーズンはウィアー選手は一念発起してコーチを変更し、全米選手権ではタイトル奪還をめざして気迫のこもった演技をした(ウィアー選手はフリーで会心の演技を終えるや号泣)。ところが、ライバルのライザチェック選手と同点となりフリーの得点がライザチェック選手の方が高かったために惜しくも2位となってタイトル奪還はならなかった。しかし、その後ウィアー選手は世界選手権で3位となり、みごとな復活をはたした。上の記事のファンの方も今は喜んでおられるだろう(ランビエール選手の方は残念ながら怪我のために引退してしまったけれど)。

 ちなみにこの方のフランスのブライアン・ジュベール選手に対する評ー007は3度跳ぶ(こちらは毒だけで愛はない?)には大笑いしてしまった(ジュベールファンの方、大変ごめんなさいbearing。これは、ひとえに好みによる差だと思うので)。

 ところで、ジョニー・ウィアー選手は、アメリカではタレントとしても有名なようで、たくさんのインタビュー記事やご本人のコメントがネット上に公開されており、それをファンの方が翻訳して下さっている。そのいくつかを拝見したが、彼のファンでなくてもとても興味深いものだった。

 ウィアー選手は、その演技から受ける印象とは全く違い、ポンポンと本音を言う人のようだ。インタビューする記者もそれを狙って、(日本人なら大変聞きにくいだろう)相当意地悪い質問もたくさんしている。それに対して、ウィアー選手もズバズバとあけすけに答えていて、それがまた面白い(日本選手の謙虚で優等生的な受け答えとは全然違っていてびっくり)。

 しかし、そのおかげで、アメリカのスケート事情、新採点方式に対する不満、トップスケーターとなるまでの道のり(特に、ある日突然自分の息子が天才スケート少年だと分かったときのご両親の決断ー家庭の経済的な事情なども含めてーが興味深かった)、選手と振り付け師、コーチとの関係など、日本選手の場合あまり表面に出てこないような事情も知ることができる。

 ただ、ウィアー選手自身は、あまりに正直すぎ、実際にも不用意な発言があったり(といっても日本の政治家の失言に比べればかわいいものだと思うが)、言葉の使い方がユニークで誤解を受けやすい上に辛辣なこともズケズケと言うため、アメリカの保守層、厳格なスケート協会、マスコミなどから相当バッシングを受けたらしい。

 私は若い人は「おりこうさん」よりも自分の意見をはっきり言える生意気な位の人の方が好きなので、ウィアー選手の受け答えは結構好きなのだが、現実には(どういう社会でも)こういう人は「大人げない」とか「配慮に欠ける」などと批判され、損をすることが多いようだ。実際ウィアー選手もこれだけ人気と実力があってもスポンサーがつきにくいなど損をしているらしい。

 アメリカはもっと個人の自由や個性を尊重する国だと思っていたが、日本(異色でも才能のある人には結構寛容な国じゃないかと思う)に比べて意外に保守的で排他的なところがあり、そのナショナリズムも相当のものだと感じた。

 このあたりのウィアー選手の話は大変面白かったので、機会があれば後日また書きたいと思う。

 ウィアー選手は、浅田真央選手と同様、希有の才能の持主だと思うが、強気の発言とは裏腹にメンタル面では大変デリケートな人のようで、大会の前には眠れなかったり演技の直前には極度に緊張するそうだ。そのためか、なかなか会心の演技がみられず残念だ。しかも、全米選手権は激戦になりそうだし、バンクーバーオリンピックまでの道のりは相当険しそうだ。

 でも、とても魅力的な演技をする選手なので、ウィアー選手にも、浅田選手と同様、よい演技を長く見せてもらいたいと思う。できれば、バンクーバーオリンピックで「白鳥」を超えるような名プログラムを見せてもらえるとうれしい。

               cute

 さて、男子シングルは新採点方式になってから4回転ジャンプばかりがクローズアップされているのかと思ったら、今回のグランプリファイナンスで表彰台に上った選手は、(ジュベール選手の欠場があったせいもあるが)ジャンプが目立つというよりもスケーティング自体がいい選手ばかりだったのは意外だった。

 2位の日本の小塚崇彦選手は、伸びのあるスケーティングで、オシャレなステップが素敵だった。小塚選手は、これからコスチュームと上半身の表現力を工夫すれば鬼に金棒だろう(小塚選手のコスチュームにはウィアー選手と正反対の意味でびっくり。最初見たときは衣装を忘れたので私服で滑っているのかと思った)。彼の世界選手権での活躍が楽しみである。

 肝心の1位のアメリカのジェレミー・アボット選手の演技は初めて見たけれど、今回はジャンプもスピンもステップもほぼパーフェクトな演技でどの技もきれがよく、1位というのも納得。ただ、(またまたファンの方には申し訳ないけれどcoldsweats01)なんとなく猫背にみえるときがあり、演技がくねくねとしているような感じがあるのは残念。これも好みの問題だと思うので、気にならない人は気にならないんだろうが。

                 cute

 男子シングルをあまり見なくなった私だが、今回のグランプリシリーズで男子シングルも面白いかもと思うようになった。

 日本のテレビ局も、フィギュアスケートの大会の放映権を入手するなら、BSの再放送でもいいから、男子シングル、ペア、アイスダンス(私はアイスダンスを見るのも好き)を放送してくれないかなあ。

« 冬の楽しみーフィギュアスケートの話(その2) | トップページ | 裁判員制度の延期法案が国会に提出されるらしい!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/43571559

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の楽しみーフィギュアスケートの話(その3):

» ウィキペディア [じゅんこ日記]
ゲームをしながらスイス国籍取得 swissinfo最近出版された歴史の本や、ウィ... [続きを読む]

« 冬の楽しみーフィギュアスケートの話(その2) | トップページ | 裁判員制度の延期法案が国会に提出されるらしい!? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報