マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

冬の楽しみーフィギュアスケートの話(その1)

 暖房の効いた部屋でフィギュアスケートの大会をテレビ観戦するのは私の冬の楽しみの一つ。

 もともとフィギュアスケート自体が、へたなドラマや演劇を見るよりもはるかに面白い。

 それに、今や日本は世界に冠たるフィギュアスケート王国となり、男子、女子シングルとも世界のトップクラスの選手が目白押し。

 私は伊藤みどり選手世代だが、当時は日本にこんな時代が来るとは思ってもみなかった。今日本でフィギュアスケートを見ないのはもったいないとまで思ってしまう。

 とりわけ浅田真央選手の演技を見るのは楽しみ。彼女は100年に1度出るかという天賦の才能の持主だと思う。

 私はフィギュアスケートの採点方法などに詳しいわけではないが、浅田選手はジャンプなどの技術だけでなく身体全体を使った表現力が素晴らしく、それが音楽と絶妙に調和するときは実に感動的だ。今年のフリーの「仮面舞踏会」は男子も顔負けのエレメンツが取り込まれていて休む暇もない過酷なプログラムで、フランス大会のときはいくら浅田選手でもちょと無理じゃないかと思ったけれども、NHK杯のときはしっかり立て直して素晴らしい演技だった。グランプリファイナルでは男子でも難しいトリプルアクセル2つも成功させ、見事優勝。全日本選手権でも三連覇。すごいという他ない。

 浅田選手は、天賦の才能に恵まれているだけでなく、その精神も強靱だ。今年の世界選手権でしょっぱなから派手に転倒したときは「もうダメだ」と目をつむった人は多かろう。しかし、彼女はすばやく立ち上がって、その後はほぼパーフェクトな演技をして優勝を勝ち取ったのは記憶に新しい。こういうことができるのは、才能だけでは無理で、やはり練習の成果や競技経験にもよるのだろう。

                cute  

 テレビで映し出される演技開始前のフィギュアスケートの選手を見ていると、皆本当に緊張しているのがよく分かる。それはそうだろう。氷の上で頼れるのは自分一人。ほんの一瞬のミスが何年も積み重ねた努力を無にしてしまうこともある。しかも、薄いコスチューム1枚着けただけで固い氷の上でジャンプしたりスピンしたり難しいステップを踏むのである。一歩間違えば大怪我だってしかねない。

 フィギュアスケートは見ている分にはとても優雅だけれど、もっとも過酷なスポーツではないかと思う。しかも、スポーツなのか芸術なのか分からないという曖昧さも持ち合わせていて、その採点基準も複雑だ。

 選手達は10代後半か20代前半の人が多く、選手生命は極めて短い。怪我のために才能を開花させる間もなく引退してしまう選手も多い。

 本当に氷上の美ははかない。はかないから美しいのかもしれないが。

                cute

 浅田選手は、まだまだこれからの選手だけれど、怪我だけはせずに選手生命を全うしてもらいたいものだ。トリプルアクセルなどのジャンプをどんどん跳ぶのもいいけれども、あまり無理をしないで、素晴らしい演技を長く見せて欲しいと思う。

 エキシビションのタンゴの演技を見ていると、表情や腕、指先の繊細な演技もできる人のようだ。タラソワコーチのもとで表現力も磨いているそうだし、これから年齢を重ねるにつれ、表現力も自然に豊かになっていくだろう。

 本当に浅田選手が日本に生まれてくれてよかったと思う。同じ日本人として誇りに思うとかという理由ではなく、他の国の選手だったら、こんなにもその演技をふんだんにテレビで見せてもらうことはできなかっただろうから。

 来年の世界選手権、そして再来年のバンクーバーオリンピックの浅田選手の演技がとっても楽しみになってきた。

年の瀬

 また今年もあっという間に年の瀬・・・。

 事務所で書類の山を整理しつつ、あの事件もこの事件もまた年を越してしまったなあ・・・とため息。

            typhoon

 来年は裁判員制度がいよいよ実施される。名簿搭載者に通知が送られただけでも、大変な騒動になっている様子。

 法曹人口問題の方は、今年は弁護士会のいくつもの単位会や連合会で増員見直しの決議がなされた。

 そして、元法務副大臣河井克行衆議院議員(ブログはこちら→あらいぐまのつぶやき)がロースクール制度や弁護士大量増員の弊害を訴える「司法の崩壊」という本まで出版された。

 裁判員制度にせよ、法曹(実際は弁護士のみ)の大量増員にせよ、現状をよく分析し問題点を洗い出した上での最善の対応策だったとは到底思えない。

 たとえ「躊躇」という漢字が読めないお方でも、躊躇はして考え直して頂きたいものだ。

 それとも、来年はしっかり「躊躇」が読めるだけでなくその必要性も理解できる誰かさんに変わるのかしらん。

 

2008年12月25日 (木)

全国の弁護士を対象とする裁判員制度のアンケート結果が出る。

 裁判員制度の是非について全国の弁護士に問うたアンケート結果が出た。

 この結果についてはマスコミもたくさん報道してくれたようだ。

 裁判員制度、全国の弁護士に一斉調査(TBSテレビ)  

 裁判員制度について約7割の弁護士が反対 制度廃止求める弁護士有志のアンケート調査で(フジテレビ)

 7割が裁判員制度に反対 弁護士有志の調査(日テレ) 

 裁判員制度に反対の弁護士多数 有志の弁護士が調査(ANNニュース)

 裁判員制度に反対の弁護士多数 有志の弁護士が調査(広島ホームテレビ)

 【迫る裁判員制度】弁護士の68%「ノー」(産経ニュース)

   回答者の68%が裁判員制度反対 弁護士有志の全国調査(中日新聞) 

 私も有志の一人として参加し、少しだけアンケート項目の作成や集計作業をお手伝いした。

  このアンケートは裁判員制度に反対の弁護士有志によるものであるが、アンケート項目の立て方、実施方法、集計はあくまでも公平に行った。

 残念ながら回収率は1割程度と高くはないが、弁護士に対するアンケートの回収率は大体においてこんな程度であるし、むしろ年末の忙しい時期によくこれだけの回答があったものと思う。

 アンケートにお答え下さった方々には大変感謝しています。

                 clover

 このアンケート結果は、弁護士の裁判員制度に対する意見をよく反映していると思う。

 刑事弁護の実態を一番よく知っているのは刑事弁護人となる弁護士だ。刑事弁護に一生懸命取り組んでこられた私の尊敬する先輩方は皆裁判員制度の導入に反対している。

 そういう弁護士の意見を全く無視していいのか。

 政治家も国民の方々もよくお考え頂きたいものだ。

                  xmas

 なお、このアンケートは有志の弁護士が経費と労力を負担して実施したものだ。私の集計の割当は多くはなかったが、正直、師走の忙しい時期に短期間で集計作業をするのはきつかった。

 本当はこういうアンケートは、国会で裁判員制度の導入が議論になった当初に、日弁連が会費を使って実施すべきであったと思う。

 纐纈先生、打田先生、本当にお疲れ様でした。

 

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報