マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月27日 (水)

ドキュメンタリー「アウシュビッツ」(BBC制作)と映画「シンドラーのリスト」を見てーその2

 映画「シンドラーのリスト」の方は、いつかは見ようと思っていたが、長いし衝撃的なシーンがあるということだったので、ついつい見るのが億劫になっていた。

 しかし、ちょうどBBCのドキュメンタリー「アウシュビッツ」を見たところにNHKが放映してくれたので、ついに覚悟して見る気になった。私にとっては、見るまでに結構覚悟がいるタイプの映画だったのである。

 しかし、「戦場のピアニスト」(ロマン・ポランスキー監督)もそうだが、見るまでは抵抗があるものの、見始めるとひきこまれて時間を忘れてしまう映画だった。

 「シンドラーのリスト」は、アカデミー賞7部門を受賞したスティーヴン・スピルバーグ監督のドキュメンタリータッチの白黒映画(但し、最初と最後の画面はカラー、途中意図的に一部色をつけた映像があることは有名)である。

 実話に基づいているというが、事実そのまままではなく「ドラマ」である。実際のシンドラーはどういう人物だったのかなど、実在する人物の証言や写真で構成されるドキュメンタリー「アウシュビッツ」を見た後には何か釈然としないものも感じる。虚構を加えることで、あざとさが出てしまう気もする。

 しかし、ドラマ化することで、登場人物に感情移入がしやすいため、より普遍的になり、見る人も増えるだろうから、こういう映画も必要だと思った。

 映画の中のシンドラーは、最初は利潤を追求する合理的な企業家として登場する。しかし、もともと育ちが良く、非情に徹しきれない人物なのだろう。ユダヤ人を単なる労働力としてだけ見ることができず、自分と同じ人間であるという感覚を捨て切れない。

 強制収容所の所長アーモン・ゲートは、理由なくユダヤ人捕虜を殺戮するサディストであり、古代ローマ帝国のネロ皇帝を思わせる。もともとかなり異常な性癖の持ち主であり、それが戦争によって引き出され加速されたという人物だ。 

 しかし、映画ではアーモンの複雑な人間性を感じさせるシーンもある。企業家としてユダヤ人を労働力としてしか見ていないふりをしてアーモンと駆け引きするシンドラーの本心が「ユダヤ人を一人でも助けたい」というものであることを見破っておりながら騙されているふりをしていたのではないか、シンドラーがユダヤ人少女に感謝のキスをしたことをかばったり、虐待しつつもゆがんだ愛情を感じていたユダヤ人のメイドをシンドラーに引き渡したのは本当に金だけのためだったのかなど、いろいろな想像力がかきたてられる脚本と俳優の演技だった。

 シンドラーとともにユダヤ人を救済する会計士イザック・シュターンはガンジーを演じてアカデミー賞主演男優賞を受賞しているベン・キンズレーが演じているが、まさにはまり役。運命を受け入れるが甘んじているわけではなく、すべてのユダヤ人は救えないが、自分に救えるだけのユダヤ人は救おうという姿勢には、共感を覚えた。シンドラーの乾杯の誘いをずっと断っていながら、いよいよ最後の別れというときにその誘いに応じるところが泣ける。

 シュターンは大変地味な存在であるが、実はユダヤ人1100人を救う原動力になった人物なのではないか。シンドラーが企業経営のためにシュターンを利用したのではなく、むしろシュターンがユダヤ人救済のためにシンドラーを利用したのではないかとまで思わせる。

 この3人を主幹とした人間ドラマとしても見応えのある映画だった。 

 「シンドラーのリスト」を見終わってからよく似た話があったなあと考えていたら、オスカー・ワイルドの童話「幸福の王子」だと思いついた。シンドラーとシュターンのどちらが王子でどちらがツバメかはよく分からないが。

 シンドラーは多少なりとも関わり合いになったユダヤ人、幸福の王子は王子の銅像の視界に入った国民しか救えない。しかし、それでも尊い行為であり誰にでもできる行為ではない。

 白黒でなくてカラーだったら目をつぶってしまっただろうと思うような残酷な殺害シーンもたくさんあり、逆に白黒であるためにドキュメンタリー風になっていることでより残酷に感じられるシーンがあったりして、見るまでには大変抵抗があるのだが、やはり1度は見ておくべき映画だと思う。

                  clover

 こういう暗い戦争のドキュメンタリーや映画を見た後で、北京オリンピックの映像を見ると、現代に生まれたことの幸福を感じる。

 現代社会にもいろいろな矛盾や軋轢はあるが、それでも平和はありがたい。

 参考記事: 

 【欧州歴史探訪】無関心の終着駅、アウシュビッツ・ビルケナウ

2008年8月26日 (火)

ドキュメンタリー「アウシュビッツ」(BBC制作)と映画「シンドラーのリスト」を見てーその1

 先々週の土日にNHKのハイビジョンで再放送された「アウシュビッツ」(5回シリーズ)(BBC制作)と先週の日曜日に放映された映画「シンドラーのリスト」を見た。

 どちらも大変ショッキングな映像が多く、思わず目を背けたくなる。

 しかし、これはぜひ多くの方に見てもらいたい秀作だ。

 ドキュメンタリー「アウシュビッツ」の方は、俳優を使っての実写やガス室の建物などのCG、僅かに残されている白黒写真、それに生き残ったユダヤ人の囚人、ナチス親衛隊員などの生々しい証言によって、アウシュビッツの歴史をたんたんと浮き彫りにする。

 その「たんたん」としているところが、実に恐ろしい。

 戦争は人間をここまで残虐にするものなのか。

 「死の工場」アウシュビッツで、ガス室での大量殺戮から焼却場へと、まるで家畜を屠殺してその死体を始末するがごとく、平然と作業を計画し実行する親衛隊員たち。

 彼らは、強烈な死臭が漂う中、多数の娯楽施設も完備していたアウシュビッツで享楽的な生活を楽しみ、ユダヤ人の所持していた現金や貴金属などを平然と横領もしていたという。

 所長のルドルフ・ヘスは、敷地内に妻子とともに住み、家族とすごす時間を大切にするよき夫、よき父であったという。

 しかし、平然とユダヤ人の子供たちを殺戮し、双子の子供らに対する人体実験まで許していた。

 「戦争の狂気」とよく言うが、ユダヤ人の絶滅計画がここまで感情抜きで合理的に遂行されていくのを見ると、「狂気」とだけでは片づけられないものを感じる。ゆがんだ選民意識というか、ゆがんだナショナリズムというか。ユダヤ人を同じ人間と思っていては、到底こんなことはできないだろう。かつてのアメリカ南部において冷酷な白人の主人が黒人奴隷に対して取った態度と共通するものを感じた。

 戦後、親衛隊員は逃亡をはかったが、ユダヤ人兵士に見つかり裁判にかけられることもなく森の中で密かに絞殺された者もいたという。この復讐の場面を語るユダヤ人の証言もおそろしい。

 ルドルフ・ヘスは変装して農家に潜伏していたが、「ヘスの居場所を知らせないと息子をシベリア行きの列車に乗せる」と騙された妻の証言で、ついに逮捕され、裁判の後、アウシュビッツに設置された絞首刑台で処刑される。

 戦後60年を経て、生き残った元ユダヤ人囚人や元親衛隊員らがようやく重い口を開く気持ちになったことで、これだけのドキュメンタリーができたのだろう。

 BBCの大変力のこもったドキュメンタリー作品であった。

 また再放送もあると思うので、こういう戦争の真実を伝える貴重な番組は、老若男女、多くの方に見てもらいたいものである。                                           

2008年8月23日 (土)

夏休み明けの雑感・・・いろいろ。

 夏休み(盆休み)はあっという間に終わってしまった。

 事務所は1週間お休みにしていたが、それはもっぱら事務員のためであり、私は休み中にも裁判所の期日が入っていたし、事務所に出てこない日は仕事を持ち帰っていたし、その他にも紙の書類やパソコン内に溜まっている書類の整理、自宅の掃除やかたずけをしていたので、休養できたのは土日を除けば3日程度。

 そして、休み明けの忙しさ・・・・・。

 加えて久しぶりに破産管財人事件がまわってきているので、電話やら郵便物も多く、雑務が嵩んでいる。 

 さらには、判例や文献などの調べものも多く、これから秋にかけては少々大作になる準備書面も作成しなければならない。

 こういう(外からは分からない)苦労はなかなか分かって頂けないのが悲しい。

 ただ、うれしいのはここ数日の朝夕の涼しさ。肉体も精神も生き返るようだ。

 もっとも、また酷暑がぶり返すらしい。このまま涼しくなってくれれば、仕事もはかどるのだが・・・。残念。

 ともかく、これから秋にかけて、体調に気をつけながらコツコツと一つずつ仕事をこなしていくほかない。

                 sun

 ところで、ブログを休んでいる間に、司法改革関連ではいろいろな動きがあったようだ。

 spade 裁判員制度 雑感

  共産党、社民党が延期を言い出し、民主党も小沢さんや鳩山さんが延期を検討すべきと言い出した。

 裁判員制度の帰趨が、政局にまで影響しそうな勢いである。

 これに対して、日弁連は「延期すべきではない」という会長声明を発表した。

 実に腹立たしい声明である。日弁連は全会員に対して裁判員制度の賛否、延期の是非についてアンケートを実施した後、延期反対の会員が少なくとも過半数に達していることを確認してから、このような提言をしてもらいたいものだ。

 私は、実際には弁護士の少なくとも半数以上が延期を望んでいると思っている。それは先日、愛知県弁護士会の会員を対象に実施した裁判員制度についてのアンケート結果からも推測できる。

 このアンケート結果は各新聞社、各テレビ局の司法記者に配布したが、なぜか私の知る限りでは読売新聞のみが記事にしていた。

 自由記載の多いアンケートであったが、忙しい中多くの会員が実務家としての立場から裁判員制度賛成、反対の意見を記載して下さった。

 このアンケート結果については、愛知県弁護士会の会員全員に配布したり、愛知県弁護士会のHPに掲載してもらうことを検討中である。

 spade 弁護士人口問題 雑感

  愛媛弁護士会が8月8日開催の臨時総会において「適正な弁護士人口に関する決議」を採択した。

 決議の内容は、「(1) 政府は、司法試験合格者数を3000人にすることについて直ちに見直しに着手するとともに、その適正規模についての調査・検証を行い、早い時期に年間合格者数を大幅に減少すべきである。(2) 日弁連は、政府に対し、司法試験合格者3000人の見直しを求めるとともに、適正な弁護士人口についての調査・検証を独自に実施し、弁護士人口問題について、国民の理解を求めるよう努めるべきである。」というもの。

 特に、この(2)の「国民の理解を求めるように努めるべきである。」については、今まで日弁連は果たして努力をしてきたのかと思う。

 次々と各地の単位会でこのような総会決議がなされるようになった。今後もこのような決議が全国の単位会でなされることに期待する。

 ところで、愛知県弁護士会では、いまだ就職先の決まらない修習生が10人程度いるそうだ。

 ちなみに、会派の即独支援構想の議案は、反対意見が多かったため、結局幹事会の判断で廃案となった。廃案になったのは当然の結果とはいえ、多くの問題を投げかけた議案ではあった。

 今後、官庁や企業に新人弁護士の受け入れ先が増えるとの見通しは極めて甘いと思う。官庁も企業も、それぞれの分野に精通し経験のある弁護士は欲しても、全く新人の弁護士を採用しようというところは少ないようだ。

 私はある企業の法務担当者から「ベテランの顧問弁護士で十分だ。新人弁護士を雇うつもりはない。必要なら法務担当の社員をロースクールに入学させれば足りる。」と聞いたことがある。

 私の新人弁護士時代の経験からしても、企業のベテラン法務担当者(法学部出身)の企業法務の知識や経験は新人弁護士の及ぶところではない。それを新人弁護士を法務部門に採用すれば、ベテラン法務担当者と軋轢が生ずるであろうことは容易に想像できる。

 心配なのは、就職に困った新人弁護士をよからぬ組織(暴力団のフロント企業や事件屋など)がねらっているという噂があることだ。弁護士にはそういう落とし穴もあるのだ。

 ロースクールや予備校の学費を工面するため多額の借金を背負った新人弁護士は実に狙いやすい存在になるだろう。

 先の会派の即独支援構想も、こういう心配がベースにあるのだと思う。

 余裕がなくて、いろいろな資料にリンクをはることができなかったが、仕事と同様、司法改革関連のブログ記事も、コツコツと少しずつ書いていきたいと思っている。

 Umi_2

2008年8月 6日 (水)

大阪の嵐ー結末

 大阪の嵐の結末を、坂野弁護士が早速報告して下さっている。

       大阪弁護士会臨時総会の結果 

 また、早速、ニュースにもなっている。 

   「合格者年3000人計画」見直し案を可決 大阪弁護士会

         産経ニュース 2008.8.6 20:05

     司法試験「年2千人合格」決議 大阪弁護士会、抑制促す 

         朝日新聞    2008.8.6   

   私は、大阪の会派の力をよく知らないが、奥村徹弁護士が、

  臨時総会が8/6らしくて、電話攻勢が迷惑です。

    お助けください

なんて、会長選挙でも言わなかったのに。

 とブログ゙(奥村徹弁護士の見解 7月28日)に書かれているので、たいへんな電話攻勢や委任状集めがあったのだろう。

 坂野弁護士も述べられているが、「会派って何だろう」と思ってしまう。

 今までの法曹人口問題に関する日弁連の臨時総会や会長選も、東京と大阪の会派の力で大量の票が動き、結果が左右されてしまったといわれている。

 それでも一応多数決による民主的な決定ということになってしまうのだ。

 今回の大阪弁護士会の臨時総会は、「内紛」とか「コップの中の嵐」にすぎない、などと評価されるかもしれない。

 しかし、私は、若手弁護士らがはっきりと合格者数「削減」という目標を掲げ、曖昧な「見直し」案でお茶を濁そうとした執行部と対峙したという意味で、大変評価できる出来事だったと思っている。

 対外的にもニュースになり、政治家らも日弁連の会長のお膝元で若手が反旗を翻したという事実は無視できないだろう。

 坂野先生、法曹人口問題PTの先生方、お疲れ様でした。

2008年8月 4日 (月)

大阪の嵐ーその2

 大阪弁護士会の臨時総会(8月6日)には、全国の若手弁護士が注目しているだろう。

 法曹人口大幅増員問題めぐり大阪弁護士会で“内紛”

          (産経ニュース、8.4)

 この産経ニュースは、かなり突っ込んだ内容になっている。

 坂野真一先生(法曹人口問題に関する決議案~その8 参照)、大変だと思いますが、頑張って下さい。

 そして、大阪弁護士会の会員の皆さんには、会派の意見統制にとらわれず、ご自身の判断で票を投じて頂きたいものです。

中弁連決議に対する批判への反論

 中部弁護士会連合会(通称「中弁連)は、昨年10月19日、適正な弁護士人口に関する決議をした。

 この決議の内容に対しては、佐藤幸治氏ら司法審委員、新聞の論説委員らから、多くの批判がなされた。

 この批判に対して、私の所属する愛知県弁護士会司法問題対策委員会委員長纐纈和義弁護士が中弁連の7月14日発行の会報に明快な反論文「適正な弁護士人口に関する中弁連決議に対する批判と反論 」を掲載された。

 右サイドバーにも掲載しますので、関心のある方はお読み下さい。

2008年8月 2日 (土)

会派の「即独支援」臨時総会

 会派の臨時総会は、結局、出席者が通常決議のための定足数(5分の1)も充たさず、決議にまで至らなかった。

 幹事会もさすがにこの議案では規約の改正が必要として特別決議(定足数3分の1)を要すると考えていたようだ。

 しかし、蓋を開けてみれば、出席者が通常決議の定足数すら充たさないという低調ぶり。

 私は、久しく会派の集まりには顔を出していないので、2日ほど前から同じ会派の知り合いの弁護士数人に電話をして状況を聞いてみた。皆、反対意見で、「こんな議案通らないだろう」という雰囲気だった。しかし、参加できるという人が少なく、委任状出席も許されないので、幹事会が事前に出席を動員していればどうなるかという不安があった。

 私は、幹事会が強力に提案しているらしいし、会派の会務研究会も条件付きで提案を了承したらしいので、万が一のこともあると思い、(本当は溜まっている仕事をかたずけたかったのだが仕事を無理に切り上げて)午後6時からの臨時総会に出席した。

 案の定、事前に配布されていたアンケートに記載された意見も反対のものばかり。

 私も、会場で反対意見を述べさせて頂いた。

 私の述べたのは、主として、「質の低下」が見込まれるのは何も新人弁護士に限らないということ。

 新人弁護士のロースクールや司法研修所の不十分な教育による法的知識の不足やOJTの機会が与えられないことによる質の低下とは別に、(新人だろうと中堅だろうとベテランだろうと)過当競争にさらされることによって倫理的な質の低下、モチベーションの低下による質の低下は避けられない。

 そうなったときは、新人弁護士だけでなく中堅弁護士やベテラン弁護士だって利用者である国民に迷惑をかけ、「永年に亘って築き上げてきた弁護士に対する信用を損なうこと」だってありうるわけだ。会派はそうならないように、中堅弁護士やベテラン弁護士にもボランティアで経済的支援をするのか。

 短期間での大量増員がもたらす弊害は、これからどんどん増える即独弁護士を少しばかり支援したところで、回避できるものではない。まさに水道の蛇口を開きっぱなしにして、流れ出した水をスポイドで吸い上げようとするもの。スポイドで大量の水を吸い上げようとすれば疲弊するばかり(「焼け石に水」ともいう)。

 そして、法的問題としては、即独支援というボランティア活動が会員の親睦、福利厚生という会派の本来の目的を逸脱しないか、事務所を賃借したり即独を指導したりすることで会派に責任問題が生じないか、会派に所属する会員は会派が支援する即独弁護士と利益相反関係となる事件は受任できなくなるのではないか、等という問題点が指摘された。これらは、法律家として当然考えなくてはならないことだ。

             sweat02

 賛成意見を述べられたのはH先生だけだった。この方はロースクールの講師をされていた方。即独が気の毒だから救済しようというのではなく、即独を支援することが司法の利用者である国民のためになるからというような意見を述べられていた。

 そこで思い出したのは次のような出来事。

 私の所属する司法問題対策委員会は、3年ほど前、ロースクール講師の方々のパネルディスカッションを企画したことがある。H先生はそのときにパネラーの一人として参加していた。

 S委員が「皆さんは、司法試験合格者が3000人になっても弁護士需要があると思いますか」という質問をしたところ、H先生は「私は3000人になっても十分需要があると思っています」と答えられたのを私ははっきり覚えている。

 それなのに、合格者2000人の時点で、愛知県弁護士会では来年10人程度の即独弁護士が出る見込みだという。60期で1年以内に就職先の事務所をやめ、独立してしまった者も8名程いて、そのうち1名は独立しても会費が払えず退会してしまったという。

 需要があるのならば、就職先が見つかるはずだし、即独しても仕事があるはずだから、会派だろうが会員有志だろうがボランティアで経済的支援をする必要などないだろう。支援するとしても研修会を開いたり(これは既に会が積極的に取り組んでいる)、(いくらでも仕事があるはずだから)仕事を紹介したりすることで足りるはずだ。そして、こういうことなら、従来から先輩弁護士が新人弁護士にしてきたことである。

 しかし、それでは足りず、会派が事務所を借りたり、給与を支払ったり(貸与だそうだが)する必要まであるという。

 H先生も、かつて3000人増員に賛成した幹事会の先生方も、弁護士需要の見通しが甘かったことを素直に認め、まずは3000人増員ストップに尽力して頂きたいものである。

          spade 

 さて、若手会員支援構想の議案の方はどうなるのかなあ。

 

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報