マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

大阪の嵐

 久しぶりのブログの更新である。

 あいかわらずの名古屋の暑さと仕事の忙しさに負け、ついついブログの更新をさぼってしまった。

 加えて今年の夏は出張が重なってしまった。先週は医療事故の仕事で横浜、今週は委員会の仕事で神戸。

 きょうは、愛知県弁護士会の司法問題対策委員会と兵庫県弁護士会の法曹人口問題プロジェクトチーム(PT)との意見交換会+懇親会に参加した。

 兵庫県弁護士会は、今月、法曹人口の急速な見直しを求める緊急提言 という会長声明を発表している。

 この緊急提言がなされた経緯などをお聞きすることができた。

 意見交換会の内容については、会報記事を書くことになっているし、またこのブログでも紹介したい。

 このブログで論文を紹介させて頂いた武本夕香子弁護士にもお会いすることができた。

 忌憚のない意見交換の後、神戸港近くのお店でおいしい神戸牛を頂きながらの懇親会。

 兵庫県弁護士会の若手弁護士は元気だなあというのが私の印象。

 そういえば、兵庫県弁護士会はHPに消費者問題判例検索システムを設置するという画期的な企画をなしとげた弁護士会だ(このシステム構築の経緯を聞きそびれた)。

 愛知県弁護士会の若手弁護士にはこの元気さが感じられないのが残念。会の規模があまりに大きくなりすぎたせいかもしれない。

 法曹人口問題は、これから長い年月弁護士生活を送る若手弁護士にこそ、積極的に取り組んでもらいたい課題だ。

 司法問題対策委員会に参加したいという若手弁護士の方(若手に限らず、自称若手でも可)、ぜひご一報下さい。

             wink

 さて、法曹人口問題については、今月は、日弁連の緊急提言、それに対する町村官房長官の極めて感情的なご発言、鳩山法務大臣の昨年週刊誌に発表されたご自身の見解をお忘れになったかのような発言、あいもかわらぬ朝日新聞、日経新聞の非論理的かつ非現実的な社説、など様々な出来事があった。

 しかし、これらはほぼ想定内の出来事。多くの弁護士が反論しているところである(特にストレートで分かりやすかったのが、週間法律新聞の7月25日号の「飛耳長目」)。

 私は「またか」と少々食傷気味。ブログに書く気力も湧かない。

 それよりも、今、弁護士会と個々の弁護士はどう動くべきか、の方に関心がある。

            typhoon

 その意味で、今、もっとも関心のあるのは、大阪弁護士会の8月6日の臨時総会の行方。

 坂野弁護士がブログで詳しく経緯を報告なさっている。

  この大阪の臨時総会は、新聞の記事にもなっている。こちらは論説委員の書いた社説ではなく、司法記者の書いた記事なので、極めて冷静で客観的な記事である。

  法曹人口:司法試験合格者抑制 大阪弁護士会、真っ二つ 政府への意見表明(毎日新聞)

 大阪弁護士会、司法試験合格者2千人に抑制要求へ(朝日新聞)

 大阪弁護士会の会員の皆さん、会派の圧力に負けることなく、ご自身の良心に従って一票を投じて下さい。

 もう一つの関心事は、(大阪のような大きな嵐ではないが)私の所属している会派「清流会」の8月1日の臨時総会の行方。

 実は、清流会の幹事会が「清流会若手会員支援構想」なるものを提案し、そのための細則案を臨時総会の議案とするのだそうだ。

 この「清流会若手会員支援構想」とは、要するに「即独弁護士」(毎年3~5名を予定)を支援するために会派で事務所を賃借したり、給与を支給したり、OJTとしての指導をしたり、はたまた事件の紹介などをするんだそうだ。

 もっとも、会派で、といっても、会員有志の寄付金で「ボランティア基金」なるものを設置し、会員10名ほどの「支援委員会」なるものが主体となるらしい。

 この趣旨は、

 我々は、決して弁護士大量増員に与するものではないが、現に生じうる就職できず即独立を余儀なくされる新人弁護士を放置することは、いささか問題があると考えている。ただでさえ、大量増員により弁護士の質的低下が問題視されている折、勤務弁護士の経験なく即独立した新人弁護士によって弁護士業務がなされることは、これまで永年に亘って築き上げてきた弁護士に対する信用が損なわれることになりかねないのである。

 そこで、愛知県弁護士の大派閥となった清流会において、このような新人弁護士の弁護士教育のために、事務所を用意し、2年間を目途に、我々が勤務弁護士時代に指導を受けた弁護士気質や事務所運営の方法、依頼者との信頼関係の築き方や報酬受領のあり方等々を指導できないかというのが本構想の中核である。

 のだそうだ。

  ご立派だ、美談だ。

 しかし、会派には反対の会員もいるのだから、そのようなボランティアは会派ではなく、会員有志 でやればいいだろう。あるいは、会員有志 が即独弁護士を単独ないしは共同で雇用すればいいだろう。

 もし、即独弁護士が弁護過誤を起こしたら、指導した支援委員会、ひいては会派が責任を取るのか。必然的に責任問題が生じるだろう。

 それに、これから爆発的に増えるであろう即独弁護士対策として、3~5名程度支援したって、どうなるものでもない。

 先輩弁護士の言葉だが、

 蛇口をいっぱいに開いておいて洪水になったと大騒ぎし、大あわてでスポイドを使って水滴を吸い取るようなもの

 である。

 私は急遽予定を変更して、この会派の臨時総会に出席することにした。

 さて、どうなることやらwobbly。   

 

2008年7月18日 (金)

暑中お見舞い申し上げます。

 連日の猛暑。

 名古屋の暑さは今に始まったことではないが、やはり身体にこたえる。

 毎年毎年なんとかならないものかと思う。

 私の子供の頃(○十年前)は、こんなに暑くはなかった。

 近所に雑草の茂った空き地もたくさんあり、舗装のされていない土の道もあった。小学校の裏手には田んぼや小川もあった。

 やはり世界規模の地球温暖化のせいなのか、都会のコンクリートジャングルのせいなのか。

             sun

 冷房の効いた事務所内だけで仕事ができればいいのだが、昨日は午前に1時間ほど離れた裁判所、午後には名古屋の裁判所に出向いた。

 こういう時期に、訴状の陳述と期日を決めるためだけに距離のある裁判所に出向かなければならないのは辛い。

 帰ったら汗びっしょりだった。

 この時期によく思うのだが、私は今度生まれ変わったら都会の緑化計画にたずさわる仕事をしたい。ビルの屋上を緑化したい。

 以前、テレビで、屋上をサツマイモ畑にして冷房費を節減することに成功した企業が紹介されていた。

 きっとコスト面が一番問題になるのだろうけれども・・・・・。なんとかならないか。

            bud

 当面の対策として、私は早寝早起きを心掛けることにしている。

 一人サマータイムだ。

 そのうち、日本にも、ヨーロッパのようにサマータイム制の導入が本気で議論される時期がくるかもしれない。 

       080718_0643022

 リビングのテーブルにこんなのを置いて、涼を求めている。

 このベタは小さいがとても元気。

 寒くなったら水槽に移すことにして、当分は涼しさを分けてもらうつもり。

 暑さ厳しき折ご自愛下さい。

 

2008年7月 7日 (月)

朝まで生テレビ裁判員制度特集の感想(少し)

 遅ればせながら感想を少し。

  パネリストはこちら→ http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/

  リアルタイムで見ようと仮眠していたら30分寝過ごしてしまい、あわてて録画した。

 リアルタイムで見ても、録画を見ても、論客揃いのとてもレベルの高い議論だったと思う。

 田原総一朗氏の言うように「国会議員にこの議論の録画を見てもらいたい」という内容だった。田原氏は、(わずか2ケ月で裁判員法を全会一致で可決した)「日本の政治家がいかにいいかげんだったかよく分かった」とも言っていたが、これも同感。

 本当はゴールデンタイムに放映してもらいたかった。何しろ来年5月21日以降はほとんどの国民が裁判員に選任される可能性があるのだから。そして、多大な負担を強いられるのだから。

 本気で裁判員制度を考えるなら、今の日本の刑事裁判に裁判員制度を導入すればどういうリスクがあるか、国会でも十分に議論し、マスコミ等を通じて国民にも情報を提供した上で、国民の採択を仰ぐべきだろう(姜 尚中氏の言っていたように選挙で国民の賛否を問うてもいいほどだ)。

 特に目新しい論点は出なかったが、議論を聞いていて反対意見の方が論理的かつ現実的と感じた。

 賛成派に、小池 振一郎弁護士(日弁連の裁判員制度実施本部委員)と伊藤 和子弁護士(「誤審を生まない裁判員制度への課題」著者)が参加されていたのは興味深かった。

 先日、私の所属している委員会が実施を予定している裁判員制度についてのアンケートの件で、裁判員制度を推進する立場の弁護士の方々との会談に参加したが、その方々の主張されるところは小池弁護士と伊藤弁護士の言われるところとほぼ同じだった。

 裁判員制度の導入に積極的な弁護士は、現在の刑事司法に絶望し、裁判員制度によって風穴が開けられることを望んでいるらしい。

 確かに現在の日本の刑事司法は多くの問題を抱えている。人質司法、代用監獄、検察による証拠の不開示、推定無罪の有名無実化など、多くの弁護士が長年その打開を悲願としてきた。しかし、一向にその打開が図られない現実に疲れ、一部の弁護士が陪審制の導入に一点突破を賭けた。

 ところが、反対派との妥協により陪審制ではなく裁判員制度という中途半端な多くの問題点を抱えた制度となってしまった。 

                 spade

 最近、栃木県弁護士会が新潟県弁護士会に続いて、裁判員制度の延期決議を成立させたが、延期理由の一つに次のようなものがある。

 広範な伝聞例外、人質司法、自白偏重体質を温存したまま裁判員制度を実施すれば、手続が拙速に流れ、被告人の防御権を損ない、誤判の可能性が高まる。

  週間法律新聞 6月27日 第1769号 論壇(栃木県弁護士会会員 山下雄大弁護士)より

 山下弁護士は、延期決議の実現に参画した動因として、模擬裁判で主任弁護人を務めたときの次のような経験を述べられている。

 模擬裁判では、裁判員は調書を読まないことが当然の前提とされ、調書の内容を切り張りしてまとめた上で要旨の告知をするなど、証拠裁判主義に悖(もと)る運用が、「裁判員に負担を掛けない」との号令のもとに行われた。この模擬裁判の経験こそが、決議実現に参画した動因である。

                   上記論壇より

 朝生で、江川紹子氏が「裁判員は簡単にできます、気軽にできます、などという広報をしないでほしい。」と言っていたが、本当にそうだ。

 実際の裁判の評議は、ワイドショーのコメンテーターが(マスコミが入手したごく一部の裁判資料を基に)いいかげんな意見を述べるのとは違う。

 膨大な証拠書類をコツコツと読み、たとえ取り調べの全面可視化が実現したとしても膨大なビデオをよく見、よく聞かなければならない(調書を読むよりも時間がかかるかもしれない)。

 また、遺体の写真や解剖記録も見なければならないかもしれない。裁判員には刺激が強すぎるとCG化なども提唱されているようであるが、生の写真を見るのとCGの画像を見るのとでは心証が違ってくる可能性もある。

 裁判員が裁判官と対等に証拠を検討し議論をするためには、こういう裁判資料を裁判員自らがコツコツと読み解くことが必要だ。

 そうでなければ、職業裁判官と対等に議論をすることなどできないだろう。これは一般社会においても、たとえば会社の会議で資料を読まずに議論に参加できないのと同じである。

 たった3日でこういうことができるのだろうか。

 裁判員制度の広報、日本のメディア環境、司法教育の不備、国民の7,8割が裁判員制度に乗り気でないこと、模擬裁判などでも負担を感じた裁判員参加者が多かったこと、などに鑑み、現状において国民にこういうことは期待できないと思う。

 ごく一部には熱心な裁判員もいるかもしれないし、職業裁判官には及びもつかない優れた能力を持つ裁判員もいるかもしれない。しかし、多くの裁判員は他に職業を持ち、あるいは家事を抱えているのであるから、こういうことを期待するのは酷というものだ。

 裁判員制度の導入によって、日本の刑事司法の抱える問題点が打開できるとはとても思えない。それは非常に楽天的な希望的観測にすぎず、むしろ新たに深刻な問題を生むだけだと思う。

 裁判員制度を推進する方々も、拙速な刑事裁判を望んでいるわけではなかろう。

 裁判員制度を導入すれば、本当に今の刑事司法が抱える問題点を打開できるのか、その勝算について、現実的な観点から今一度考え直して頂きたいものだ。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報